414件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-06-20 令和元年第 2回定例会(第2号 6月20日)

先ほど課長も言われましたように、この事故でJR東海損害賠償約720万円、これ振りかえ輸送費などの金額なんだそうですが、このケースは裁判で最高裁まで争われまして、起きたのが2007年で、最高裁の判決が2016年(平成28年)、遺族に賠償責任はないとした一方で、事情によっては家族責任を負う可能性があると指摘をされました。  

宇佐市議会 2019-06-17 2019年06月17日 令和元年第3回定例会(第4号) 本文

この法律は、戦後各地の教職員が残業代を支払えと裁判を起こし、次々に勝訴していく中で、残業代の支払いを回避するために政府が作った法律です。自民党のみの賛成で、一九七一年に成立しました。現行の法律九条からなる短いもので、その主な条文は三つあります。今、課長が三条と六条を述べましたので、ちょっと確認で三条と五条を言いますが、三条を確認します。  教員に一律教職調整額四%を給与として支給すること。

宇佐市議会 2019-03-19 2019年03月19日 平成31年第1回定例会(第6号) 本文

特に、差別裁判ではなく、一般冤罪事件として、その成否が司法の場で問われている狭山裁判に対する学習テーマも取り上げているということは、三権分立の立場からも容認できるものではありません。  また、特定の運動団体の理論に基づく活動がベースになっている人権教育研究議会には、県下で最高の百八万円もの補助金が支給されている点であります。  

別府市議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第4号 3月15日)

ここも何か3号機があるから、きょうは何か、裁判か何かいろいろあるみたいですけれども、この伊方原発ですね、恐らく東日本大震災が発生して8年――11年で――たちました。この福島第1原発と同じような事故が伊方原発で起きたとき、別府市民の健康、これを守ることができるのか。別府市民はどういう状況になるのか、まずここから知らせてください。 ○防災危機管理課長(田辺 裕君) お答えします。  

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

これを受け、2007年に愛知県大府市神奈川県大和市で、この裁判に着目し、徘回する認知症高齢者家族を支援するため、賠償金などを市が負担する全国初の制度を、昨年11月に導入いたしました。  ふえ続ける認知症高齢者の徘回によるリスクへの対策として、民間保険を活用して賠償を支援する制度を導入し、患者や御家族の安心につなげていただくよう、本制度の導入を要望いたします。  

別府市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第6号12月13日)

この質問をしたきっかけは、たしか平成25年9月の最高裁の判決で、結婚をしていない男女間に生まれた子ども・婚外子の遺産相続分を、結婚した夫婦の子の2分の1とした民法の規定について、法のもとの平等保障した憲法に違反するとの判決が出た裁判がありました。つまり、両親が結婚をしているかどうかによって、生まれた子どもが差別されることは許されないということだったと思います。  

宇佐市議会 2018-11-27 2018年11月27日 平成30年第4回定例会(第1号) 本文

また、学習内容も、集会所ごとに特定運動団体の理念をもとに、先ほど申しました司法の場で判断が得られている狭山裁判に関する学習が、二十八年度以降一切廃止されたにもかかわらず、二十九年度にただ一カ所、これがまた復活させられると。そういうことも、即刻是正すべきだと考えます。  

大分市議会 2018-09-14 平成30年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 9月14日)

実はきのうの新聞に、そのことが裁判訴えられている事例がありました。本来は学校におる間は学校が全て責任を持たないといけないわけですが、学校現場のいろんな厳しい状況の中で、私は、できるだけ保護者が来なくてもいい体制づくりをしなければいけないと思っているんですが、実態としてどのぐらいあるのか、そして、またそれをどう対応しようとしているのか、その辺の考え方をわかればお願いしたいと思います。

宇佐市議会 2018-09-13 2018年09月13日 平成30年第3回定例会(第4号) 本文

裁判のときに、原告被告代理人になると、これはもうアウトです。調定も同じことですね。しかし、グレーゾーンもやっちゃいけないことなんです。今やろうとしていることは、私に言わせると倫理観のないグレーゾーンをずっと行ったり来たりしているような状況なんですけれども、これはこの場でいろいろ言ったって詮ないんで、また問題が起こった段階で申し上げたいというふうに思います。  

大分市議会 2018-09-13 平成30年厚生常任委員会( 9月13日)

○安東委員   非常にすばらしい取り組みだと思いますし、これをずっとやってほしいので要望しますが、きょうの新聞に出ていましたが、ほかの県で、学校において保護者が障害のある子供に必ず付き添って面倒見ないといけないということについて、裁判訴えられています。障害者福祉を目指す、こういった共生タウンを目指すのであれば、一緒になって取り組んでいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

大分市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第4号 9月12日)

本市における個人連帯保証人が必要な契約、本市では災害援護金や母子福祉資金、市営住宅家賃などの住宅にかかわる契約、奨学資金など幾つかあると伺っておりますが、今回は最も影響があると思われる市営住宅家賃について、返済における連帯保証人が返済した件数と金額、返済がなされず裁判にて請求がなされた場合、主たる債務者ではなく連帯保証人が返済した件数など、連帯保証人にかかわる現状についてお聞かせください。  

大分市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第4号 6月19日)

東日本大震災津波で亡くなった宮城県石巻市立大川小学校児童の遺族らが、市と県に賠償を求めた裁判で、仙台高裁は、学校側の防災体制に不備があったことを認めました。一審の仙台地裁は、地震後の避難についての過失を認めたが、仙台高裁は、地震発生前の防災対策も不十分だったとして、一審より約1,000万円多い賠償を、市と県に命じました。このことは、自治体教育現場は重く受けとめる必要があるものと考えます。  

宇佐市議会 2018-06-14 2018年06月14日 平成30年第2回定例会(第4号) 本文

もう一年三カ月が過ぎようとしてますが、私ども四日市こども園でも不審者の襲撃事件があり、その中で、今、裁判が進んでいるところです。東海道新幹線での事件につきましては、テレビ報道等で知るところしかありません。しかし、私どもが裁判の中でわかってきたところは、大きく共通する点が四つあるなというふうに思いました。発達障害、そして、それによるいじめ、そして、ひきこもり、そして、自暴自棄な気持ちになったと。

別府市議会 2018-03-16 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日)

それで、ぜひそれを皆さんに言っておかないと、何もかもそれは市の責任だということに最後はなって、裁判になったりするわけであります。ですから、やっぱり先ほど何回も言いますけれども、自己責任ですから、それぞれがやっぱり本当にここなら安心ということを前もって考えておく。そういうことをやっぱり市のほうも強く言わないと、だだ、おれはどこに逃げたらいいのかというような、そういう話を聞いていても前に進みません。

宇佐市議会 2018-03-05 2018年03月05日 平成30年第1回定例会(第4号) 本文

裁判は、現在までに八回の口頭弁論に向けた準備書面のやりとりが続いており、まだ不測の時間を要するものと考えています。  なお、勝算については、刑事事件で両被告起訴内容を全面的に認めていることから、継続中の民事裁判においても市側の訴えが認められるものと考えております。  

宇佐市議会 2017-11-28 2017年11月28日 平成29年第6回定例会(第1号) 本文

ただ、私は、狭山裁判差別裁判ではなく、一般冤罪事件であり、地区学習会のテーマに狭山裁判を取り上げるのは、司法の独立性の観点から、これを是正するよう求めてきました。二〇一六年度からは、この地区の学習会のテーマに、石川さんや狭山裁判に学ぶというテーマは取り上げなくなったことは一歩前進であります。  第三に、隣保館事業では、民間運動団体役員などが臨時や嘱託職員として長期に雇用されている点であります。