118件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2020-03-24 令和 2年地域活性化対策特別委員会( 3月24日)

中心市街地に位置する荷揚小学校跡地大分東側の2254利活用については、これまでも総務常任委員会建設常任委員会地域活性化対策特別委員会において随時御報告をさせていただき、昨年度末に策定した基本構想を基に、本年度は民間事業者からのアイデア募集やアンケートによる市民からの御意見を伺いながら、事業スケジュールなどの検討を進めてきたところでございます。  

杵築市議会 2020-03-02 03月02日-02号

ごとに徹底的に行った。部屋を薫蒸消毒し、家具、それから下着、シャツ、それから革製品、書籍、家具、全てのものを薫蒸消毒していった。そのことによって、菌を一つずつ抑え込んでいくということが、過去とられています。これ、ペストに対する対応の仕方ですけども。 

津久見市議会 2019-09-18 令和元年第 3回定例会(第3号 9月18日)

現在、市内の比較的規模の大きい公園洋式化が行われていますが、それ以外の公園などは和式のままであります。  これらの公園は、社会福祉課と住みよい地域づくり事業での対応ができるか協議を行って、住民要望や障がい者団体等意見を参考に場所の選定を行い、随時洋式化を図ってまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○議長(髙野 至議員)  井戸川幸弘議員

別府市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第6号 6月21日)

南小学校跡地活用事業に関するもので、住宅として整備する区域について、売り払いを行い、公共施設については、保育所子育て支援センター等の設置を計画しているとの説明がなされました。  委員から、売り払いに至った理由について質疑がなされ、当局から、若者を中心とした定住人口増加や市の収入増加を考慮したためとの答弁がなされました。  

大分市議会 2018-12-11 平成30年総務常任委員会(12月11日)

また、住居表示方法につきましては、これまでと同様に、方式による実施を考えております。方式とは、道路鉄道、河川、水路などによって区画された地域に付せられる符号と、その地域内の建物に付せられる住居表示番号を用いて表示する方法でございます。  なお、当該地区の旭町自治会永興自治会竹の内自治会及び森町西自治会から、住居表示実施に向けての要望書をいただいております。

大分市議会 2018-09-14 平成30年総務常任委員会( 9月14日)

まず、1の背景目的についてでございますが、中心市街地に位置する荷揚小学校跡地及び大分東側の大規模公有地の2254については、中心市街地の魅力ある発展に資する利活用を図るため、民間活力活用視野検討を行い、中心市街地における公有地の利活用基本構想を策定することといたしております。  

大分市議会 2018-09-13 平成30年建設常任委員会( 9月13日)

まず、背景目的についてでございますが、中心市街地に位置する荷揚小学校跡地及び大分東側の大規模公有地の22と54については、中心市街地の魅力ある発展に資する利活用を図るため、民間活力活用視野検討を行い、中心市街地における公有地の利活用基本構想を策定することとしております。  

大分市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第4号 9月12日)

まず、地区計画策定数及び建築状況についてですが、地区計画制度は、地区といった身近な単位で地区に住んでいる住民が主役となり、地区内の利害関係者意見を聞きながら、地区の実情に応じた地区独自のルールを定めるもので、昭和56年都市計画法改正により施行されたものであります。  本市では、大分南地区戸次本町地区明野中心部地区など13地区を都市計画決定しているところでございます。  

大分市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第2号 9月 7日)

しかしながら、平和市民公園、七瀬川自然公園のように、多目的利用されている公園もあれば、公園の中には利用目的が十分に生かされていない公園もあることは認識しているところでございます。 ○議長野尻哲雄) エイジ議員。 ○32番(スカルリーパー・エイジ) なかなか把握するのは困難ではないかと思っております。  

豊後大野市議会 2018-03-23 03月23日-05号

委員より、都市公園は幾つあるのかとの質疑があり、執行部より、公園総合公園の2種類あり、公園平吹児童公園、西ノ宮児童公園大原児童公園下赤嶺児童公園があり、総合公園大原総合公園がありますとの答弁がありました。 第18号議案について、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものとして決定しました。 次に、第19号議案 豊後大野道路占用料徴収条例の一部改正についてであります。 

大分市議会 2018-03-19 平成30年第1回定例会(第7号 3月19日)

さらに、JR大分東側公有地である22につきましては、県都にふさわしい交通結節点としての機能規模立体施設とした場合の機能配置など、現在、検討を進めているところでございます。  今後とも、市民交通事業者、行政が連携し、持続可能で誰もが快適に移動できる公共交通ネットワーク構築を目指してまいります。 ○議長野尻哲雄) 甲斐議員。 ○25番(甲斐高之) ありがとうございます。  

大分市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第2号 3月12日)

このグランドデザインに基づき、今後は中心市街地まちづくりの鍵となる大分城址公園や大友氏遺跡整備などを進めるとともに、低未利用地である大規模公有地22、54利活用交通結節機能の強化、残存鉄道敷利活用中央通り集客力回遊性の向上の実現に向けまして、県都にふさわしいまちづくりを目指してまいります。  2点目の市域全体のバランスのとれたまちづくりについてでございます。