30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2015-08-10 大分市議会 平成27年第2回臨時会(第1号 8月10日) 一般競争入札における1社入札につきましては、行政実例では適正とされておりますが、入札参加の促進を図る観点から、今後とも他都市の事例等を参考に参加要件や仕様内容等について、さらなる工夫を行うことにより、入札の競争性や公平性の確保に努めてまいりたいと考えております。 ○議長(永松弘基) 広次議員。 もっと読む
2014-07-25 国東市議会 平成 26年 7月臨時会(第3回)-07月25日−01号 そういうこともありまして、あと行政実例なんですけども、こうした場合判決により、賠償額が確定したものについては、議会の議決を要しないという行政実例もございましたので、議会の議決は、人身部分に対する、自賠責保険を使った人身部分に対する額については議会の議決は要しないという判断をいたしております。ですから、この4,725円については相手のバイクの修理代のみということになっております。  以上です。 もっと読む
2013-09-30 豊後大野市議会 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月30日−05号 執行部から、この条例改正は地方税法の一部を改正する法律による地方税法の改正により、延滞金の割合の特例の見直しが行われ、平成26年1月1日から施行されることに伴い、地方自治法第231条の3第2項に規定する公法上の歳入に係る延滞金の額については、地方税法の規定による税の延滞金の額との均衡を失しないよう措置することが適当とする行政実例に基づき、関係条例について一部改正をするものですとの説明がありました。 もっと読む
2013-09-03 豊後大野市議会 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月03日−01号 まず、第72号議案 豊後大野市督促手数料及び延滞金徴収条例等の一部改正についてにつきましては、地方税法の一部を改正する法律による地方税法の改正により延滞金の割合の特例の見直しが行われ、平成26年1月1日から施行されることに伴い、地方自治法第231条の3第2項に規定する公法上の歳入に係る延滞金の額については、地方税法の規定による税の延滞金の額との均衡を失しないよう措置することが適当とする行政実例に基づき もっと読む
2008-05-12 豊後大野市議会 平成20年  5月 臨時会(第2回)-05月12日−01号 ◎企画部長(赤嶺信武君) 追加説明で、そこの公共的団体の解釈につきましては、私立学校の設置を目的として設立された学校法人は公共的団体に含まれるというふうに行政実例で解されておりますので、本件につきましても公共的団体ということで議会の議決が不要というふうなことでございます。  以上です。 ○議長(若松成次君) 23番、深田議員。 ◆23番(深田征三君) よくも悪くもというか、解釈の仕方ですよね。 もっと読む
2008-04-07 大分市議会 平成20年地方分権等調査特別委員会( 4月 7日) 支給対象の会議は、旧自治省の出した行政実例によりますと、本会議、常任、特別委員会、議会運営委員会、議会閉会中に付議された特定の事件を審査している委員会とされておるところでございます。  2ページ目をごらんください。  次に、「2、大分市の現状と経過」についてご説明させていただきます。支給額は平成6年7月1日以来、日額7,000円となっております。 もっと読む
2007-06-20 豊後大野市議会 平成19年  6月 定例会(第2回)-06月20日−03号 先ほど質問の中でもありましたが、いわゆる収入役の辞職といいますか、そういう手続については、地方自治法の規定が置かれておりませんが、行政実例では、収入役が有効に辞職するためには、法律上は任命権者たる長の承諾を要し、辞職届を受理するかどうかについての長の裁量の余地については、留任を勧告し、または事務の都合、その他の必要上により留任を求めることはできるものと解するということで、行政実例にもなっておりますし もっと読む
2007-06-13 豊後大野市議会 平成19年  6月 定例会(第2回)-06月13日−01号 これ、昭和38年の行政実例でありますけれども、その中に議会に報告する場合の経営状況を説明する書類とは、事業年度開始前のものとして事業計画、それから予算等の書類、事業年度終了後のものとして貸借対照表、損益計算書、事業報告書というふうなことがうたわれております。 もっと読む
2007-03-13 臼杵市議会 平成19年  3月 定例会-03月13日−02号 この分担金の徴収根拠につきましては、地方自治法第224条の行政実例及び水道法第15条第1項に、水道事業者は給水区域内において正当な理由がなければ給水契約の申し込みを拒めないと規定しており、財政上の理由から事業体が配水管を設置できない地区で申込者がこの設置に要する費用をみずから負担してでも給水を受けたい場合は、申込者に当該工事費相当額の全部、または一部を負担金として納入させることにより、これを財源に、 もっと読む
2007-03-08 豊後大野市議会 平成19年  3月 定例会(第1回)-03月08日−02号 以上のことから、行政実例では、議員が附属機関の委員に就任することは適当でないと明記されているものと考えますが、執行機関の附属機関たる審議会のあり方について、見解を伺います。  次に、公募制と女性委員の登用による審議会の改革についてお尋ねをします。芦刈市政は、新しいまちづくりの方向として、広範な市民の参加による協働のまちづくりを市政の柱に据えています。 もっと読む
2007-03-08 中津市議会 平成 19年 3月定例会(第1回)-03月08日−03号 そのときに、こういう実例、いわゆる行政実例、判例に基づいて判断したということを聞きましたので、ではしかるべき措置をしてくださいというふうにお願いしたところでございます。(発言する者あり) ○副議長(安藤豊治) 市長。 ◎市長(新貝正勝)  私は、当時のことをもう余り覚えていないのですけれども、要するに最低落札者に落札をしたという報告であったと思います。 ○副議長(安藤豊治) 川内議員。 もっと読む
2006-12-12 臼杵市議会 平成18年 12月 定例会-12月12日−02号 また、条文の行政実例で、市町村が新たに行う簡易水道事業の費用に充てるため、その受益の限度において分担金を徴収することができます。臼杵市におきましても、簡易水道布設事業の実施に伴う分担金に関し、必要な事項を定める条例が制定されており、その条文の第4条第2項により、布設事業費から国庫補助金を控除した残額以内を、特に利益を受ける新設加入者へ分担金を賦課することができます。 もっと読む
2006-03-23 杵築市議会 平成 18年 3月定例会(第1回)-03月23日−04号 ですが、行政実例では、損失補償については同法の規制するところではないとし、会社その他の法人に対して地方公共団体がその損失補償契約を締結することはできると介しますというような、これは行政実例(昭和二十五年六月七日)に出ている行政実例でございます。 ○議長(真砂矩男君) 四十一番、有田議員。 もっと読む
2006-03-20 大分市議会 平成18年第1回定例会(第7号 3月20日) 行政実例におきましては、僻遠の地に勤務する職員の採用の場合においては、当該市町村の近辺に限るというような客観的かつ画一的要件と認められる合理的理由がある場合に、受験資格を限定することも可能と解釈されておりますが、すべての職種の試験において、一律に当該市町村の住民以外には受験資格を認めないとすることは問題であるとされております。   もっと読む
2006-03-17 大分市議会 平成18年第1回定例会(第6号 3月17日) この分限処分の具体的事例といたしましては、「勤務実績が良くない場合」には、正規の手続によらず引き続き欠勤した場合や、しばしば遅刻を繰り返した場合等が該当し、「心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合」については、病気により回復の見込みがないか、治療に極めて長期間を要する場合等が想定され、判例や行政実例においてその適用基準が明確となっているところでございます。   もっと読む
2005-09-15 豊後大野市議会 平成17年  9月 定例会(第2回)-09月15日−01号 例えば、昭和45年の行政実例では、父母、子、孫、兄弟姉妹等が取締役社長、理事長、その他会社、公社等において常時支配力を有する地位にある会社と市とが条例で議会議決をする、そういう契約、こういうものが直接の利害関係に該当するものとされている、そういう判例がございます。この場合において、常時支配力を有する地位には、取締役も含まれるというふうに規定がされております。   もっと読む
2005-09-14 別府市議会 平成17年第3回定例会(第4号 9月14日) では不合理とは何かというと、これははっきりここで行政実例というのですか、これの行政実例で示されているとおり、これは公正な取り引きの秩序を乱すとなるおそれがあって著しく不適であると認めたとき、これがまず一つ不合理。 もっと読む
2005-07-15 豊後大野市議会 平成17年  6月 定例会(第1回)-07月15日−06号 昭和25年6月7日、行政実例がございます。   もっと読む
2005-06-27 豊後大野市議会 平成17年  6月 定例会(第1回)-06月27日−02号 一方、損失補償については、行政実例等によれば、法人に対する政府の財政援助の制限に関する法律第3条の規定するところではないとし、会社その他の法人に対し、地方公共団体が、損失補償契約を締結することはできると解されております。  次に、損失補償契約の状況でありますが、議論のある祖母の郷の件を除いては、主に土地改良区等への損失補償契約が主な内容となっております。   もっと読む
2005-06-23 豊後大野市議会 平成17年  6月 定例会(第1回)-06月23日−01号 自治大臣若しくは外務大臣の指定する会社、法人以外には債務保証することはできないとこの債務保証の件についてはなっておりますが、今回の損失補償は、実質上損失が生じて初めて補填すべきであり、単に債権の弁済を受ける期限が到来したのに、弁済されないということのみで損失補償される債務者が破産したか、そこまでに至らなくても客観的に債権の回収が、ほとんど見込みがないという最悪の事態に損失補償しなければならないわけであり、行政実例 もっと読む
  • 1
  • 2