417件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

また、現在市のホームページには、平成27年度に策定しました大分市橋梁・トンネル等長寿命化修繕計画に基づき、修繕が必要な健全度Ⅲの橋梁とあわせて、県、市の地域防災計画に緊急輸送道路として位置づけられた市道上にあり、早期に耐震補強が必要な健全度Ⅱの2橋を掲載しております。なお、この2橋については、主要構造部である橋脚等の耐震補強工事にあわせて、ひび割れ注入などの修繕を行うこととしております。  

津久見市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(第2号 3月11日)

まず、第一中学校につきましては、鉄筋コンクリートの4階建て校舎を昭和55年度に建築し、平成22年度に耐震補強を行っております。それから、体育館については、給食共同調理場の2階に平成24年度に建築いたしました。  次に、第二中学校につきましては、鉄筋コンクリート4階建ての教室棟を昭和61年度に建築し、管理棟については、鉄筋コンクリート2階建ての校舎を平成27年度に建築いたしました。

別府市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第4号 9月21日)

水道局は耐震補強をやっているみたいですけれども、やっぱりこれはいつ災害が起こるかわからない。この水の施設がみんなやられたら、もう別府市民、観光客は大変ですね、水がなくなったら。中には水がなくなったら、別府は温泉があるから温泉を飲んだらいいよという人がおるのですけれども、温泉もやられてしまうでしょうね。だから、恐らくそういう対策、事前対策を早目にとって対応してほしい。  

臼杵市議会 2018-07-31 平成30年  7月 臨時会-07月31日−01号

また、災害対策に関して市民に理解を得るための説明については、地震津波対策は庁舎検討を始めた最大の要因であり、地震対策は耐震補強し完了したが津波対策が最大の課題であること、被災後直ちに市民の支援や復旧・復興に取りかかれる体制が必要であること、これらの認識のもとで3つの判断基準を総合的に勘案した結論であるので、リスクゼロではないが、基本的には現庁舎を生かす場合は、防災対策としてやれるべき対策は可能な限り

竹田市議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−04号

耐震補強工事等を定期的に修繕工事を実施することで長寿命化を図り、将来にわたり有効活用いたします。竹田市総合文化ホール「グランツたけた」に隣接する竹田市体育センターは、9月中の完成を目指し、現在、耐震補強工事と外壁等の塗装を行っておりますが、この工事により、今後、長期にわたる多目的な使用が可能となるところであります。3点目に、民間の活用と不要施設の売却・譲渡であります。

大分市議会 2018-03-23 平成30年総務常任委員会( 3月23日)

次の(3)新たな防災知識として周知すべき情報の掲載につきましては、避難判断目安となる川の水位と氾濫に関する情報をイラストで掲載し、災害に備え作成する避難カードの活用方法や、ペット同行避難の意義や注意点、家具の固定や住宅の耐震診断、耐震補強や大分市同報系防災行政無線で放送する内容や、放送した内容を電話で確認できる自動電話応答サービス、災害時の外国人に関する対策として、大分市災害時多言語通訳サービスの案内

大分市議会 2018-03-14 平成30年第1回定例会(第4号 3月14日)

その結果、耐震補強や住宅版リフォームなど、施策の拡充が行われたことは評価できるものです。  市長はこれまで、中小業者は市内事業所の9割以上を占め、従業者数も全体の7割以上を占めている、中小企業はいわば地域経済の主役であり、地域コミュニティーの維持形成にも大きな役割を担っていると答弁されています。  

別府市議会 2017-12-15 平成29年第4回定例会(第5号12月15日)

建物の安全性及び耐震性、ここは耐震基準の旧の耐震基準ですし、耐震診断もされていない、耐震補強ももちろんされていないということで、私も先日、ちょっと場所だけ、場所というか周囲を、もう閉めていましたから、周囲を見たのですけれども、ちょうど野口のお墓沿いの体育館の側面のコンクリートの土台が土壌と剥離するというか、すき間が出て、この間の地震のときなのか、少しあそこ、土壌が余り好条件ではないということも聞いておりますけれども

宇佐市議会 2017-11-28 2017年11月28日 平成29年第6回定例会(第1号) 本文

次に、投資的経費については、前年度比四一・二%のマイナス、十九億九千二百三十八万八千円の減で二十八億四千四百三十六万八千円となり、小中学校の校舎及び屋内運動場の改築、耐震補強が終了したことや、公共土木災害、農地農業用施設災害ともに前年度を下回ったために大幅な減額になったとの説明がありました。  

竹田市議会 2017-11-06 平成29年 11月 臨時会(第3回)-11月06日−01号

耐震補強を含めた改修計画も示され、改修については残念ながら入札は不落ということになったわけでございますが、その後、新築計画もありましたが、最終的には直入荘は民設民営で新築することになり、それに付随するように、執行部から温泉利用型健康増進施設(ミニクアハウス)の計画が提示されました。直入荘事業に関しましては、宿泊棟と温泉棟と二つの施設が柱となっております。

大分市議会 2017-03-27 平成29年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 3月27日)

また、河原内保育所の施設の安全性を早急に確保するために、平成28年6月補正予算において、耐震補強に係る工事費等を計上したところであり、現在、補強工事を実施しているところです。  施設の概要、位置等につきましては、資料中ほどに掲載しているとおりとなっています。  今後の予定といたしましては、平成29年3月24日、工事を完了し、本日、完了検査を行っております。

大分市議会 2017-03-27 平成29年厚生常任委員会( 3月27日)

○安部委員   耐震補強をしているというのは聞いていますが、ただ、結構古い建物なのだろうと思うのです。ということは、もう一回府内こどもルームを別につくるべきかという議論をするべきかどうかと思いまして。 ○平松子育て支援課長   中島小学校の今後の利用計画につきましては、現在、所管する学校施設課から今後10年ほどは使えると伺っています。

別府市議会 2017-02-28 平成29年第1回定例会(第1号 2月28日)

最後に、水道事業会計でありますが、安定給水確保のため施設拡張改良事業、配水管整備事業、朝見浄水場既存施設更新事業、基幹施設耐震補強事業や、安心でおいしい水の給水確保のため、鉛管対策事業などの経費を計上しております。  次に、予算外の議案につきまして御説明申し上げます。  予算外の議案につきましては、条例関係14件、その他4件の計18件を提出しています。  

竹田市議会 2016-12-07 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号

竹田市の学校体育館に関しましては、耐震補強工事を主体として、躯体の補強と外壁の改修を行う改修工事というのを、これまでずっと優先して行ってきております。体育館も学校施設としての考え方で整備を行ってきましたが、災害時の避難所にも指定され、また、地域の方々による活用等、その使用回数も増加するなど、使用状況も大きく変化してまいりました。

宇佐市議会 2016-11-29 2016年11月29日 平成28年第5回定例会(第1号) 本文

次に、投資的経費については、前年度比一七・九%のプラス、七億三千五百六十九万三千円の増で四十八億三千六百七十五万六千円となり、補助事業で小中学校の校舎及び屋内運動場の改築、耐震補強や社会資本整備総合交付金事業(道路、橋梁)、街なみ環境整備事業(宇佐地区)、公営住宅建築事業(中須賀団地)などが増額となり、単独事業でも、宇佐文化会館のグレードアップ事業や安心院地域複合施設建設事業の本格着手、宇佐のマチュピチュ

宇佐市議会 2016-09-23 2016年09月23日 平成28年第3回定例会(第7号) 本文

教育委員会関係では、大規模地震時における小中学校屋内運動場の照明器具の落下防止対策等を行う小中学校施設耐震補強事業七百九十五万円、いじめや不登校等の児童生徒の支援を行うスクールソーシャルワーカー活用事業五十四万九千円、支援教員の増員を行う多人数学級支援員配置事業四百二十七万円、実施計画を先行実施し、事業の早期完了を図る史跡法鏡寺廃寺跡地保存整備事業五百九十八万三千円、宇佐航空隊の正門を復元する正門復元

大分市議会 2016-09-20 平成28年決算審査特別委員会( 9月20日 総務分科会)

○安部委員   見方を変えて、耐震補強のために産業活性化プラザに一度場所を移りました。そのときの利用実績と今の利用実績はどうなっていますか。 ○安東市民協働推進課長   耐震補強のために産業活性化プラザに一度場所を移したのが平成25年度でございます。このとき、平成25年度の来館者数が1万3,092人、電話利用者が2,637人、総利用者数が1万5,729人となっています。