337件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

別府市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5号 9月18日)

ところが、別府の場合は「自然破壊エネルギー」なのです。そして、これが皆地下水とか、自然破壊へいろいろな面で影響してくるのですね。  そこで、内成・古賀原の開発について、これは共創戦略室長の内田さん、2回見ているのです、見に行っているのです。1回は地元の自治会長が案内しているのです。これを見た感想と、あなたが帰ってきて、共創戦略室長としてどのように庁内で対応したのか、それを聞かせてください。

大分市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第5号 9月17日)

これは、上戸次地区に建設が予定をされている新環境センターによって、近隣の交通渋滞地域環境破壊、住民の健康被害が懸念されることから、建設予定地の周辺住民447名の署名も添えて提出された陳情です。新環境センター建設は、周辺住民の理解と納得が大前提であり、いまだ反対意見が出されている以上、百歩譲っても審査は継続すべきであったと考えます。  よって、陳情第6号の不採択に反対いたします。  

宇佐市議会 2019-09-10 2019年09月10日 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

◯十九番(高橋宜宏君)過去、宇佐は、前回も申し上げましたけれどもね、東上田遺跡という大変な遺跡を破壊した歴史があります。それから、運動公園、あの付近に川部遺跡というのが発見されて、それも開発を優先してきた、そういう教訓があります。  私は、小部遺跡はぎりぎり、市長の英断で残していただきまして感謝しているんですよ。

大分市議会 2019-07-09 令和元年第2回定例会(第7号 7月 9日)

本市では、平成28年11月に発生した福岡市の陥没事故を契機として、平成28年度より、地中レーダー技術を用いた路面下空洞探査車による非破壊で路面下の空洞発生状況の把握を行う調査、いわゆる路面下空洞調査を実施しており、初年度は39路線の100.6キロメートル平成29年度は40路線の67.1キロメートル平成30年度は17路線の31.6キロメートル、3年間では延べ96路線の199.3キロメートルの調査を

大分市議会 2019-07-08 令和元年第2回定例会(第6号 7月 8日)

電力供給源として国が推進、固執している原発は、何よりも東日本大震災に伴う福島第一原発事故などによって、その安全神話は崩壊し、地球環境破壊し、人類の生存と相入れないことが明らかになりました。エネルギー源としての原発はもはや未来はないと言えるのと同時に、再生可能エネルギーの必要性は日々高まりを見せております。  本市では4月から三芳配水場で民営民設による小水力発電を始めております。

宇佐市議会 2019-06-28 2019年06月28日 令和元年第3回定例会(第7号) 本文

日本共産党の志位委員長が先日の予算委員会で、増税が日本経済にもたらす破壊的影響をただすと、安倍総理は今回はいただいたものを全てをお返しする対策を行っていきたいと答えました。しかし、全て返すぐらいなら最初から増税などをしなければいいではありませんか。  安倍総理は、消費税の使い道を変える、増税分を高等教育の無償化、幼児教育保育の無償化に充てるという言いわけをしています。

津久見市議会 2019-06-21 令和元年第 2回定例会(第3号 6月21日)

○13番(知念豊秀議員)  実際に東北の湾口防波堤なども破壊されて被害を受けておりますけども、そのための津波の減水といいますか、要するに抑える効果というのはやっぱりあったということで、また改めてつくり直しているんですね。  浸水区域を減らすということは、家屋の被害などもかなり減らすことになります。発災後の復興にも大きく役立ちます。

宇佐市議会 2019-06-17 2019年06月17日 令和元年第3回定例会(第4号) 本文

文化財の宝庫と言われているこの宇佐市ですけれども、しかしながら、昭和四十四年の九州松下の誘致のために、東上田遺跡の主要墓を破壊した経緯がありますね。その反省から、昭和四十六年に教育委員会で初めて文化財係を設け、文化財保護の体制を整えてきたわけです。そして昭和五十一年に、文化財保護宣言都市を全国に先駆けて宣言し、また、合併後の平成十八年にも再度決議を行いました。

津久見市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(第3号 3月12日)

中でも津久見市と形状が似た被災地で設置されていた湾口防波堤に対して、津波破壊され、その評価値が下がっておりましたが、専門家などの検証などで有効性が確認され、国土交通省も認めるに至り、大船渡湾釜石湾では新たな工夫を凝らした一回り大きな防波堤がつくられたことがわかっています。国土交通省の見解でも20%から25%の津波被害を削減できるとの見解です。  改めて問いたいと思います。  

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

大分県中小企業団体中央会が作成いたしました、ものづくり補助金大分県成果事例集によりますと、市内企業の主要な活用事例といたしましては、道路等の空洞の発生を未然に感知する検査業務などを行う企業が、国産初の車載型空洞探査レーザーシステムを導入し、公共工事の調査業務など、新たなマーケットへの進出につながった事例、構造物等の非破壊検査を専門に行う企業が、レーザー測定器を搭載したドローンを導入し、受注を伸ばした

津久見市議会 2018-12-11 平成30年第 4回定例会(第2号12月11日)

一方で、団体客、個人と来訪の方法はいろいろあると思うんですが、総体的な課題、問題として、答弁の中にもありましたが、住民生活に悪影響があったり、他の観光地では、文化財への落書きや破壊、破損、食べ歩きによるごみのポイ捨て、投げ捨て、交通マナーが悪くて、交通事故への影響など、いろんなことが発生しているようですが、こんな問題については、習慣や文化が異なるからでは済まされないというふうに思うんですが、その辺は

別府市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3号12月10日)

今後の自然環境を保全する取り組みといたしまして、別府市地域の森・里・川・海は破壊しないという思いを次期環境基本計画に盛り込んでいくとともに、森・里・川・海を守っていくための重層的な取り組みを展開してまいりたいと考えております。 ○25番(首藤 正君) 国の新しい環境基本計画です。今、課長が言ったように森・里・川・海、これは自然保全の、これを守るということは原則ですね。

大分市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第4号12月10日)

これは、先ほど言いましたが、沖縄の辺野古基地問題に見られるように、県知事選で示された沖縄県の民意を無視した、政府中央集権的な姿勢のあらわれであり、民主主義破壊につながります。  演習場とは直接関係しない大分市でありますが、オスプレイが使用されれば、いつどこで事故が起きるかわからない、市民は大きな不安な生活を強いられます。  

大分市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第2号12月 6日)

骨子では、異常現象を地下の岩盤破壊を示す割れという言葉を用いて、1、南海トラフ震源域東側西側のいずれかでマグニチュード8級の地震が発生する半割れ、2、震源域内でマグニチュード7級の地震が発生する一部割れ、3、プレートの境界面の断層がずれ動くゆっくり滑りの3ケースに整理されております。  

大分市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第6号 9月28日)

平和主義立憲主義民主主義破壊する歴史的暴挙に対し、廃止を求める多くの国民運動が広がっています。こうした中、自民党総裁選で3選を果たした安倍首相は、いよいよ憲法9条に自衛隊存在を明記することを示し、改憲国会提出について公明党と調整を行いたいなどと述べ、改憲前のめりの姿勢をあらわにしています。  

大分市議会 2018-09-27 平成30年厚生常任委員会( 9月27日)

このため、本来の玄関は破壊されており、画面中央の椅子やコンテナを逆さにして石垣を登らないと家に出入りできない状況でした。元気な成人であれば難なく行き来できるのですが、足腰の悪い高齢者や乳幼児や赤ちゃんを連れた親御さんなどは不便だったと思います。  土砂災害の一例です。このような被害が地区の至るところで生じていました。ここではビニールハウスが巻き込まれていました。

津久見市議会 2018-09-19 平成30年第 3回定例会(第3号 9月19日)

国民生命と生活に欠かせない水道事業が民営化になれば、全ての人が安全、低廉で安定的に水を使用し、衛生的な生活を営む権利破壊しかねません。水は国民の生活や経済活動を支える重要なライフラインです。  よって、国会及び政府に対し、安心・安全水道事業を守るため、下記の事項について誠実に対応されるよう強く求めるものであります。  記。  

宇佐市議会 2018-09-13 2018年09月13日 平成30年第3回定例会(第4号) 本文

それから、一項目の再質問に入る前にですね、院内町で起きている汚水や悪臭、土砂崩れなど環境破壊問題で、原因は養豚業者だと訴える地元住民団体「東、納持の環境を守る会」が、宇佐市自治連合会の皆さんの協力のもと、五月から始めた署名活動で、目標の二倍を超える一万一千筆以上の内容だったことを、ここにまず御報告をいたします。