運営者 Bitlet 姉妹サービス
2095件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 別府市議会 平成30年第4回定例会(第7号12月14日) 他の委員からは、貴重な税金を投入する以上はなるべく競争性が確保されるよう、工夫と研究に努めるべきとの意見がなされました。   もっと読む
2018-12-13 別府市議会 平成30年第4回定例会(第6号12月13日) ここがしっかりしているなと思いますけれども、研究テーマ、「冷やかし、からかい、仲間外れ、身体接触の排除を目指して」を平成23年度から徹底して取り組む、ここ数年、この日数がかかっているということが報告されております。その中で、いじめ実態調査の実施回数、毎年三、四回されているようでありますけれども、いじめの早期発見のためのアンケート調査など、教育委員会の取り組みが報告されております。 もっと読む
2018-12-12 別府市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月12日) そこの視点をしっかりと見ていただき、研究していただきたいと思います。  ここ半年の間ですが、実際にお会いした3人の方は、フリースクールのような形を考え、実際に大分県内で2カ所、岡山で1カ所。 もっと読む
2018-12-11 別府市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月11日) いずれにしましても、先月の11月27日に大分県と市町村による大分県森林環境譲与税連絡調整会議が発足されたばかりであり、今後、事業内容等について研究していきたいと考えております。 ○8番(森山義治君) 課長答弁をお聞きしまして、森林の寄附は困難である。 もっと読む
2018-12-10 別府市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月10日) これから研究してまいりたいと思いますので、お願いしたいと思います。 ○9番(穴井宏二君) わかりました。  では、2番目の発達障がいの質問に入っていきたいと思います。では、まず学校教育のほうからいきたいと思います。  この発達障がいでございますけれども、最近だんだん増加しているというふうなことがございます。 もっと読む
2018-12-05 別府市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月 5日) 現在、この解体工事につきましては、資格業種で言いますと、とび・土工・コンクリート工事になりますが、建設業法の改正により来年6月から新しい業種として解体工事業が追加されることとなりますので、今後、要件設定の内容を含め研究したいと考えております。 ○10番(加藤信康君) さきの議運の中でも、副市長のほうもお話がありました。 もっと読む
2018-11-30 別府市議会 平成30年第4回定例会(第1号11月30日) 第3回別府ONSENアカデミアは、世界温泉地サミット開催のため、来年度に延期との意見もありましたが、温泉に対する研究を継続することに意義があることから、本年度は期間を1日に凝縮して開催いたしました。   もっと読む
2018-09-27 別府市議会 平成30年第3回定例会(第6号 9月27日) また、教育委員会はセキュリティ対策・防犯・防災などの関連政策もしっかり調査研究し、本市における教育現場の環境・施設の整備向上に当たること。  地域生活支援の訪問入浴サービス事業などについては、国の制度、県の施策を鑑みた上で、障がい者などの在宅生活を支えるサービス事業とそれにかかわる事業を手厚くするよう求めること。  以上のように、さまざまな質疑・意見が各委員からなされました。   もっと読む
2018-09-25 別府市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月25日) そこにはこの中元理事長と柏原日本腎臓学会理事長、湯沢日本移植学会副理事長、内田日本腎不全看護学会理事長、水口日本腹膜透析医学会理事長、川西日本HD研究会理事長、本間日本臨床工学技師会理事長、こういったいわゆる関連の方々の、日本におけるトップの方々がそろって議論をされております。 もっと読む
2018-09-21 別府市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月21日) 御紹介いただいた事例につきましては、委員会において報告をし、専門的な御意見をいただきながら調査研究してまいりたいと考えております。  また、別府市では、今年度中に別府市自殺対策計画を策定することとしております。 もっと読む
2018-09-20 別府市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月20日) また、県下18市町村でも同様の事業を行っていますので、今後とも他市の状況も踏まえながら、時代のニーズに沿った見直しについて調査研究していきたいと考えております。 ○11番(荒金卓雄君) では、次の項に行きます。別府市社会福祉協議会の日常生活自立支援事業というのがあります。 もっと読む
2018-06-25 別府市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日) また仕事の面でいけば、就労の面でいけば、大分市役所ではハローワークと連携してワンストップ窓口をつくっておりますので、ぜひとも研究して構築していただきたい、このように思っているところでございます。この項につきましては、以上でございます。  続きまして、医療的なサポートが必要な児童生徒への対応についてということで質問をさせてもらいたいと思います。   もっと読む
2018-06-22 別府市議会 平成30年第2回定例会(第4号 6月22日) 山間部やその中間のエリアにつきましては、今後の検討課題であるとともに、サイレン・スピーカー以外の情報伝達手段もあわせて研究・検討していく必要があると考えています。 もっと読む
2018-06-22 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−04号 今回、豊後大野市が受けました経緯については、昨年度は別府市や佐伯市で特に津波等の防災教育をどうするかという視点での研究が行われました。今年度、豊後大野市では、大雨による河川氾濫や土砂災害という視点に立って研究をするということになっております。   もっと読む
2018-06-21 別府市議会 平成30年第2回定例会(第3号 6月21日) 貸し付けに関する面談記録や協議録の整備につきましては、今後調査研究させていただきたいと思います。 ○7番(野上泰生君) 早目にですね。今、まさに一円でも高く売るべきだし、有効な土地は貸し付けてほしいですけれども、やっぱりそこの透明性や公平性という部分が、先ほどから長々とやってきた中で、どうしても記録が残っていないので確認ができない。 もっと読む
2018-06-19 別府市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月19日) 我々も今、政策研究会でこの問題についてかなり勉強してきましたけれども、やっぱりその辺が非常に大事ではないかと思います。  この経済産業省に通知するというようなこともありますけれども、別府市がやっぱり主体となってその辺を、何とか温泉資源を守っていくというこのことが非常に大事ではないかなということで、この条例の意義は非常に大きいというふうに私は思います。   もっと読む
2018-06-14 別府市議会 平成30年第2回定例会(第1号 6月14日) 国内温泉地及び世界16カ国17地域の温泉地のリーダーや研究者等が集まり、交流を深めるとともに、それぞれの地域で育んできた温泉文化や「観光」、「医療・健康・美容」、「エネルギー」の各分野における温泉資源の活用事例の発表や温泉の新たな可能性について活発な議論が展開されました。  世界温泉地サミットを通じて、世界のさまざまな温泉地の実情に直接触れることにより、たくさんの収穫を得ることができました。   もっと読む
2018-03-23 別府市議会 平成30年第1回定例会(第7号 3月23日) また、国土計画協会・所有者不明土地問題研究会は、2040年にはほぼ北海道の面積に相当する約720万ヘクタールの所有者不明土地が発生すると予想している。  現行の対応策には、土地収用法における不明裁決制度の対応があり、所有者の氏名・住所を調べてもわからなければ、調査内容を記載した書類を添付するだけで収用裁決を申請できるのだが、探索など手続に多大な時間と労力が必要となっている。   もっと読む
2018-03-20 別府市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月20日) まず、教職員の勤務時間を的確に把握することが改善の基盤となりますので、タイムカード等の導入について研究することといたしております。また、管理職対象のマネジメント研修の実施、学校閉庁日の設定などを予定しております。  2つ目といたしまして、実際の業務の削減でございます。会議の縮減、部活動の改善、調査・報告物の簡素化・縮減などを考えております。  3つ目は、人的な支援でございます。 もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) ○9番(穴井宏二君) しっかり研究してお願いしたいと思います。ソメイヨシノにつきましても、樹齢60年というふうに言われておりますけれども、きめ細かい手入れ、土壌の整備とか、いろんな手入れをして100年、150年延ばせるというふうに言われております。 もっと読む