2075件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-07-16 令和元年第2回定例会(第8号 7月16日)

委員からは、高齢者ワンコインバス事業については継続的な調査研究が必要である、高齢者ワンコインバス事業そのものを維持するためには利用者へ最低限の負担を求めるしかないなどの意見が出されました。  審査いたしました結果、一部採択を求める意見はありましたが、いずれも不採択とすることに決定をいたしました。  

大分市議会 2019-07-12 令和元年厚生常任委員会( 7月12日)

自分は、もっと調査・研究させていただきたいので継続審査にしていただけるとありがたいです。 ○宮邉委員   私たちは、この請願に対して今現在、不採択にするという思いを語っているわけでは全くなく、必要なことは必要だという認識は会派としてもあります。先ほど斉藤委員がおっしゃっていたように、条例を制定するまでにやらなければならないこともたくさんあるだろうと思います。

大分市議会 2019-07-11 令和元年厚生常任委員会( 7月11日)

次に、ただいま選定いたしました評価対象事務事業については、事務事業評価をより深めるため、決算審査に入るまでの間、議員個人、各会派による調査研究のほか、各委員会におきましても調査研究を行うこととなっております。昨年の検証会議では、各委員会において創意工夫して調査研究するとされておりますが、ことしの当委員会としての調査研究はいかがいたしましょうか。  3事業ありますが、いずれも調査研究いたしますか。

大分市議会 2019-07-11 令和元年経済環境常任委員会( 7月11日)

おおいたの幸ブランド化支援事業は、本市の地域資源を利用した新商品の研究や開発、販路拡大を支援するもので、昨年度は4事業者により8つが新たに商品化されました。  新商品に概要につきましては、次の4ページに掲載しております。佐賀関の関サバやクロメ、宗麟カボチャを活用した商品となっておりますので、これは後ほどごらんになっていただければと思います。  先ほどの3ページにお戻りください。  

大分市議会 2019-07-11 令和元年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 7月11日)

推進項目、計画的な施策の推進では、大分市総合計画の第2次基本計画の策定に向けた調査研究のほか、大分農業地域振興整備計画など5つの個別計画の策定、改定をいたしました。  市民満足度の高い行政サービスの推進では、マイナンバーカードを利用した住民票の写し等のコンビニ交付を7月から開始するなどいたしました。  

大分市議会 2019-07-11 令和元年総合交通対策特別委員会( 7月11日)

○板倉委員   地区ごとで行っているというのは分かりますが、調査・研究をして何を目的としているのか、中途半端なことが多いような気がします。公共交通バスが難しいとなれば、公共でいわゆるコミュニティバスを走らせるとか、ある程度そういう方針を立てようとしているのですか。 ○橋本都市交通対策課長   委員御指摘のように、いわゆる新コミュニティ交通といった可能性もあると考えております。

大分市議会 2019-07-10 令和元年建設常任委員会( 7月10日)

〔「異議なし」の声〕 ○藤田委員長   それでは次に、ただいま選定しました評価対象事務事業については、事務事業評価をより深めるため、決算審査に入るまでの間、議員個人、各会派による調査、研究のほか、委員会においても調査、研究を行うこととなっております。ことしの当委員会での調査、研究はいかがいたしましょう。 ○帆秋副委員長   評価ではなくて、事業内容の説明を受けるという程度のものです。

大分市議会 2019-07-10 令和元年厚生常任委員会( 7月10日)

○斉藤委員   議員政策研究会は超党派でやっていきましょうと、今までやってきました。確かに受けたときの手続きに対して十分精査が足りなかったのではないかと感じます。ただ、これから皆さんで取り組むということになると、陳情であるべきだったのではないかなということは思います。 ○三浦委員   別に皆さん全員ではなくてもいいのですよ。

大分市議会 2019-07-10 令和元年文教常任委員会( 7月10日)

教科書採択に当たっては、十分かつ綿密な調査研究に基づき、公正性、透明性に疑念を生じさせることのないよう適正な採択を行うことはもとより、保護者地域住民等に対して、説明責任を果たすことができるよう努めてまいりたいと考えております。  なお、採択は8月中までに行い、決定後は速やかに公表することとしております。  次に3点目、大分市小学校空調設備整備PFI事業についてであります。  

大分市議会 2019-07-10 令和元年総務常任委員会( 7月10日)

○倉掛委員長   そうしましたら、事務事業評価を深めるため、決算審査に入るまでの間、議員個人、各会派による調査・研究のほか、委員会においても調査・研究を行うこととなっておりますが、ことしの当委員会としての調査・研究はいかがいたしましょうか。事前に執行部から説明を聞くとか。 ○甲斐委員   それは聞きたいです。 ○倉掛委員長   全部の3つの事業を行うということでいいですか。  

大分市議会 2019-07-08 令和元年第2回定例会(第6号 7月 8日)

ですので、調査研究を引き続き大いに進めていっていただきたいというふうに思っております。  そして、再生可能エネルギーにつきましては、1つ、最後、要望させていただきたいというふうに思います。  福島県福島市では、土湯温泉再生可能エネルギーを利用したまちづくりというのが非常に注目をされていると。

大分市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第4号 7月 4日)

設置条例には明記されていなかったニホンザルの生態研究への貢献だけが実績を上げているのが現状です。  私は、当初の事業目的は間違いだったと考えます。観光収入目的とする高崎山自然動物園事業を1日も早く終息させ、今後は、国立公園の本旨に基づいて、調査研究環境学習のための教育施設として運営していけるよう設置条例を改正するべきです。

大分市議会 2019-07-02 令和元年第2回定例会(第2号 7月 2日)

本市では、平成29年度に大分市連合医師会などの代表者から構成されます、大分市地域医療情報ネットワーク研究会を立ち上げまして、調査研究を重ねて、本年5月に基本方針を定めた報告書の提出をいただいたところでありまして、今後、この基本方針に基づいて、ネットワークシステムを構築、運営していくための取り組みを進めたいというふうに考えております。  

宇佐市議会 2019-06-28 2019年06月28日 令和元年第3回定例会(第7号) 本文

事件   一.議会の運営に関する事項について   二.議会会議規則委員会に関する条例等に関する事項について   三.議長の諮問に関する事項について 理由  調査・研究のため                       令和元年六月二十八日 宇佐市議会  議長 衛 藤 博 幸 様                      総務常任委員会                      委員長

津久見市議会 2019-06-21 令和元年第 2回定例会(第3号 6月21日)

津久見市で加齢性難聴者の実態調査を実施したことはありませんが、国立長寿医療研究センターの研究によると、日本の65歳以上の難聴高齢者は約1,500万人以上と推計されており、70歳以上の方々のうち約3分の2の方が難聴者であるという試算もあります。  日本において補聴器の価格はおおむね3万円から20万円であり、保険適用ではないため、全額自費となります。