運営者 Bitlet 姉妹サービス
847件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-25 別府市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日) 次に、別府市における発達障害児童生徒の支援についてお伺いいたします。  平成17年、発達障害者支援法というのが、これは超党派の議員提案で成立をしております。 もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) 研修は、それぞれ子どもに接している実際の現場の方でおおいた子ども支援ネットの方、スクールカウンセラーの体験からとして現場の方、それから子どもの心を聞くとして、「こころ応援家」としての方、実際に発達障害の方の当事者や家族の会にかかわっていらっしゃるNPO法人の代表の方、また大分大学の福祉健康科学部の助教授であります臨床心理士の方、セクシャリティーとして当事者の方、また、私がこれはおもしろいなと思ったのが もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) この線状降水帯は、地面に近い高度1キロ以下の待機の下層で、下のほうで発生して、積乱雲の源となる暖かく湿った空気が、まず山口県付近に停滞する梅雨前線に向かって東シナ海から南西風で流れ込んで、北西からの冷たい空気と合流したことで上昇気流が生じて、背振山地のあたりで活発に積乱雲が発達した、こういうふうに言われているところでございます。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) この線状降水帯は、地面に近い高度1キロ以下の待機の下層で、下のほうで発生して、積乱雲の源となる暖かく湿った空気が、まず山口県付近に停滞する梅雨前線に向かって東シナ海から南西風で流れ込んで、北西からの冷たい空気と合流したことで上昇気流が生じて、背振山地のあたりで活発に積乱雲が発達した、こういうふうに言われているところでございます。 もっと読む
2017-12-13 津久見市議会 平成29年第 4回定例会(第3号12月13日) 次に、2点目として、発達障害児への支援について。  発達障害とは、広汎性発達障害、自閉症、言葉の発達のおくれ、パターン化した行動やこだわりなどがあります。アスペルガー症候群、基本的に言葉の発達のおくれはないが、対人関係、社会性の障害、興味、関心の偏りなどがあります。学習障害(LD)、読む、書く、計算するなどが全体的な知的発達に比べて極端に苦手です。 もっと読む
2017-12-12 津久見市議会 平成29年第 4回定例会(第2号12月12日) 子供たちの将来の夢を育む、そして可能性を広げて、実現に向けて努力させていくというためのチャンスをたくさんという御趣旨だというふうに思いますが、例えば、いわゆる巧緻性、運動神経が最も発達する時期、最適期であるゴールデンエイジと呼ばれる時期に今ほどお話のありました未来のオリンピアンのようなすぐれた指導に触れるチャンス、このようなものを与えてあげるということは、もう当然大事なことであろうと思いますし、例えば もっと読む
2017-12-12 大分市議会 平成29年文教常任委員会(12月12日) 発達障害や知的障害など、特別な支援を要する子供や医療的ケアが必要な子供、帰国子女や生活に必要な日本語の習得に困難のある子供などに対し、個別の指導計画の作成などの教育的支援の充実を図り、その手法を私立幼稚園等に提供してまいります。  3点目は、小学校教育への円滑な接続に向けた幼保小連携の充実です。 もっと読む
2017-12-11 大分市議会 平成29年厚生常任委員会(12月11日) なお、計画の策定に当たりましては、障害福祉に関するアンケート調査として、市内居住の障害者手帳所持者や、児童発達支援・放課後等デイサービスに通所中の児童の保護者、そして、市内全ての障害福祉サービス事業者や障害児相談支援事業所を対象に実施しました。  その後、障害者自立支援協議会計画等策定部会を11月まで3回開催し、この計画素案を作成したところでございます。   もっと読む
2017-12-08 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−04号 青少年の健全育成、スポーツは心身の健全な発育・発達を促すだけではなく、それを通して堂々と戦う精神、仲間や指導者との交流、思いやりの心や豊かさをつくるとも言われております。  そこで、スポーツ少年団への補助金、もう全額でよろしいので、補助金を出しているのかいないのか、お伺いします。 ○議長(佐藤辰己君) 廣瀬社会教育課長。 もっと読む
2017-12-08 大分市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 8日) においては、小学校6年生社会科で、2002年の日本と北朝鮮代表者会議において、北朝鮮側が日本人を無理やり連れ去ったことを認めたことを学習するとともに、中学校社会科の歴史的分野において、日本人拉致問題など、主権や人権、平和などさまざまな課題の歴史的背景を学び、公民的分野においては、北朝鮮による日本人拉致問題について、我が国がその解決に向け、国際社会の明確な理解と支持を受け努力していることなどを、児童生徒の発達 もっと読む
2017-12-07 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号 また、近年では、発達障がいと診断される子供が多く、5年前の全国的な調査では普通学級に在籍する児童・生徒の6.5%は発達障がいであると言われております。現在ではもっとふえていると思われます。   もっと読む
2017-12-07 大分市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月 7日) また、同法におきましては、対象者が従来の身体障害者のみから、知的障害者、精神障害者、発達障害者等、全ての障害者が対象となり、さらに利用者の視点を反映させるために、高齢者や障害者など当事者の参画措置も盛り込まれております。このことから同法に基づく公共交通機関等のバリアフリー化が進むことにより、高齢者や障害者等の積極的な社会参加が進むものと期待しているところでございます。   もっと読む
2017-12-06 大分市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月 6日) 3点目の今後の市立幼稚園における特別な配慮を要する子供への保育についてでございますが、特別な配慮を必要とする園児は年々増加傾向にあり、これまで以上に発達障害や知的障害のある子供や医療的ケアの必要な子供への適切な指導や支援を充実させていく必要があると考えております。   もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) 振り返ると、また発達障害の方のお話を聞くと、その時期というのが、私自身、発達障がい児の一面も持っていたような今は印象を持っています。  今回の質問、最初に1番として子ども・子育てという質問をいたしますが、順番を変えまして、その次には4番目の質問に入りたいと思いますので、その旨よろしくお願いいたします。  それでは、子ども・子育て。 もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) 振り返ると、また発達障害の方のお話を聞くと、その時期というのが、私自身、発達障がい児の一面も持っていたような今は印象を持っています。  今回の質問、最初に1番として子ども・子育てという質問をいたしますが、順番を変えまして、その次には4番目の質問に入りたいと思いますので、その旨よろしくお願いいたします。  それでは、子ども・子育て。 もっと読む
2017-09-20 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月20日 文教分科会) 次に、対象・手段でございますが、集団による活動がふえ、集団感情や仲間意識が強まってくるなどの発達の段階を踏まえまして、小学校4年生から中学校3年生を対象としており、本検査の実施、結果の分析等を通し、児童生徒や学級の現状及び課題を客観的に把握するとともに、その後の指導のあり方について検討を行い、いじめや不登校等の未然防止につながる個別指導や学級集団づくり等に活用することでございます。   もっと読む
2017-09-20 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月20日 厚生分科会) 障害については、今後もいろいろ種類もふえてきて、発達障害であるとか、障害者の数もふえてくるような傾向にあるようですので、ぜひともそういった就労支援を積極的に進めていっていただきたいと思います。  それから、最後に高齢者の就労支援は現在いかがなものでしょうか。 もっと読む
2017-09-14 大分市議会 平成29年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 9月14日) 次に、4ページの目標2、乳幼児の発育・発達に向けた支援の充実でございますが、5ページの事業番号18番、小児医療体制の充実までの7つの事業を掲げております。   もっと読む
2017-09-14 大分市議会 平成29年文教常任委員会( 9月14日) ○西川体育保健課長   本年8月に大分県歯科衛生士会と協議をいたしまして、10月以降、対象校である15校に対して歯科衛生士を派遣いたしまして、発達段階に合わせた適切な歯磨き指導を行っていくという計画を立てております。 ○甲斐委員   それでは、その点はお願いします。 もっと読む
2017-09-08 宇佐市議会 2017年09月08日 平成29年第5回定例会(第5号) 本文 灯籠作りには本来、専業の職人はおらず、長洲の漁師さんの休漁期の副業として発達、伝承されてきました。かつては多くの人が灯籠作りをしておりましたが、灯籠の大型化に伴い専業化され、さらに高齢化による後継者不足などで、現在は専業者が一名となっております。   もっと読む