1940件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-10-15 令和元年第 3回定例会(第5号10月15日)

今年も全国で大雨や台風による災害が多く発生し、9月に千葉県に上陸した台風第15号では、猛烈な風による被害と長期間にわたる停電も発生しました。さらに台風第19号においては、警戒レベル5の大雨特別警報東海関東甲信越から東北まで13都県に出され、大雨による河川の氾濫等、記録的な被害をもたらしました。  

津久見市議会 2019-09-27 令和元年第 3回定例会(第4号 9月27日)

本補正は、歳入歳出それぞれ1億47万9,000円を追加し、補正後の予算の総額を歳入歳出それぞれ97億3,672万6,000円とするもので、歳出の主なものとして、平成29年9月に発生した農林水産施設災害復旧費4,296万8,000円、地域インターネット事業費1,188万7,000円などを計上しており、歳入では、国県支出金、普通交付税等の増額を計上しております。  

宇佐市議会 2019-09-27 2019年09月27日 令和元年第4回定例会(第7号) 本文

次に、議第七十一号は物品供給契約締結についての件でございますが、これは災害対応特殊救急自動車を購入するため物品供給契約締結したいので、宇佐市議会議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第三条の規定により、議会議決を求めるものであるとの説明がありました。  当委員会で審査した結果、本案異議なく原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。  

別府市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第6号 9月20日)

委員より、東南海地震等、大規模災害に備えて特別基金を積み立てる必要があるのではないかとの質疑に対し、当局より、災害等不測の事態に対応する財政調整基金は、国が財政規律を確保する上での規範とされる基準を上回ってはいるが、国や県の財源を当てにするのではなく、常に緊張感を持って可能な限りの備えをしたいとの答弁がなされました。  次に、情報推進課関係部分であります。  

大分市議会 2019-09-20 令和元年決算審査特別委員会( 9月20日 建設分科会)

まず、災害対策ポンプ借上料について、書記に読み上げさせます。 ○書記   評価区分は拡充です。  理由を読み上げます。  「本事業は、過去の台風等による浸水状況などを考慮する中で、被害が想定される低地等において、大雨が予想される時点で仮設ポンプを借り上げることにより、浸水被害の軽減を図ることを目的としている。 

大分市議会 2019-09-19 令和元年決算審査特別委員会( 9月19日 総務分科会)

○井手口委員   今の甲斐委員の質問で、消防費として出てきて、防災局が答えたわけですけど、この消防費の災害対策費の内訳として、所管部局が消防局の場合と、防災局の場合とあると思うのですけど、その区別はどうつけたらいいのですか。 ○阿部総務課長   9款の消防費の中の5目災害対策費につきましては防災危機管理課の所管となっております。 ○井手口委員   全部ですか。 ○阿部総務課長   はい。

津久見市議会 2019-09-18 令和元年第 3回定例会(第3号 9月18日)

今回の千葉県を中心とした災害の大きな特徴は、大規模停電です。長期化する停電は、1年前の北海道で起こったブラックアウト、全域停電の事例がございます。千葉県ではいまだ6万世帯が電気のない不自由な生活を強いられていると報道されています。災害が起こるたびに教訓を引き出し、次に対処しなければなりません。例えば緊急自家発電も3日でとまってしまいました。

別府市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5号 9月18日)

まず、森林伐採に対する影響について、これは経済産業部の意見ですけれども、台風や大雨等の場合、可能な限り敏速に近隣の農地及び森林への影響を確認し、災害等が発生した場合には農地農業施設災害復旧事業を活用し、災害復旧に取り組むとともに、また常日ごろから農林業を営む生産者との対話を行いながら、注意深く影響の把握に努めてまいりたいと考えております。  

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 建設分科会)

事務事業評価                    ・災害対策ポンプ借上料               第6項 住宅費                   事務事業評価                    ・住宅等ストック対策推進事業               第9款 消防費のうち河川課関係               第11款 災害復旧費               第2項 土木施設災害復旧費

津久見市議会 2019-09-17 令和元年第 3回定例会(第2号 9月17日)

あれから2年がたちますが、昨年6月の大阪地震や昨年7月の西日本を中心とした平成30年7月豪雨、9月の北海道胆振東部地震関西地方を中心とした台風21号災害、続く台風第24号災害、先月の佐賀県を中心とした豪雨災害、今月の台風第15号による千葉県を中心とした災害など、日本各地で災害が発生しております。津久見市もいつまた災害に見舞われるかわからないような気象状況が続いております。  

大分市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第5号 9月17日)

次に、一般議案の議第85号、大分市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正についてであります。これは、災害弔慰金の支給等に関する法律及び災害弔慰金の支給等に関する法律施行令の一部改正に伴い所要の改正をしようとするものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。  次に議第86号、大分市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部改正についてであります。

宇佐市議会 2019-09-13 2019年09月13日 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

豪雨など、災害に遭われた各地の皆様に衷心よりお見舞いを申し上げます。傍聴にお越しになっている方々、また、インターネットで映像をごらんの皆様には、お忙しい中まことにありがとうございます。市民の皆様のお声を市政へとお届けする質問や質疑、この務めをしっかりと果たしてまいります。  

宇佐市議会 2019-09-12 2019年09月12日 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

今、ゲリラ豪雨そして台風と、今千葉のほうでは大変なことになってるということで、災害に遭われた方に心からお見舞い申し上げたいと思います。  そしてまた、今日は二年よこうて六月議会をして、今日が二回目の一般質問なんですが、本当に一期生の皆さんはうまいなと思ってですね、六期生の大隈頑張れということで、しっかり高橋さんから言われました。

大分市議会 2019-09-12 令和元年経済環境常任委員会( 9月12日)

農地農道林道漁港管轄する農林水産部として、災害発生時において万全の対策を講じてまいる所存であります。  さて、前回の6月定例会以降、農林水産部の主な取り組みといたしまして、8月22日に開催いたしました第56回大分市畜産共進会には、佐藤委員長を初め多くの皆さんに御出席をいただき、大変ありがとうございました。今後も家畜の改良と飼養管理技術の向上により、畜産振興を図ってまいる所存であります。

大分市議会 2019-09-12 令和元年総務常任委員会( 9月12日)

このマップには、大雨で河川から水があふれたときに想定される水深を色別に表示したほか、土砂災害の警戒を要する区域や、過去に浸水した区域、風水害時の指定緊急避難場所などをあわせて記載しております。お住まいやお勤め先の洪水、土砂災害リスク避難経路の確認の際に御活用いただきたいと考えております。