5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

竹田市議会 2012-03-12 平成24年  3月 定例会(第1回)-03月12日−03号

なお、活動が行われた場所は国の天然記念物の「天然保護区域」に指定をされており、また、国立公園の特別地域でもある釧路湿原に隣接する地域で、主に森林、湿原、河川湖沼につながる生態系の復元を目的に実施をされたということであります。しかし、2007年12月の首相官邸ホームページによりますと、ある県からの質問に対しまして、防衛省から、有害鳥獣駆除は自衛隊の任務にあらずという公式見解も発表されております。

津久見市議会 2007-06-22 平成19年第 2回定例会(第3号 6月22日)

墓地を設ける場合、住宅からの距離や河川湖沼が近くにないことなど、様々な制約がありました。他市町村とも比較し、市条例を市長は公衆衛生その他公共の福祉の見地から支障がないと認める場合は、この限りではないというふうに改正をいたし、津久見市長の許可の下、墓地に関し少し柔軟な対応ができるということにしたところであります。  

大分市議会 2005-03-16 平成17年第1回定例会(第2号 3月16日)

地球温暖化など、環境破壊が言われる中、地球環境の保全という観点から、京都議定書象徴されるさまざまな取り組みが世界的規模で行われ、我が国においても、環境に負荷の少ない資源循環型社会の形成に向け、大量生産、大量消費、大量廃棄という社会経済システムの見直しを進める一方、河川湖沼沿岸海域など公共水域の水質汚濁防止に対する取り組みが展開されてきております。  

大分市議会 1998-03-20 平成10年第1回定例会(第7号 3月20日)

今日、下水道は、国民生活に最も密着した施設の一つであり、雨水排除による浸水防止、汚水排除、トイレ水洗化などによる生活環境整備のための基礎施設としての役割にとどまらず、河川湖沼など公共水域の水質保全を通して、健全で文化的な国民生活を実現する上においても、極めて重要な役割を担ってきております。  

  • 1