24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

別府市議会 2018-06-22 平成30年第2回定例会(第4号 6月22日)

また、ジャスタビにつきましては、事業者からの紹介に対して経済産業省、それから国土交通省のほうから道路運送法解釈などの回答を示しているところです。本市といたしましては、引き続きこのような国の動向や今後の具体的な事業展開を注視してまいりたいというふうに考えております。 ○8番(森山義治君) 違法であると認識しているようで、そのように理解をいたしました。

中津市議会 2017-09-21 09月21日-05号

教育長廣畑功)  法の趣旨はあくまでも食材費保護者の負担、その解釈として、絶対禁止という、そういう考え方ではないと、解釈だけの問題だと思っています。以上です。 ○副議長(吉村尚久) 川内議員。 ◆6番(川内八千代)  そういうことで、今、教育長が言われたように、学校給食というのは中津市の総合計画の中でも、食育というところで本当に大事に位置付けされていると思います。

別府市議会 2016-03-15 平成28年第1回定例会(第5号 3月15日)

○17番(平野文活君) 私は、条例が適用されるようになった5月1日以降は、今言われたように厳格にここが実行されると思うのですけれども、もう既に、いわゆる要綱だから法的拘束力はないのだと言わんばかりの対応をしているわけで、私は、遡及は困難だというふうないわば解釈的な対応にとどまらないで、今の要綱の段階でも市がそういう直接こうした業者を呼んで説明を受けるというぐらいなことはやるべきではないか、市として

豊後大野市議会 2016-03-07 03月07日-02号

もちろんこれは解釈の問題になって絶対とは言えないのですが、やっぱりこういう事案で、返還義務を100%補助金団体市民の税金で運営されている団体返還義務を負わせるというのは、おかしいのではなかろうかと私は思います。もちろんこれは答弁とか何とかではないので、私の見解ですので。なぜかといいますと、里の旅公社一般社団法人でございます。会社も法人です。

豊後大野市議会 2014-06-26 06月26日-06号

いずれにしても、憲法改正をしないまま、現解釈での集団的自衛権の行使ができるとの現政府の解釈は、無理があるのではないかなと私も思っております。 しかし、残念なことに、今、我が国を取り巻く情勢は極めて危険であります。 連日報道されておりますように、東シナ海での極端な行動、自分でぶつかって船を沈めておきながら、相手がぶつかってきたと、逆のことを言う。

竹田市議会 2013-09-26 09月26日-05号

そこのところの部分を、この解釈をそういうことができますということで固定をしてしまうと、この憲法の理念が阻害されてくる。行く行くは国民にそこら辺のところのしわ寄せが出てくる。

中津市議会 2011-12-12 12月12日-04号

◆18番(大塚正俊)  具体的には、総合政策課の中に、市長の公約にある学びの里づくり班福祉里づくり班、それから買い物支援、6次産業空き家対策等を推進する地域振興班地方分権で得た自治体自己責任自己決定を全うし、地域の実情を踏まえた解釈条例制定を推進する政策法務班、それから交通弱者対策としての路線バスコミュニティバス福祉バス、タクシーの連携を図る交通対策班の設置について考え方をお聞きしたいと

宇佐市議会 2010-09-17 2010年09月17日 平成22年第6回定例会(第5号) 本文

それから第二点は、公営住宅のできる規定ですけども、法としてですね、公営住宅法が優先するのか、あるいは過疎法が優先するのか、その点の解釈について教えていただきたい。県のほうに問い合わせてみましたらですね、優先順位は言わなかったんですけども、過疎法があるから当然入居できるから認めなければならないということになるという見解を聞いております。そうでないと、同じ旧市内にある県営住宅では単身者が入れる。

竹田市議会 2010-09-09 09月09日-02号

これは解釈ですから、私の解釈がいいかどうかわかりませんが、いずれにしても副市長がおっしゃるように、この件に関して作りなさいじゃないんですよ。竹田市で持ってるそういう非常勤嘱託職員のですね、そういうところの職務についてきちっと書きなさいと、作りなさいということです。もうこればっかし言ったって話にならんので、次行きます。

豊後大野市議会 2010-03-10 03月10日-03号

ですが、解釈をそこで曲げてという形にはならないわけで、これができるということであればやりましょう。ほかの自治体もそれが実施できるということであれば--そうできないからこそ何とかこれをできるようにしてもらえないかという、各自治体からの強い要望が出ているということをお考えいただきたいというふうに思いますので、これができるのであれば、私どもとしては即そのように移行をしたいというふうに考えております。

別府市議会 2009-06-18 平成21年第2回定例会(第5号 6月18日)

第1点目は施設の広さの問題、第2点目は、幼稚園児補助金対象児童数としてカウントされないための財政上の問題、次に第3点目は、幼稚園児を受け入れることが児童福祉法に抵触しないかという解釈の問題、この3点であろうかというふうに考えております。 ○3番(原田孝司君) 今三つの問題点を話されました。

大分市議会 2007-12-07 平成19年第4回定例会(第2号12月 7日)

なお、当該制度に関連する法律についての解釈等の問題については、それらの法律を成立した国において十分に論議が尽くされたものと考えております。  次に、多重債務被害者対策に関する3点の質問にお答えします。  まず、消費生活相談部門並びに担当部門以外の体制強化についてでございますが、御案内のとおり、本年4月に内閣に設置された多重債務者対策本部が、多重債務問題改善プログラムを取りまとめました。

別府市議会 2005-09-22 平成17年第3回定例会(第6号 9月22日)

今回恐らく平野社長それから会長、それから大塚助役で協議して支援要請したのだと思いますけれども、やはりこの前、工藤さんという職員ですか、商法20条に対する解釈をしましたけれども、あれはどうしても無理があります。やはり取締役会決議で出してこないとおかしいと思いますから、そういうところを早急に整備してください。  苦言になりましたけれども、経営の失敗を絶対市民に転嫁してください。

豊後大野市議会 2005-09-20 09月20日-02号

次に、②の地方税法717条(国保税減免)の解釈についてお答えいたします。 地方税法第717条「地方団体の長は、天災その他特別の事情がある場合において水利地益税等減免を必要と認める者、貧困に因り生活のため公私の扶助を受ける者その他の特別の事情がある者に限り、当該地方団体条例の定めるところにより、当該水利地益税等減免することができる。但し、特別徴収義務者については、この限りではない。」

  • 1
  • 2