173件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-07-03 令和元年第2回定例会(第3号 7月 3日)

下水道の普及は雨水を速やかに排除することや汚水の適切な処理により、安全で快適な生活環境を確保するとともに、公共水域の水質を保全するという市民にとって重要な役割を担っておりますことから、さらなる整備促進を期待しているところであります。このような中、平成30年4月に水道局と下水道部が統合し上下水道局となりました。このことにより効率的な事業の促進が図られるようになったと考えます。  

宇佐市議会 2018-09-13 2018年09月13日 平成30年第3回定例会(第4号) 本文

県北部保健所に確認したところ、設置届の中で、処理施設の排水は、公共水域に排出される届け出となっておりますが、市には放流許可申請は提出をされておりません。  その五、利益相反が起こるおそれについて、顧問弁護士の見解はについてですが、利益相反行為とは、当事者の一方の利益が他方の不利益になる行為のことであり、一定の利益相反行為法律禁止をされております。

大分市議会 2018-09-13 平成30年経済環境常任委員会( 9月13日)

その結果、河川につきましては、全ての水域環境基準を達成していましたが、海域につきましては、別府湾中央で環境基準を超過していました。原因といたしましては、潮流が微弱で停滞性の強かったことが考えられます。  16ページをお願いいたします。  地下水につきましては、10地点で概況調査を実施した結果、全ての地点で環境基準を達成していました。

宇佐市議会 2018-09-12 2018年09月12日 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

三項目め、浄化槽について、現時点での柳ヶ浦地区全域での補助金廃止は時期尚早ではないか、市独自で何らかの対策を講じるべきではについてですが、本市では公共水域等の水質保全と公衆衛生の向上のために、下水道認可区域及び農業集落排水事業採択地区等の集合処理区域を除外した区域への浄化槽設置者に対し補助金を交付しております。  

大分市議会 2018-06-18 平成30年第2回定例会(第3号 6月18日)

また、市民の皆さんから、コインランドリーの排水に関する苦情や相談があれば、直ちに現地調査を行い、河川などの公共水域に何らかの影響がある場合には、排水先の河川や水路の管理者などと連携を図り、コインランドリーの設置者に対し、改善の対応を依頼するなど、公共水域環境保全に努めているところであります。  

大分市議会 2018-03-15 平成30年第1回定例会(第5号 3月15日)

下水道は雨水や汚水を集めて下水処理場で処理した後、公共水域に排出する施設で、水洗式トイレから流れてくるし尿を初め、調理や洗濯などで生じる生活排水商業施設や工場から排出される産業排水などの浄化処理をし、河川に流し、水質汚染を防ぐ施設です。  汚水の中でも、飲食店やホテル等の厨房から排出される油分は処理が難しく、適切な装置で分離をし、取り除いてから排水することが求められています。

宇佐市議会 2018-02-20 2018年02月20日 平成30年第1回定例会(第1号) 本文

水産関係では、水産物の流通の拠点整備を図るため、長洲漁港の流通基盤整備を推進するとともに、漁業生産力の維持、増大及び漁場環境の保全のため、沿岸水域における藻場造成を継続的に取り組みます。  また、水産資源の維持回復を図るため、内水面では鮎、スッポン等、海面ではクルマエビ、ワタリガニ、アサリ等の放流を行うとともに、ヒジキ養殖の実証実験による複合経営を推進し、漁業所得の向上に努めます。

津久見市議会 2017-12-12 平成29年第 4回定例会(第2号12月12日)

そういった中で、今回の氾濫について、どういう計画をしていくかということでは、やはりその水域全体を見渡しながら計画をする必要があるんではないかというふうに思うんですけれども、そういった全体の構想について、津久見市の意見を述べる場所はあるんでしょうか。 ○議長(黒田浩之議員)  関都市建設課長。 ○都市建設課長(関 憲二君)  済みません。

大分市議会 2017-09-22 平成29年決算審査特別委員会( 9月22日 建設分科会)

国土交通省との協定で、乙津川の水位が危険水域を超えた場合は水をとめるということになっていて、その危険水域を超えたので、ポンプをとめた時間があるのです。その間、内水が上がってきて、床下浸水になっていることは事実です。  それからもう一つ、東郵便局の裏にアンシャンテ金の手という団地があります。川の名前は忘れたのですけど、そこには国土交通省がポンプをつけているのです。

宇佐市議会 2017-06-20 2017年06月20日 平成29年第3回定例会(第6号) 本文

議第四十七号 宇佐市公共下水道事業特別会計補正予算(第一号)についての一点目、終末処理場区域拡大事業についての進捗状況についてですが、宇佐市では、衛生的な生活環境公共水域の水質保全を目的に、公共下水道事業を昭和五十九年に四日市・駅川処理区六百十ヘクタールから実施してまいりました。  

大分市議会 2017-03-28 平成29年建設常任委員会( 3月28日)

主な事業であります公共下水道につきましては、快適で衛生的な生活環境の確保や、公共水域の水質保全、市街地の雨水排除を図るため、昭和41年から事業に着手し、地勢、水系などから東部、中央、稙田、大在、南部の5処理区を設けて整備を進め、平成27年度末の人口普及率は61.9%となったところであります。依然として、全国平均77.8%を大きく下回ってる状況でございます。  

大分市議会 2017-03-24 平成29年経済環境常任委員会( 3月24日)

次に、生活排水処理計画についてですが、9の生活排水処理の基本理念といたしましては、生活排水の重要性を認識し、生活排水処理施設の一層の整備推進に努めるとともに、啓発活動等を通じて各家庭からの発生源対策をより一層充実させることにより、公共水域の水質環境のさらなる向上と身近な生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図ることとしております。  

宇佐市議会 2017-03-01 2017年03月01日 平成29年第1回定例会(第4号) 本文

市単独の予算組みはできないかについてですが、本市では、衛生的な生活環境公共水域の水質保全のために、平成二年度から公共下水道事業認可区域外の小型合併処理浄化槽の設置者に対し補助金を交付しており、新市となった平成十七年度から二十七年度までに二千百四十九基に対して補助金を交付しました。  

大分市議会 2016-12-12 平成28年建設常任委員会(12月12日)

公共下水道への接続により、生活環境の改善及び公共水域の水質保全と下水道の整備効果を早期に向上させるため、水洗便所改造工事費排水設備に対しまして、助成金の交付並びに資金の融資及び当該融資に係る利子補給を行っております。  まず、排水設備の設置義務でございますが、公共下水道が利用できるようになりましたら、下水道が供用開始された旨の通知をいたします。

大分市議会 2016-11-01 平成28年厚生常任委員会(11月 1日)

生活排水処理の基本理念といたしましては、生活排水の重要性を認識し、生活排水処理施設の一層の整備推進に努めるとともに、啓発活動等を通じて各家庭からの発生源対策をより一層充実させることにより、公共水域の水質環境のさらなる向上と、身近な生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図ることとしています。  生活排水処理施設整備の基本方針として、次の3点を掲げております。

大分市議会 2016-09-14 平成28年厚生常任委員会( 9月14日)

環境についてでございますが、水質汚濁防止法等に基づきまして、水質調査を実施しておりますが、河川につきましては、全ての水域環境基準を達成しておりましたが、海域につきましては、別府湾中央で環境基準を達成していませんでした。  16ページをお願いします。地下水につきましては、10地点で概況調査を実施した結果、全ての地点で環境基準を達成しておりました。