3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

竹田市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月13日−03号

研究しましたら、我が党の国会議員の調査によりますと、この法の国会の審議の過程におきまして、法案提出者、この法案自由民主党であるとか、民進党であるとか、公明党であるとか、そういう政党がこの法案提出者になっているということ、これは奥田先生も話しておりましたけども、この法案提出者は、一つ、糾弾は一切ないような条文を作った、二つ、旧同和法のような財政出動の根拠に使われるものではない、もう一つ、旧同和地区や

宇佐市議会 2017-06-28 2017年06月28日 平成29年第3回定例会(第7号) 本文

内法を整備しなくてもTOC条約締結できるとある民進党議員が言っておりましたが、それならば、前身の旧民主党政権時代に議論されたとき、条約締結できたはずであります。国内法が整備できていなかったから締結できなかったのであります。  それゆえに、既に世界百八十七の国と地域、つまり世界のほとんどの国が条約締結している中で、日本は先進七カ国で唯一条約締結に至っていないという異常事態だったのであります。

宇佐市議会 2016-09-06 2016年09月06日 平成28年第3回定例会(第2号) 本文

◯十三番(用松律夫君)今度の法案は、民進党の中でも自民党の中でも、非常に反対が強いということで、否決になるよりも継続審議だという方法をとったんですけども、自民党自身の見解の中でもですね、部落解放基本法を制定する際に、自民党は何て言ったかと、「部落差別の解消を目的とした法案基本法として制定することは、その被差別対象地域及び住民を法的に固定化させるという極めて重大な政治的、社会的結果を惹起するおそれがある

  • 1