運営者 Bitlet 姉妹サービス
587件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-16 別府市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日) 一例を挙げますと、3年前と比較した従業員数の増減についての項目では、従業員数が増加したと回答した業種は、建設業と宿泊、飲食、サービス業が特に多く、その中でも宿泊、飲食、サービス業は、人手不足を原因に上げる割合が53.8%と過半数を占めておりました。   もっと読む
2018-03-12 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号 経営手法も大切だが、それを生かすのはやはり人である」と、これはすべての業種に、私は該当すると思います。もちろん指定管理者にとっても、任された人にとっても、そういうことが言えると思います。 もっと読む
2018-03-06 別府市議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 6日) 昔は企業立地法とか、これが地域未来投資促進法に変わったということで、製造業に限らずいろんな業種に広げられた。そして今回、1件だけ県に申請がある。それも別府に昔からある観光業だ、ホテル業だ。そうなると、やはり既存の、ここのお話もありました既存のホテル、観光業の方々も「えっ」という声が出てくるだろう。 もっと読む
2018-02-01 大分市議会 平成30年建設常任委員会( 2月 1日) (1)にありますように、現行の入札においては、水道局が発注する工事にはこの制限はございませんが、市が発注する工事では、全ての業種で市の発注した工事を2件施工中の業者は入札に参加できないという制限をしております。なお、優遇措置を受けることができる業者は、1件加算されて3件となります。優遇措置とは、過去5年に優良建設工事表彰を受けていること、もしくは障害者雇用促進企業であることとなっております。   もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) 次に、議第97号に係る契約検査課関係部分では、建設業法の許可に係る業種区分の見直しにより、「解体工事業」が新設され、システム改修が必要となったことによるものであるとの説明を了とし、全員異議なく可決するべきものと決した次第であります。  続きまして、議第97号に係る防災危機管理課関係部分であります。 もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) 次に、議第97号に係る契約検査課関係部分では、建設業法の許可に係る業種区分の見直しにより、「解体工事業」が新設され、システム改修が必要となったことによるものであるとの説明を了とし、全員異議なく可決するべきものと決した次第であります。  続きまして、議第97号に係る防災危機管理課関係部分であります。 もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) これは、排水基準を直ちに達成させることが技術的に困難な業種にかかる工場及び事業場に対しての経過措置であります。平成13年の排出基準の改訂以来、3年ごとに規制の見直しを行い、現在におきましても継続中で、現状では平成31年6月31日までとなっております。   もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) これは、排水基準を直ちに達成させることが技術的に困難な業種にかかる工場及び事業場に対しての経過措置であります。平成13年の排出基準の改訂以来、3年ごとに規制の見直しを行い、現在におきましても継続中で、現状では平成31年6月31日までとなっております。   もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 今後は、大分県の中高年齢者就業支援センターを介してシニア求職者と企業のマッチングをしていきたいとの大分県の意向がございますので、重点業種企業は、その中においては製造業、卸売業及び小売業、宿泊業及び飲食サービス業、また医療、福祉の4業種が対象となっておりますが、別府市としましては、大分県と連携した取り組みを進めながら、別府市独自の対策も検討してまいりたいと考えているところでございます。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) 今後は、大分県の中高年齢者就業支援センターを介してシニア求職者と企業のマッチングをしていきたいとの大分県の意向がございますので、重点業種企業は、その中においては製造業、卸売業及び小売業、宿泊業及び飲食サービス業、また医療、福祉の4業種が対象となっておりますが、別府市としましては、大分県と連携した取り組みを進めながら、別府市独自の対策も検討してまいりたいと考えているところでございます。 もっと読む
2017-12-11 大分市議会 平成29年経済環境常任委員会(12月11日) 一般質問では、募集開始後に審査要領を変更したことは、申請者に不利益を与えるものではないかという趣旨の質問でございましたが、これにつきましては、申請受け付け後に特定の申請者を恣意的に採択しないようにするための改正ではないこと、また、特定の業種が採択されないようにしたものではないこと、これらを踏まえ、申請者に不利益を与えるものではないことをお答えさせていただいております。   もっと読む
2017-11-09 大分市議会 平成29年建設常任委員会(11月 9日) まず、応募参加者は11社で、その主な業種はディベロッパーやゼネコン等です。提案された主な民間施設の用途は、22街区では商業施設やホテル、立体駐車場、シェアオフィスなどで、54街区ではマンションや商業施設、立体駐車場の提案が出されました。  なお、22街区は交通結節機能施設を低層階に整備することを活用の前提としており、その上層階の活用用途について提案を受けております。   もっと読む
2017-09-29 別府市議会 平成29年第3回定例会(第6号 9月29日) 産業政策課関係では、別府リサーチヒル2区画の売り払いに伴う土地売り払い収入や、リサーチヒルの区画を分譲条件と異なった業種の企業に売り払うことに伴う、大分県からの利子補給金補助に対する県返納金を計上しているとの説明がなされました。  農林水産課関係では、ことし6月に新たに就農しました青年就農者に対する給付金を計上しており、この給付金に対する県の補助率は100%であるとの説明がなされました。   もっと読む
2017-09-29 別府市議会 平成29年第3回定例会(第6号 9月29日) 産業政策課関係では、別府リサーチヒル2区画の売り払いに伴う土地売り払い収入や、リサーチヒルの区画を分譲条件と異なった業種の企業に売り払うことに伴う、大分県からの利子補給金補助に対する県返納金を計上しているとの説明がなされました。  農林水産課関係では、ことし6月に新たに就農しました青年就農者に対する給付金を計上しており、この給付金に対する県の補助率は100%であるとの説明がなされました。   もっと読む
2017-09-27 大分市議会 平成29年第3回定例会(第6号 9月27日) また、業種を問わず、本社機能移転企業に対する助成金も含まれています。大分市経済を根底から支えているのは、地元の中小業者や小規模事業であり、このような中小業者の支援拡充こそ、地域の経済効果に結びつくものと考えます。  第8款土木費、横尾公共団体土地区画整理事業は、幹線道路にアクセスせず、メリットも少なく、一部のためという指摘もある事業であり、認められません。 もっと読む
2017-09-26 別府市議会 平成29年第3回定例会(第4号 9月26日) ○13番(萩野忠好君) それではスポンサー、あるいはまた協力会社などの業種はどういうところでしょうか。 ○観光課長(松川幸路君) お答えいたします。  御支援をいただきました法人等につきましては、サービス業や建設業、製造業、運送業、医療関係等多種多様な業種の法人等から御支援をいただきました。 ○13番(萩野忠好君) それから、現地では親子連れが多かったですよね。 もっと読む
2017-09-20 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月20日 建設分科会) 残高で申しますと、業種としてホテル業界ということで1,500万円程度がございます。その次もホテル業者として約350万円、もう一つもホテル業者として約260万円です。 ○宮邉副分科会長   名称を隠したままでその資料をいただくことは可能ですか。 ○藤野下水道営業課長   可能な範囲の情報ということでよろしいですか。 ○宮邉副分科会長   はい、可能な範囲でお願いします。   もっと読む
2017-09-19 大分市議会 平成29年第3回定例会(第5号 9月19日) また、業種を問わず、本社機能移転拡充をする企業に対し助成金を支出しようとするものですが、大分市経済を根底から支えている地元中小業者や小規模事業への支援こそ拡充するべきです。  8款土木費、4項都市計画費には、大分城址公園整備活用事業に係る経費としてイルミネーション実施等委託料2,500万円が措置されています。 もっと読む
2017-09-14 大分市議会 平成29年地域活性化対策特別委員会( 9月14日) ○福間副委員長   空き店舗率は過去10年では最高ということになっていますが、空き店舗になった業種、一番多い地域、そして、空き店舗になった背景・要因について説明してください。 もっと読む
2017-09-13 大分市議会 平成29年文教常任委員会( 9月13日) グローバル化が急速に進展する中で、外国語によるコミュニケーション能力は、これまでのように一部の業種や職種だけでなく、生涯にわたるさまざまな場面で必要とされることが想定され、小学校段階においてもその能力の向上が喫緊の課題となっております。   もっと読む