88件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津市議会 2019-12-20 12月20日-08号

その内容は、平均0.1パーセント月例給引き上げと、期末勤勉手当の0.05月引き上げというものです。 執行部は、人事院や、今述べた、大分人事委員会勧告に準じて、一般職職員給与条例の一部改正の提案を行っております。 このことについては、これまでもそのようにしてきたといういきさつから、異論はないと考えます。 

別府市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第7号12月20日)

まず、議第126号特別職常勤職員給与及び旅費に関する条例等の一部改正について、及び議第127号別府職員給与に関する条例等の一部改正についての2議案は、予算議案と同様に、人事院勧告等により特別職期末手当引き上げ、及び職員給料月額期末勤勉手当引き上げるための条例改正であるとの説明がなされました。  

竹田市議会 2019-12-20 12月20日-05号

2ページ以降は、期末勤勉手当及び職員共済組合等負担金市町村共済組合負担金」等に関する金額を対応するページのとおり減額する。議案第111号 令和年度竹田農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)に関する修正案について 議案第111号令和年度竹田農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について、一部を次のように修正する。

竹田市議会 2019-12-12 12月12日-04号

今回の一般職で言いますと、期末勤勉手当人事院勧告に伴う増額は687万5千円であります。一方、これまで実施してきております職員給与カットでありますが、約5,000万円でありますので、そういった意味合いからも、これまで職員は苦労しているということで、今回の人事院勧告どおり増額するようにいたしました。以上であります。

中津市議会 2019-12-11 12月11日-06号

総務部総務課長黒永俊弘)  特別職期末手当改定につきましては、一般職職員期末勤勉手当改定幅や国の特別職期末手当改定状況等を参考に必要性を判断していまして、これまでも一般職職員に準じて改正をしてきたところでございます。国の改正法案におきましても、本市と同趣旨の説明文となっているところであります。以上です。 ○議長(山影智一)  川内議員

宇佐市議会 2019-12-03 2019年12月03日 令和元年第5回定例会(第2号) 本文

主な歳出補正内容につきましては、市議会議員に係る期末手当が四十七万五千円、特別職及び一般職に係る期末勤勉手当が五百九万千円などの増額となっております。  議第百四号は、宇佐会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例制定についての件でございますが、これは地方公務員法の一部改正に伴い、会計年度任用職員給与及び費用弁償について必要な事項を定めるため、制定をするものであります。  

津久見市議会 2018-12-21 平成30年第 4回定例会(第4号12月21日)

本件は、国家公務員給与に関する人事院勧告及び大分人事委員会勧告等を勘案し、一般職給料期末勤勉手当、扶養手当特別職常勤職員期末手当及び議員期末手当に関し、所要改正を行うもので、委員から、人事評価の導入と反映について、改正による給与手当等影響額について質疑があり、答弁がありました。  審査の結果、内容も理解できましたので全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。  

臼杵市議会 2018-12-21 12月21日-05号

その内容としては、人事院勧告大分人事委員会勧告等に準じて職員給与水準平均0.2%、期末勤勉手当を0.05月分の引き上げ、あわせて常勤特別職市議会議員期末手当を0.05月分引き上げるものです。また、管理職手当を現在の定率から定額に定めるもの、常勤特別職退職手当支給割合を3.37%の引き下げ、職員職務給を8級制から7級制に移行させるほか所要改正を行うものです。 

中津市議会 2018-12-20 12月22日-08号

また、期末勤勉手当が0.05月増となっています。これに伴い、給料が約1,000万円、勤勉手当が約2,300万円の増額補正予算となっています。続いて、減額補正要因についてです。平成22年度から続いていた現給補償制度、これは給与構造改革に伴う現給補償を廃止したことにより、これで約1,600万円の減額補正となっています。

宇佐市議会 2018-12-19 2018年12月19日 平成30年第4回定例会(第7号) 本文

次に、議第百二十七号 平成三十年度宇佐一般会計補正予算(第五号)ですが、今回の補正予算は、人事院勧告に基づく国家公務員給与改定に準じて市議会議員市長、副市長及び教育長期末手当の額並びに職員給料期末手当及び勤勉手当の額を改正するなどに伴う予算を追加するもので、主な内容につきましては、市議会議員に係る期末手当が四十九万五千円、特別職及び一般職に係る期末勤勉手当が一千百八十万六千円などの増額

別府市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第7号12月14日)

まず、議第102号特別職常勤職員給与及び旅費に関する条例等の一部改正について、及び議第103号別府職員給与に関する条例等の一部改正についての2議案は、予算議案と同様に、人事院勧告等により特別職期末手当引き上げ、及び職員給料月額期末勤勉手当引き上げるための条例改正であるとの説明がなされました。  

大分市議会 2018-12-11 平成30年文教常任委員会(12月11日)

2点目は、期末勤勉手当改正でございます。本年度12月期期末勤勉手当支給月数を0.05月分引き上げることとしております。平成30年度は12月期に配分し、平成31年度以降は期末手当勤勉手当ともに6月期、12月期に均等に配分することとし、施行年月日はそれぞれ平成30年12月1日、平成31年4月1日でございます。  3点目は、扶養手当改正でございます。

津久見市議会 2018-12-04 平成30年第 4回定例会(第1号12月 4日)

本件は、国家公務員給与に関する人事院勧告及び大分人事委員会勧告等を勘案し、一般職給料期末勤勉手当、扶養手当特別職常勤職員期末手当及び議会の議員期末手当に関し、所要改正を行うものであります。  議案第73号は、平成30年度一般会計予算補正についてであります。