1663件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-07-12 令和元年厚生常任委員会( 7月12日)

この事業が物すごく幅広い方に親しまれていることを考えると、有効に活用されていると考えるべきだと思います。今後、料金を上げて、利用回数が減っていくと、この事業のあり方として後退するものだと思います。この事業について、どのような認識を持っているのでしょうか。必要性はそこまでないということか、それとも今後も、高齢者の外出機会を保障するために大事であるというのか、その点についてお聞かせください。

大分市議会 2019-07-11 令和元年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 7月11日)

公共建築物プラントの保有量の最適化では、小学校余裕教室等、7教室児童育成クラブとして利用し、定員拡大とともに空き教室有効活用によるコスト削減を図るなどいたしました。  4ページをごらんください。  4つ目の柱であります「合理的・効率的な事業手法による行政運営」についてでございます。  

大分市議会 2019-07-11 令和元年建設常任委員会( 7月11日)

このようなことから、本計画区域が将来にわたって鶴崎地域の中心的な役割を果たしていくため、鶴崎市民行政センターを核とした鶴崎公民館や鶴崎公園等の各施設間の連携を図るともに、既存施設有効活用を基本として施設整備を行い、行政機能や教育文化機能、福祉機能などの充実及び緑の保全を図っていくとしております。  

大分市議会 2019-07-11 令和元年文教常任委員会( 7月11日)

そのようなことから、本計画対象地区が将来にわたって鶴崎地域の中心的な役割を果たしていくため、鶴崎市民行政センターを核として、鶴崎公民館や鶴崎公園などの各施設間の連携を図るとともに、既存施設有効活用を基本とした施設整備を行い、緑の保全及び行政機能や教育文化機能、福祉機能等の充実を図ることといたしています。  

大分市議会 2019-07-11 令和元年厚生常任委員会( 7月11日)

こういう部分はやっぱり子ども医療費に回すとか、ちゃんと有効に使っていかないといけないと思いますので、その点はぜひ御検討していただければと思います。 ○田島委員長   それでは、続きまして、報告議案の審査をいたします。  報第1号、専決処分した事件承認について、平成30年度大分市一般会計補正予算第4号第1条歳入歳出予算の補正、歳出第3款民生費のうち、子どもすこやか部関係の審査を行います。  

大分市議会 2019-07-10 令和元年厚生常任委員会( 7月10日)

今後、引き続きバス事業者などの協力を得て、ICカードの導入や、その他利用実績の把握に有効な方法を調査することを希望する。  次に、利用者の対象要件でございます。  平均寿命の延伸や少子高齢化が進む中、高齢者像も変化しており、元気な高齢者社会での活躍を求める声も少なくない。近年、生涯現役社会の実現も言われる中、本事業の趣旨に合わせた見直しも求められている。

大分市議会 2019-07-10 令和元年文教常任委員会( 7月10日)

こうした中、バリアフリー化の推進等、これからも長く活用できる施設としての施設整備が望まれており、また、平成29年度の市議会事務事業評価での拡充の評価を受け、施設の機能強化もあわせて実施する必要がありますことから、昨年度は、機能強化に向けた有効な方策についての調査をいたしたところでございます。  

大分市議会 2019-07-09 令和元年第2回定例会(第7号 7月 9日)

これまでの3年間の調査では、延べ約200キロメートルの調査を行い、105カ所の空洞が発見されており、道路の陥没を未然に防ぐ予防保全的な調査手法として有効であると判断しております。このため今後も、市民生活への影響が大きい幹線道路や、陥没のおそれが比較的高い海岸線に近い路線、陥没履歴がある路線などを中心に調査を行い、市民安全・安心な道路空間や、交通物流ネットワークの確保に努めてまいります。

大分市議会 2019-07-08 令和元年第2回定例会(第6号 7月 8日)

今後とも、地球環境保全の観点から、持てる資源有効に活用し、市民、事業者の協力を得ながら、再生可能エネルギーの利活用の普及促進を図ってまいりたいと考えております。 ○議長(野尻哲雄) 岩崎議員。 ○20番(岩崎貴博) 持てる資源有効に活用するという点で、私は、大分市は未来を感じさせるものがあるというふうに考えております。

大分市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第4号 7月 4日)

市の業務の透明性、公平性を担保し、税金の有効な使途に対する市民の信頼をつなぎとめておくためにも必要と考えますが、市長のお考えをお聞かせください。  次に、補助金を交付する場合の要綱についてお聞きします。  新規の補助金交付事業は、補助金目的や期待される効果などについて、予算上程の際に議会に説明があります。そして、予算成立後に補助金交付手続のための要綱が作成され、公表されてきました。  

大分市議会 2019-07-03 令和元年第2回定例会(第3号 7月 3日)

また、自動運転でございますとか、ドローンなど新たな技術を積極的に導入することによりまして、限られた人材有効活用を図って、社会の活力を維持してまいりたいというふうに考えているところでございます。  次に、市民部関連についての2点の御質問にお答えを申し上げます。  1点目のマイナンバーカードについてでございます。  

大分市議会 2019-07-02 令和元年第2回定例会(第2号 7月 2日)

大会終了後にも市主催のイベントを行い、利活用を図っていくとのことですが、名称も正式に決まり、ネーミングライツの導入も有効な活用策の一つではないかと考えております。  改めてお伺いいたしますが、祝祭の広場の利活用について、ネーミングライツの導入や事業効果検証についての基本的な考え方をお聞かせください。  次に、子供を取り巻く教育環境について質問いたします。  

宇佐市議会 2019-06-20 2019年06月20日 令和元年第3回定例会(第6号) 本文

二点目は、元号スポーツに対する国民的な関心の高いこの時期に、平成から令和にかけて広域的なスポーツ施設に大規模なリニューアルをした宇佐市平成の森公園の改修内容を広く周知し、今後の有効活用を図るために、宇佐市平成令和の森スポーツ公園に名称変更を行うものの内容となっております。  

津久見市議会 2019-06-20 令和元年第 2回定例会(第2号 6月20日)

御承知のとおり、空き家情報バンク制度は、空き家の有効活用を通じた移住定住促進を目的としています。制度発足から現在に至るまで、空き家の利用を希望する登録者は35名であり、その内訳は、市外在住者21名、市内在住者14名となっています。また、空き家所有者との売買及び賃貸契約成立した件数の推移は、平成27年度1件、平成29年度5件、平成30年度4件の計10件であり、そのうち5件が市外在住者です。  

宇佐市議会 2019-06-18 2019年06月18日 令和元年第3回定例会(第5号) 本文

議員御指摘の地区の放送設備等の活用につきましては、市全体の取り組みとすることは難しいですが、地域協力をいただければ有効な方策の一つであろうと考えます。  三点目、中学や高校に通学する生徒の交通手段についての課題と対策はについてですが、現在中学生の通学における交通手段は、主として自転車やスクールバス路線バス等であります。  

宇佐市議会 2019-06-17 2019年06月17日 令和元年第3回定例会(第4号) 本文

│      ┃ ┃      │ (2)エゴマは機能性食品とかスーパーフー  │      ┃ ┃      │  ドとして取り上げられ、高血圧予防と  │      ┃ ┃      │  改善策としてとても有効なものであ   │      ┃ ┃      │  り、調べてみると九州管内ではあまり  │      ┃ ┃      │  特産化されていない。