8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

竹田市議会 2019-09-11 09月11日-03号

また、実際には成年後見制度利用していないものの、将来的に成年後見制度利用に移行すると思われる予備軍として、社会福祉協議会日常生活自立支援事業の一環として、通帳管理を主とする「安心サポート事業」の利用者は、平成28年度末が46名、平成29年度末が44名、平成30年度末が51名となっており、現在、待機者が4名おります。

津久見市議会 2014-09-17 平成26年第 3回定例会(第3号 9月17日)

現在は、社会福祉協議会において、軽度の認知症や知的障がい者、精神障がい者などで判断能力が十分でない方を対象に、日常生活を営むのに必要なサービスが利用できるように支援する日常生活自立支援事業を行っております。現時点では8名の方が利用されております。  次に、(2)市民後見制度の導入をについてお答えいたします。  

別府市議会 2014-06-16 平成26年第2回定例会(第4号 6月16日)

その対策として、御本人の希望があれば生活保護費支給方法を変更することや、社会福祉協議会安心サポート日常生活自立支援事業成年後見人制度利用などを進めて対応をしております。  今後とも福祉関係課社会福祉協議会などの関係団体との連携を進める中で、貧困ビジネスの発生を監視していくとともに、生活保護者の状況に応じた適正な実施に向け努力してまいりたいと考えております。

津久見市議会 2011-09-15 平成23年第 3回定例会(第2号 9月15日)

福祉事務所長増田浩太君)  事業名日常生活自立支援事業というようなことらしいんですけども、今現在利用している方は5件ほどあると。5名の方がいらっしゃるということです。内訳が高齢者が3件、知的障害の方が2件というふうに聞いております。 ○議長髙野幹也君)  清水美知子君。 ○12番(清水美知子君)  今は利用者もいないということなんですけども、市民の中にはやはり入院するときに保証人がいない。

  • 1