48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津市議会 2020-06-11 06月11日-02号

これは、先ほど来、市内に住む65歳以上の方を対象として構成される世帯が、特殊詐欺防止機能付電話機及び同機能を有する周辺機器を導入する場合に経費の一部を補助するという内容ですが、今回のこのコロナ禍給付金を狙った詐欺被害も警戒されているわけですけれども、電話を介した振り込め詐欺被害は、既に17年間の歴史というのがあるのですけれども、近年減少はしてきているものの、手口がより巧妙になって、今後も続くものと

宇佐市議会 2020-02-18 2020年02月18日 令和2年第1回定例会(第1号) 本文

地域の安全に関しましては、振り込め詐欺被害等に効果的な迷惑電話防止機能つき電話機購入助成事業を新設するとともに、安全安心パトロール車による通学路及び学校等周辺パトロールや、運転免許証を返納した高齢者に対するバスやタクシー回数券交付を継続いたします。  国際交流については、国際感覚を身につけた人材を育成するため、高校生短期留学語学力向上促進取り組みます。

別府市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第5号12月12日)

それで、まず、大まかなところはもう結構ですので、まず別府市のこと、そしてまた、今「特殊詐欺」という呼び方をしていますが、もともとは「オレオレ詐欺」ですとか「振り込め詐欺」、こういう呼び方が多かったと思うのですけれども、今は「特殊詐欺」という呼び方をしていますが、その内訳といいますか、分類並び別府市の被害状況、これに対してお答えください。 ○防災危機管理課長(田辺 裕君) お答えします。  

宇佐市議会 2018-12-04 2018年12月04日 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

振り込め詐欺のほうについては、被害者を慌てさせて判断力を失うのが振り込め詐欺手口だそうなので、急いで振り込まないで、おかしいなと思ったときは冷静に判断する必要があります。お金がなきゃですね、必ず第三者の方にそういった相談だとか必ずやって一人で判断しないことも、防げることだと私は思っております。私は絶対大丈夫という方がですね、ひっかかりますんで、十分注意していただきたいというふうに思います。  

宇佐市議会 2017-06-28 2017年06月28日 平成29年第3回定例会(第7号) 本文

テロ組織、暴力団、薬物密売組織振り込め詐欺集団などが典型で、民間団体労働組合対象になりません。ましてや共謀罪対象は組織的な重大犯罪であり、一般市民対象になることはありません。公明党が構成要件を厳格にしたことで、捜査権の乱用に歯どめをかけました。警察逮捕家宅捜査などの強制捜査をするためには裁判所の令状が必要ですが、犯罪の嫌疑がなければ、逮捕捜査令状は交付されません。

中津市議会 2017-03-15 03月15日-05号

二つ目、知らない人からの電話は相手にしない、電話勧誘販売、買え買え詐欺振り込め詐欺3番目、もうけ話は疑ってかかる、利殖商法サイドビジネス商法マルチ商法。4番目、うまい話には裏があるので近づかない、無料商法睡眠商法、薬効をうたった商法開運商法。5番目、目的のはっきりしない勧誘は断る、キャッチセールス当選商法。6番目、通信販売、普段の買い物より慎重に、通信販売トラブル、にせ通販サイト

豊後大野市議会 2016-09-07 09月07日-02号

それから、今議員もおっしゃいましたけれども、適宜、犯罪が発生した場合、振り込め詐欺とか、あるいは不審者情報、それから高齢者の行方不明も今、市役所のほうに放送依頼警察からございます。こういった案件につきましては、即座に対応して、音声告知放送等を通じて市民の皆さんに注意喚起をしていく、そしてまた協力のお願いもしていくということを続けてまいりたいと思います。 

大分市議会 2016-06-23 平成28年総務常任委員会( 6月23日)

この節では、地域における犯罪抑止力脆弱化が懸念され、また高齢者などを狙った振り込め詐欺などの特殊詐欺が増加するなど憂慮すべき状態にあることから、72ページに記載しております市民一人一人の防犯意識の高揚や防犯体制の強化を図り、安全で住みよい地域社会を実現します。目標設定といたしまして、自主防犯パトロール活動自治区数を掲げているところでございます。  次に、94ページをお開きください。

中津市議会 2016-03-03 03月03日-03号

なお、採用にあたりましては、パトロールの質と市民サービス向上のため、現場対応現場で受けた事案等への行政サービスができるとか、あと振り込め詐欺被害防止交通事故防止のための知識や対応能力を持っているかといったところを重視して、行いたいと考えています。 ○議長古江信一)  荒木議員。 ◆7番(荒木ひろ子)  では、次に行きたいと思います。136ページの児童福祉総務費です。 

宇佐市議会 2016-03-03 2016年03月03日 平成28年第1回定例会(第4号) 本文

その結果として、今までの防災時だけの無線ではなくて、行方不明者捜索協力依頼があったり、交通安全月間の周知であったり、また、振り込め詐欺等の注意喚起であったり、そういった市政のお知らせなど、災害時以外にも住民にとって重要な情報源となっているというのを認識しております。  

別府市議会 2015-03-18 平成27年第1回定例会(第6号 3月18日)

特殊詐欺には、4種類の振り込め詐欺とそれ以外の産業がございます。1つはおれおれ詐欺。これは、親族や弁護士などを装って電話をかけ、会社の横領金の補填や妊娠による示談金支払い等を名目に現金口座に振り込ませるものであります。2つ目架空請求詐欺。これは、郵便やメールなどを利用して不特定な者に対して架空の料金を請求する文書などを送付し、現金口座に振り込ませるものです。3つ目融資保証金詐欺

中津市議会 2015-02-27 02月27日-02号

それから最近は市の職員を名乗って振り込め詐欺とかあるので、やはりこの分についてはどうしてもできないということで、平成27年度につきましても、やはり回数を重ねて未申請の方には通知をしていこうというふうに考えております。以上です。 ○議長古江信一)  福議員。 ◆8番(福元義)  では、よろしくお願いします。 では、次にいきたいと思います。194ページですね。

宇佐市議会 2014-09-11 2014年09月11日 平成26年第3回定例会(第4号) 本文

一点目市内における詐欺事件振り込め詐欺悪質訪問販売等発生状況及び防止対策。  二点目、市内における不審者出没案件及び犯罪を未然に防ぐための対策。  三点目、市民犯罪から守るため、今後どのような取り組みが必要と考えているか。  四点目です。宇佐市にも社会体育施設、いろんな施設があると思いますが、その施設管理状況についてお伺いします。  一点目、市が所有する社会体育施設は何施設か。

宇佐市議会 2014-09-09 2014年09月09日 平成26年第3回定例会(第2号) 本文

個人情報漏えいによる振り込め詐欺等が増加しており、他者が取得しました住民票などの本人への通知制度を全市民対象にしてはいかがかということでございます。  三点目、生活道路への重量車両、特に工事用ダンプカー等走行制限についてであります。近年、農地の太陽光発電施設用地駐車場用地への転用がふえて、大型重量車両が農道や生活道路を走行し、アスファルト舗装路面の陥没や破損が散見されます。

中津市議会 2014-03-13 03月13日-07号

◆6番(松葉民雄)  それと併せて、この臨時福祉給付金や、子育て世帯特例給付金について、それに便乗して、振り込め詐欺等の問題等、また個人情報の漏えい等含めていろいろな問題が出てくると思うのですが、その対策についてお伺いしたいと思います。 ○議長武下英二)  福祉部長。 ◎福祉部長後藤義治)  振り込め詐欺等々の、そういったことも当然想定できるかというふうに思います。

津久見市議会 2013-12-10 平成25年第 4回定例会(第2号12月10日)

特に近年は消費者教育部分金銭教育部分、今、振り込め詐欺ですとかいろいろな詐欺対策部分でそういったものを学ぶ機会学校を卒業すると全くないという状況があるのかなと。興味を持たないとなかなか難しいという部分がありますし、特に高齢者被害に遭う機会が多い。高齢者だけではなくて若年層も最近被害に遭う環境でもあると。

中津市議会 2011-12-12 12月12日-04号

続きまして成年後見人制度ですが、これは今振り込め詐欺等、非常に高齢者に対しての巧みなやり方で、被害者もたくさん出ていますけれども、そういう意味で、今お元気であっても、場合によってはそういう精神的な障がい、もしくは痴呆等いろんな形で判断ができなくなってしまってからでは、そういう後見人にしても難しくなってくると思うので、ある意味本人の意思がしっかりしているときに、こういうのを少しでも早く取り組みをやるべきではないかと

津久見市議会 2011-06-17 平成23年第 2回定例会(第3号 6月17日)

また、振り込め詐欺や強引なセールスも発生している。高齢者の多くは、自宅に閉じこもることが多くなり、生活習慣病や心の病気に陥るという現状であります。そこから寝たきり高齢者認知症高齢者介護等が必要となります。限界集落に住む高齢者の中には、息子や娘との同居を嫌い、今住んでいる生まれ育った地域で住むことにおおむね満足し、そこをついの住みかとし、永住を希望している。