1347件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第6号 9月26日)

業務の過重負担、職員の入れかわり、経験、技術の継承など、さまざまな問題も懸念されます。  4款衛生費3項清掃費6目ごみ減量リサイクル推進事業、有料指定ごみ袋事業として、指定ごみ袋作製等業務委託費などが3億3,932万2,000円となっています。  家庭ごみ有料化は所得の低い人ほど負担が重い制度であり、有料化すべき業務ではありません。ごみ減量の推進は市民の理解と協働によって行うべきです。

別府市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第6号 9月20日)

また、委員から、落札率が99.86%になった要因について質疑がなされ、当局から、落札共同企業体の代表企業への聞き取りによると、専門工種に係る工事費や建設資材単価の高騰のほか、民間の手持ち工事が多く、技術者の配置や下請業者の確保が厳しい状況にあったこと等が影響したためであるとの回答がなされました。  

大分市議会 2019-09-19 令和元年決算審査特別委員会( 9月19日 総務分科会)

○小林防災危機管理課長   技術的にできる分とできない分がございまして、できる分については全て昨年度対応しているということでございます。残りについては給水車等で対応するということでございます。 ○倉掛分科会長   災害時に学校プールにたまっている水っていうのは何らかの形で使えるのですか。

別府市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5号 9月18日)

具体的に申しますと、料金のお問い合わせなどの窓口業務や給排水設備の申請業務などによりまして市民サービスの向上が期待できるとともに、上下水道部門の相互連携、指揮命令系統の一元化によります災害時での対応の強化、水道下水道工事の双方の技術の取得によります職員のスキルアップと技術の伝承、そして、共通の会計システムを扱いますので、経費の節減とメンテナンスなどの利便性の向上、また、将来的には人件費等の共通経費

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 総務分科会)

○小野企画課長   財源とか技術的な問題とか、あと多くは地域バランス、当然、市域全体に影響するものと、個別の地域だけで実現可能なものというところも、十分精査をしながら検討を進めていきたいと考えております。 ○井手口委員   もう1点。Wi-Fiアクセスポイント動線分析サービスというのは、どのような成果品が出てくるのでしょうか。

津久見市議会 2019-09-18 令和元年第 3回定例会(第3号 9月18日)

この提案は、津波に巻き込まれても水面に浮くことができ、呼吸さえできれば助かるのではないかということから、海上・港湾航空技術研究所などの研究チームで実験した結果、その有効性が確かめられています。  次に、南海トラフ地震津波対策をとらなければ、家屋の全壊が2,762棟、半壊2,932棟、死者1,957人、負傷者1,058人と、本市は壊滅的な打撃を受けてしまいます。

別府市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第4号 9月17日)

1者入札となりました要因といたしましては、応札可能業者がいずれも建築一式A等級業者であり、その時点の民間発注の手持ち工事量が相当量あったこと、これに伴う配置予定技術者の不足があったことに加え、下請業者の確保も困難であったのではと推察しております。 ○18番(平野文活君) この1者入札というのが、長野市政になって非常に増えているというふうに思います。

大分市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第5号 9月17日)

技術の進歩は目を見張るものがありますが、安全性や快適性など技術開発、改良が途上であることは明白です。システムトラブル時の対処など国際的にも結論が出ておらず、不安感は払拭されていません。多額の車両費の購入は、国の法整備などを待って慎重に検討すべきと考えます。  以上の理由から、議第91号、低速電動バスの購入について反対いたします。  次に、請願、陳情についてです。  

津久見市議会 2019-09-17 令和元年第 3回定例会(第2号 9月17日)

まず、担い手育成・確保として、短期間の体験型研修や就農研修制度、就農後の経営技術向上のためのみかん塾を整備しています。  また、県内外で開催される新規就農相談会に出展し、市外からの担い手を確保できるよう取り組むとともに、8月には津久見市独自で生産者募集セミナーを開催したところです。

別府市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号 9月13日)

さまざま技術的に難しい面ということもあるでしょうけれども、ぜひともこれから高齢化が進む、ひとり暮らしの高齢者が増えるということも踏まえて善処していただきたいということをお願いして、この項目を終わりたいと思います。ありがとうございました。  次に、選挙のことでお尋ねをしたいと思います。  

宇佐市議会 2019-09-13 2019年09月13日 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

│       ┃ ┃      │九、多文化共生やインバウンド観光振興に  │       ┃ ┃      │ おけるAI(人工知能)通訳機の活用に  │       ┃ ┃      │ ついて                 │       ┃ ┃      │  音声通訳機の技術革新は著しく、急速  │       ┃ ┃      │ に普及が進んでいる。

大分市議会 2019-09-12 令和元年経済環境常任委員会( 9月12日)

今後も家畜の改良と飼養管理技術の向上により、畜産振興を図ってまいる所存であります。結果につきましては、後ほど御報告をさせていただきます。  また、9月20日から始まるラグビーワールドカップ2019日本大会の期間中には、関連するイベントとして、大分市産品などの魅力を積極的に発信してまいります。取り組みにつきましては、後ほど説明させていただきます。  

大分市議会 2019-09-12 令和元年総務常任委員会( 9月12日)

なお、対象となる工事は、技術評価点と入札価格で落札決定をいたします総合評価落札方式の入札でございます。価格競争の入札の場合には、従来同様に右の最低制限価格制度を適用しております。  左のページでございます。(3)番の具体的な算定方法でございますけれども、本市の調査基準価格の算定式は、国、大分県と同じです。まず、調査基準価格は、設計金額のそれぞれの費目に対しまして、率を乗じて割合を出します。

大分市議会 2019-09-12 令和元年建設常任委員会( 9月12日)

○岩崎委員   特段、市民に対する理解が進んだと私は思えませんので、会派としては事業のときに危険性というところは反対したのですけれども、今後、技術は上がっていくものというふうに思いますので、時代の流れというのはあるのでしょうが、やはりそういった市民の理解を進めるのが先ではないかというふうに思います。  レンタルとかも手があるのではないかと思いますので、購入ということには反対とさせていただきます。

大分市議会 2019-09-12 令和元年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 9月12日)

このうち、16ページの41番、いじめ・不登校対策の充実は、大分市いじめ・不登校対策議会の開催や、教職員へのカウンセリング技術指導助言などにより、相談体制の整備、充実に取り組むものでございます。評価指標をスクールカウンセラー配置校における校内研修会等の実施率とし、評価を二重丸としております。

宇佐市議会 2019-09-12 2019年09月12日 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

│      ┃ ┠──────┼─────────────────────┼──────┨ ┃十四番   │一、宇佐市の未来に必要な人材技術職や  │市長    ┃ ┃辛島光司君 │ 資格が必要な専門職について       │および   ┃ ┃      │ (1)今後、人材不足が危惧される専門職   │担当部課長 ┃ ┃      │  は。

大分市議会 2019-09-11 令和元年経済環境常任委員会( 9月11日)

次に、随意契約についてですが、清掃工場設計、施工した請負業者の特許に係る特殊な設備が多いことから、開発者以外の者では性能や構造等の詳細なデータが不足し、本工事の施工に関して重大な支障を来すこと、また、ごみ処理の関係上、限られた工事期間での施工が必要となることなどから、工事施工に関しての高い技術や多くの工事実績を持つことが必要不可欠となります。

宇佐市議会 2019-09-11 2019年09月11日 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

世界無形文化遺産というのは、ユネスコの無形文化遺産保護条約に基づいた登録制度でございまして、口承による伝統及び表現、芸能社会的習慣、儀式及び祭礼行事、自然及び万物に関する知識、工芸技術といった無形文化遺産で、人類の無形文化遺産代表的一覧表に登録されたものをいうというふうに言われております。  

大分市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第4号 9月10日)

許可申請を行われますと、県は、設置に関する計画が技術上の基準に適合すること、維持管理に関する計画が周辺地域の生活環境の保全及び周辺施設について適正な配慮がなされているものであること、申請者が施設の設置及び維持管理を的確にかつ継続して行うに足りる能力を有することなどの要件を満たしているかどうかを、厳正に審査することとなっております。