476件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第4号 7月 4日)

安倍首相が固執する改憲が強行され、憲法9条に自衛隊を書き込めば、現行9条2項の戦力不保持、交戦権否認の規定は空文化、死文化し、自衛隊は世界中の戦争に送り出されてしまいます。武力行使を目的にした海外派兵や集団的自衛権の行使が法律さえ通れば無制限で可能になります。まさに歯どめのない軍事大国への道になります。  安倍首相改憲への執念はいささかも軽視はできませんが、致命的な弱点があります。

大分市議会 2019-07-02 令和元年第2回定例会(第2号 7月 2日)

加えて、米中貿易戦争とも表現されているアメリカ中国における貿易問題の影響は、我が国企業のみならず、世界経済にも大きな影響を及ぼしつつあり、今後の経済指標を注意深く注視する必要があります。  本市の財政状況は、市民税や固定資産税などの自主財源は一定の水準を確保しており、市債残高も減少傾向にあります。

宇佐市議会 2019-06-18 2019年06月18日 令和元年第3回定例会(第5号) 本文

戦時中、どのような思いで仏の道をみんなが学んでいったのか、人としての生きる道を学んでいったのか、戦争というものをどのように受けとめていったのか、そこは私は知るすべはありませんが、知るための努力はこれからも続けていきたいというふうに思っているところです。  また、平成最後の改選が行われました。選挙カーでの走行距離は千キロを超えて、私が歩いた距離は十六万歩を超えました。ここで一つ問題がありました。

宇佐市議会 2019-06-17 2019年06月17日 令和元年第3回定例会(第4号) 本文

今、米中の関係で貿易戦争と言われておりますけれども、その裏に五Gの覇権争いがあります。この先、日本もグローバルスタンダードとして五Gに切りかわっていくことを見越した上でですね、このWi‐Fiの整備とか、そういったことも考えていっていただきたいなと思います。  近隣地域では、ケーブルテレビが網羅されております。しかし、宇佐市はケーブルがありません。

大分市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5号 3月19日)

新年度予算においても、安倍政権による大軍拡予算の計上と、9条2項に自衛隊の明記などの憲法改悪、自衛官募集のための18歳の名簿提出を自治体に求めるなど、戦争する国づくりへの危険な暴走が続いています。自衛隊アメリカ軍の一翼を担うという性格を強めることなどを含め、憲法平和条項にかかわる基本的立場から反対をいたします。  次に、同和対策事業であります。  

別府市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第6号 3月19日)

この25人の中の4名が、今回引退をされるというふうにお聞きをしておりますが、あと21名の皆さん方が、いよいよ選挙の真っただ中に入って……、市長はゆったりしておりますが、(笑声)議会は、これから大変な戦争が始まるわけであります。  ぜひ勝ち上がって、お互いに勝ち上がって、またこの議場に戻ってこられるように、お互いに決意をし合いたい、このように申し上げて、私の質問を終わりたいと思います。

大分市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4号 3月13日)

大会演説で安倍首相は、安保法制、戦争法の成立に触れた上で、いよいよ立党以来の悲願である憲法改正に取り組むときが来たと強調し、さらに、自衛隊の新規隊員募集に対して都道府県の6割以上が協力を拒否しているという悲しい実態があります、この状況を変えようではありませんか、憲法にしっかりと自衛隊を明記して違憲論争に終止符を打とうではありませんかなどと呼びかけています。  

大分市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号 3月11日)

しかし今日、世界経済は、米中貿易戦争イギリス離脱問題とEUの経済不安など、2年半前とは比較にならないほど不安定となり、リスクが高まっております。日本経済の現状という点でも、世界経済リスクという点でも、2年半前の安倍首相の言明がごまかしでなければ、ことし10月に増税などできるはずはないと考えております。  

宇佐市議会 2019-02-19 2019年02月19日 平成31年第1回定例会(第1号) 本文

また、引き続き米国太平洋航空博物館との相互交流を発展させるとともに、戦争遺構の保存と整備を図ります。  市民図書館では、一般資料や郷土資料、視聴覚資料などの収集整理に努めるとともに、施設機能を活用した展示会、講演会などを開催いたします。また、新たに図書館資料にICタグを貼付するなどICT化を図り、サービスの向上と業務効率化を図ります。

宇佐市議会 2018-12-19 2018年12月19日 平成30年第4回定例会(第7号) 本文

日本政府はこうした声を真摯に受けとめ、唯一の戦争被爆国として、地球上の核兵器廃絶に向けて主導的な役割を果たすべきだとの請願趣旨は妥当であり、賛成するものです。  昨年七月七日に国連で採択された核兵器禁止条約は、どういう特徴を持っているかを述べます。  一つには、この条約は、必ずしも実際に存在する核兵器を直ちになくすものではありません。

大分市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第3号12月 7日)

過去をさかのぼり、公民館誕生の経過を調べてみますと、公民館は、太平洋戦争の敗戦による混乱と荒廃の中で、郷土復興を掲げ、官と民が一体となってつくり出した社会教育施設で、教育民主化文化国家建設という形で生まれたと記されていました。戦前の社会教育の反省に立ち、学校とは別の独自の施設で、大人になっても学べる場として公民館は誕生したのです。  

大分市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第2号12月 6日)

明治維新から日露戦争当時の日本は、人口約3,000万人でしたが、それでも欧米列強に追いつきました。終戦直後も、日本人口は約7,000万人程度だったのですが、その後の驚異的な経済成長は誰もが知るところです。人口は国の身の丈であり、身の丈に合った社会経済の確固たる構築こそが論議されるべきであると考えるからです。  一方で、地域社会の活性化には常に新しい人材の確保が必要です。

宇佐市議会 2018-09-28 2018年09月28日 平成30年第3回定例会(第7号) 本文

討論では、朝鮮労働党と文大統領の会談で、敵対行為は行わない、一切の軍事行動は中止するなど朝鮮戦争の終結状態及び非核化のプロセスも始まったので、訓練の必要性そのものがないので採択をしてほしいとの討論や、この件に関しては、地元に影響がある部分は協議の場、情報収集の場として四者協議があるので、そちらを市長、議長、地元の議員も含めて最大限尊重する意味で採択に反対であるとの反対討論がありました。  

大分市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第6号 9月28日)

2015年9月、安倍政権によって安保法制――戦争法が強行採決されました。平和主義立憲主義民主主義破壊する歴史的暴挙に対し、廃止を求める多くの国民運動が広がっています。こうした中、自民党総裁選で3選を果たした安倍首相は、いよいよ憲法9条に自衛隊存在を明記することを示し、改憲国会提出について公明党と調整を行いたいなどと述べ、改憲前のめりの姿勢をあらわにしています。  

宇佐市議会 2018-09-14 2018年09月14日 平成30年第3回定例会(第5号) 本文

第五項目の第一点は、佐伯市平和祈念館やわらぎでは、近代日本は、日清・日露戦争に勝利し、アジア唯一の帝国主義国家となりました。韓国を植民地として、中国へと勢力を伸ばした結果、ついには日中戦争で大きな惨害をもたらしました。こういう形の表現があるけれども、宇佐市の仮称平和ミュージアムについても、戦争の加害と被害の実相を伝えるべきではないか。  

宇佐市議会 2018-09-12 2018年09月12日 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

途中からですが「七十歳以下の人が戦争を体験していない世代となり、戦争体験の存在証言は今後ますます貴重となってまいります。戦争が過去になればなるほど、これからを生きる私たち、特に未来の日本を担う子供たちにとって、戦争歴史学び、これからの日本が歩むべき道を見つめ続けていくことが大切です。なぜなら、戦争の悲惨さを知らずして平和の尊さを実感することなどできないからです。