155件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊後大野市議会 2020-12-20 12月20日-05号

これは、成年後見人の条項が削除されたもので、繰り上げ措置ということの一部改正でありますとの説明がありました。 委員から、議案の提案時期についての質疑があり、法に基づいて成年後見人を引用しているものを、9月定例会後もさらに詳細な調査をしまして、広範にわたるもので、時間を要しましたとの答弁がありました。 慎重審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものとして決定しました。 

豊後大野市議会 2020-09-27 09月27日-05号

委員から、権利制限についての質疑があり、地方公務員法特別職に当たる消防団などは、これまでの法律では、成年後見人制度利用すれば、欠格条項に適用されて職を辞さなければならないとありましたが、今回の法律で、被後見人になっても欠格条項に該当しないと地方公務員法が変わり、それによって消防団条例も変わるということですとの回答がありました。 

竹田市議会 2020-03-11 03月11日-03号

この権利擁護に対する体制取組状況、合わせて、これも以前、同僚議員のご質問ございましたけれども、成年後見制度に関わる現状対応策、これについてお伺いをいたしたいと思います。 ○議長佐田啓二君) 社会福祉課長社会福祉課長志賀郁夫君) お答えいたします。まず対象となると思われる竹田市の高齢者等状況につきまして、少し触れたいと思います。

中津市議会 2020-03-10 03月10日-05号

講座の内容といたしましては、成年後見人には特に必要な資格はありませんが、後見業務などを行う上で必要な知識として成年後見制度の概論、医療介護福祉に関する基礎知識、税、年金、消費生活問題や財産目録収支報告書の作成などといった幅広い知識の習得を目的としたものとしています。以上です。 ○議長山影智一)  吉村議員

宇佐市議会 2020-03-04 2020年03月04日 令和2年第1回定例会(第6号) 本文

議第十九号 宇佐市印鑑条例の一部改正についての一点目、考えられる市民生活でのプラス面はについてですが、今回の改正では、今まで印鑑登録ができなかった成年後見人の方が条件を満たせば印鑑登録ができるようになることと、印鑑登録証明書から性別の記載を削除することの二点を改正目的としております。  

臼杵市議会 2020-03-03 03月03日-01号

次に、1月1日、臼杵社会福祉協議会業務委託している臼杵市民後見センターに、県内では初めてとなる中核機関を設置しました。 中核機関とは、認知症や知的障がいなどで判断能力が不十分な人を支援する成年後見制度において、利用者相談窓口家庭裁判所など関係機関同士を調整する役割を担うもので、昨年10月に作成した臼杵成年後見制度利用促進基本計画に基づき設置したものです。 

津久見市議会 2020-03-03 令和 2年第 1回定例会(第1号 3月 3日)

本件は、成年後見人の権利制限に係る措置適正化等を図るための関係法律整備に関する法律施行に伴い、国が定める印鑑登録証明事務処理要領も、成年後見人または被保佐人規定が削除されたことから、所要改正を行うものであります。  次に、議案第5号は、津久見市消防団条例の一部改正についてであります。  

竹田市議会 2020-03-03 03月03日-01号

福祉分野においては、成年後見制度等利用促進を図るため、地域共生社会支援体制構築事業取り組みます。また、障害者自立支援事業高齢者生活支援事業取り組み福祉施策の充実に努めます。健康、医療環境分野においては、就学前に追加接種する不活性化ポリオワクチン及び三種混合ワクチン行政予防接種として実施します。

中津市議会 2020-02-21 02月21日-01号

53番、地域福祉活動推進事業は、成年後見制度利用促進基本計画策定に向けて委員会を開催し、中核機関を立ち上げるための講習会等を実施していきます。 21ページをお願いいたします。 78番、障害者福祉一般事業は、東京2020パラリンピック開催にあたり、市民の関心・理解を深め、大会の機運を高めるため、障がい者による採火イベントを開催いたします。