運営者 Bitlet 姉妹サービス
992件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-25 別府市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日) また仕事の面でいけば、就労の面でいけば、大分市役所ではハローワークと連携してワンストップ窓口をつくっておりますので、ぜひとも研究して構築していただきたい、このように思っているところでございます。この項につきましては、以上でございます。  続きまして、医療的なサポートが必要な児童生徒への対応についてということで質問をさせてもらいたいと思います。   もっと読む
2018-06-19 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−03号 田舎暮らしの高齢者が免許証を返納するということは、役所の用事、買い物、病院通い、その他もろもろのことについて移動手段は全て人頼みとなり、身を守るという大きな要件があるとはいえ、不便を覚悟の上の大変な英断だと思います。家族に運転できる人がいればいいが、そうでなければ、日常における生活がより厳しくなります。  支援策として交付される券は1回限りです。 もっと読む
2018-03-20 別府市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月20日) この別府市役所、職員さんも29名の方が退職なされるということで、人によっては35年、そういう長きにわたって別府市民の福祉向上のために職務されてきたと思います。私も1年生議員で、まだこの場で3年しか活動しておりませんが、皆さんに真摯に向き合っていただいていろんな忠告、御助言をいただきました。この場をお借りして感謝申し上げたいと思います。   もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) 何かあれば役所に行くのです。  今、亀川の高齢者、まだこう言っています、「役場に行くのだ」。「出張所」と言いません、「役場に行くのだ」。  まだ言いたいことがある。さきの議会で、亀の甲があの熊本地震で大きな震災を受けました。市長の温かい配慮をいただいて、今立派に復旧ができて、周りの高齢者の方が毎朝掃除をしてくれている。その亀の甲は、亀川の発祥の地とされています、発祥の地ですね。 もっと読む
2018-03-16 別府市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日) (発言する者あり)  「お役所仕事」という言葉をよく耳にしますが、長野市長には、「これは過去のことですか、現在のことですか」と問われそうですけれども、私が議員となって今感じていることです。 もっと読む
2018-03-12 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号 そして、もう少し辛辣な声なんですけども、旧竹田市の役所のOBの方は昔、財政再建団体を経験しておりますので、その時のことがよぎって、よく「大丈夫か、大丈夫か。何とかせないかんぞ」と言われます。スクラップ・アンド・ビルドのビルドだけではなくて、スクラップの方も、これからしっかりと考えていただけるように再度強くお願いして、私の一般質問を終わります。 もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) だから、この別府市役所をどこかに移さなければいかぬという、そういうお話を私も後で聞いたのです。そうしたら、今この現地にある市役所に土地が移ってきたわけですが、その当時、それはもう南部の中で反対派と賛成派がもめました。随分もめたのですけれども、脇屋市長は、誰が何と言おうと、もう市長は、移転は、古い建物であるし、これから南部開発もしながら一生懸命にやっていく、そういう約束でこっちに建ててきたのですよ。 もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) だから、この別府市役所をどこかに移さなければいかぬという、そういうお話を私も後で聞いたのです。そうしたら、今この現地にある市役所に土地が移ってきたわけですが、その当時、それはもう南部の中で反対派と賛成派がもめました。随分もめたのですけれども、脇屋市長は、誰が何と言おうと、もう市長は、移転は、古い建物であるし、これから南部開発もしながら一生懸命にやっていく、そういう約束でこっちに建ててきたのですよ。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) たまたま雲仙でタクシーに乗る機会がありまして、雲仙市役所本庁に行ったのですけれども、視察先は本庁ではなくて支所のほうだったものですから、そこからタクシーでたまたま乗ったら、運転手さんがこの利用券のことをちょっと話してくれまして、非常に利用者の方は多いのですよということを言っておりました。そういうふうな雲仙市の取り組みも、タクシーの取り組みですけれども、これも非常に参考にしてもらいたいなと思います。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) たまたま雲仙でタクシーに乗る機会がありまして、雲仙市役所本庁に行ったのですけれども、視察先は本庁ではなくて支所のほうだったものですから、そこからタクシーでたまたま乗ったら、運転手さんがこの利用券のことをちょっと話してくれまして、非常に利用者の方は多いのですよということを言っておりました。そういうふうな雲仙市の取り組みも、タクシーの取り組みですけれども、これも非常に参考にしてもらいたいなと思います。 もっと読む
2017-12-14 臼杵市議会 平成29年 12月 定例会-12月14日−04号 だから、そこら辺を市民の皆さんに誤解のないように、規定を守ってきちっと役所はそれぞれやっているんだじゃなくて、最大限、これはもう過去の経験から、平成5年あたりにかなりひどい台風の被害を受けていますけれども、そういった経験を踏まえて最大限下げる。実は、昭和40年代にできたダムでもありますので、かなりもう土砂がたまっている部分もあります。 もっと読む
2017-12-12 臼杵市議会 平成29年 12月 定例会-12月12日−02号 また、ラグビーワールドカップ及び東京オリンピック・パラリンピックに向けては、いち早く担当職員が大分市役所のラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピック推進局を訪ねPR活動など近隣市での連携強化に向けた協議を進めております。 もっと読む
2017-12-08 大分市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 8日) 現在、大分市役所には多くの職員がさまざまな職種で専門職として採用され、勤務しております。これらの職員の皆様は、その長い職員生活の中の人事異動において、専門職がゆえ、特定の部署のみでの異動で終わる方が多く見受けられます。  若いころは、専門職だけを生かせる部署での勤務でもよいかもしれませんが、これが年齢を重ねて管理職になってくるとどうでしょうか。 もっと読む
2017-12-07 大分市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月 7日) 部長も御承知のように、ことしの4月10日には東京地方裁判所におきまして、このようなこの返還義務が、特に役所がミスしたりとかの場合は返還義務がないという判例も、この4月には出ているところなんで、こういうものも参考にしながら適切な対応を要望しておきたいというふうにこれ思っております。  それでは、3点目の質問は、貸付制度について支給対象項目の拡大について質問します。   もっと読む
2017-12-06 大分市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月 6日) 情報連携により専用システムを使い、法律で定められた住民情報を都道府県や市町村など約1,800団体の間でやりとりが可能になり、その結果、住民が社会保障関連の給付を役所窓口に申請する際、これまで必要だった住民票の写しや課税証明といった書類の提出が不要となり、利便性が向上いたします。   もっと読む
2017-09-27 別府市議会 平成29年第3回定例会(第5号 9月27日) 役所の外の施設も含めてですけれども、今後、さらにまたこの非正規が拡大していく結果になるだろうということですね。  そこで、正規職員に準じてある程度責任を持って同様の仕事のできる職員というのは、制度上は任期付職員と再任用職員に限られてくるわけだと思いますが、任期付職員は現在17名ということです。 もっと読む
2017-09-27 別府市議会 平成29年第3回定例会(第5号 9月27日) 役所の外の施設も含めてですけれども、今後、さらにまたこの非正規が拡大していく結果になるだろうということですね。  そこで、正規職員に準じてある程度責任を持って同様の仕事のできる職員というのは、制度上は任期付職員と再任用職員に限られてくるわけだと思いますが、任期付職員は現在17名ということです。 もっと読む
2017-09-26 別府市議会 平成29年第3回定例会(第4号 9月26日) 鳥居から別府駅西口までの間は霊泉寺、男女共同参画センター、別府市役所の3カ所で乗降が可能となっております。利用者の事前登録、それから予約の受け付けについては、当分の間、市の総合政策課で行う予定となっております。 ○9番(穴井宏二君) 大成功を祈りたいと思います。さまざまな取り組みがここ数年で進んでいることは、非常に喜ばしいことだと思います。   もっと読む
2017-09-20 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月20日 建設分科会) また、ただ予算を組みますということだけではなくて、そういうものに対応できる役所内の体制整備というのを大いに進めていくべきであろうと私は思っております。  そういう意味で、まず必要性は1番で、大いに必要性が高い。  また妥当性、これもやっぱり行政が率先して行うべきであろうと思って、私は1番です。   もっと読む
2017-09-15 竹田市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月15日−05号 それから、それが出来上がったときに、近隣住民が持っている違和感とか、不安とかが解決できなければどうするのかということも、それは、ある意味、早急に役所として、市として同じように考えていくのが、私は当然あるべき姿かなと思いますので、そのことについて、当然、先ほど申し上げたように、12月に出来上がる、取り敢えず12月まで我慢してくれという気持ちなのか、それと並行して状況を見ながら、どうしていくのか、今どうするのか もっと読む