152件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津市議会 2020-09-11 09月11日-05号

四つ目は、広域観光ルート形成です。 中津市は豊かで変化に富んだ自然環境の中で、魅力ある観光資源にあふれています。中津日田道路の完成により、移動時間が短縮され、自然や歴史などのバラエティに富んだ観光スポット周遊が便利になることから、観光魅力が向上することが見組まれます。また、国道212号のバイパスとなり、観光シーズン交通混雑の緩和が期待されます。 続きまして、供用開始予定でございます。 

豊後大野市議会 2020-09-10 09月10日-03号

しかしながら、これまでの里の旅公社の実績や認知度は、市民の満足が得られるレベルまで達しておらず、加えて観光産業新型コロナウイルスの影響により大きな転換期を迎える中で、ジオパークやエコパークが持つ地域資源を活用した自治体間のさらなる連携による広域観光推進など、新たなツーリズムの在り方が求められていることから、今後は、里の旅公社への補助金委託事業を段階的に縮減しながら、観光事業を市の直営にシフトしてまいりたいと

臼杵市議会 2020-03-25 03月25日-05号

歳出においては、港湾整備事業県工事負担金都市計画マスタープラン策定委託料道路側溝維持補修のための道路補修事業、市内で新たに創業する方に対する創業者支援事業費中小企業振興資金預託金別府市との共同による観光ツアーのための広域観光事業負担金、さらに公営企業下水道会計繰出金等が主なものであります。 

大分市議会 2020-03-13 令和 2年第1回定例会(第3号 3月13日)

本市にも山や海など、豊かな自然、新鮮な食材、グルメなど、多様な観光資源を有しておりますが、近隣には全国的に知名度の高い別府や湯布院の温泉資源を初め、キリシタン南蛮文化など、本市と共通する歴史文化を有する観光資源を有する自治体も多くあることから、こうした自治体間での連携強化を図りながら、テーマ性を持った広域観光周遊ルートの造成など、広域的な魅力創出に取り組むことが有効ではないかと思われますが、見解をお

大分市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第1号 3月 5日)

大都市圏において観光物産展等開催出展を行い、本市事業者出展機会を提供するほか、大分都市広域圏内自治体と協力し、各地物産・食と広域観光情報を積極的に発信してまいります。  また、シイタケの消費拡大に向けた取組には、500万円を計上いたしており、各種イベントでの試食・販売やテレビ、ラジオ等により積極的にPRを行ってまいります。  

中津市議会 2020-03-02 03月02日-03号

例えば、サイクリングでの広域観光可能性の中で、今、西瀬戸海道として愛媛、広島、山口、福岡、そして大分県の連携が進められています。 国東市で昨年開催されたシンポジウムに私も参加しましたけれども、各県の行政と民間が協力して、その魅力取り組みについて熱く語られる中で、各地域でのイベント開催連携の鍵になるだろうということでした。

中津市議会 2019-12-04 12月04日-04号

企画観光部長松尾邦洋)  広域観光につきましては、まずは周防灘地域定住自立圏の中での広域、例えば看板をつくったりだとか今回新たに、それぞれのお店にスタンプを置いてスタンプラリーをやったりとか、それぞれは地域ごとに2カ所それぞれそのスタンプを置くポイントを設定してずっと回っていただいて、その中で集めていただければ商品が当たりますよということで応募いただくようなスタンプラリーを今回初めて定住自立圏

中津市議会 2019-12-02 12月02日-02号

そのために、定住自立圏広域観光振興協議会の中で、神楽を通じた連携についても協議してまいります。 また、著名人を前面にした中津観光PRについては、現在中津で働く、中津が大好きな2名の若者に観光PRパーソンとして各地PRイベント、メディアでのPRなどに活躍いただいています。確かに、人気タレントを起用した方法もあるとは思いますので、研究してまいります。 

杵築市議会 2019-09-05 09月05日-02号

そのような中、山香温泉風の郷は県北広域観光圏の滞在拠点として、地域の食や温泉歴史、自然の魅力を発信する重要な役割を果たす施設となっております。 以上です。 ○議長渡辺雄爾君) 多田議員。 ◆2番(多田忍君) 課長から説明あったように、風の郷は県北広域観光圏の滞在拠点と、地元の食や温泉歴史、自然の魅力を発信する重要な役割という施設というふうに位置づけられています。

宇佐市議会 2019-03-01 2019年03月01日 平成31年第1回定例会(第4号) 本文

現在、周防灘地域定住自立圏の四市二町で取り組んでいる、小児救急医療体制確保県北三市及び日田による地方拠点都市地域整備推進県内六市町によるAcrocity協議会による自治体クラウドを活用した情報管理システムのほか、広域観光など、複数の分野において広域連携を行っています。  

中津市議会 2019-02-27 02月27日-03号

また、定住自立圏域内広域観光看板を7基設置をしています。 次に、観光客が満足する受け入れ体制の構築では、大分県のおもてなしトイレ緊急整備事業費補助金を活用しまして、公衆トイレ12基の洋式化トイレ内の照明のLED化などの改修を実施しました。また、平成28年度に策定しました中津観光サイン計画に基づきまして、城下町及びサイクリングロードに案内看板を現在、順次設置しているところでございます。 

別府市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4号12月11日)

先ほどから言われていたように、集客を拡大する、滞在時間を延長する、動き方が車に変わってきているという状況の中でいくと、広域観光というのがいよいよ大事だと思うわけなのです。では、この別府広域観光においてどういったテーマを設定して取り組みをしているのか、お聞かせください。 ○観光課長日置伸夫君) お答えいたします。  議員御指摘のとおり、広域観光広域連携は大切であると考えております。

別府市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号12月 5日)

駅前情報発信カフェでは、来年開催されるラグビーワールドカップや、近年増加いたしております外国人観光客への旅中、旅行途中にお立ち寄りいただく観光案内所として、ゆっくりとしたスペースにおいてお客様のニーズを聞き取りながら、本市観光情報広域観光情報交通機関に関する情報を提供することにより、滞在期間の延長や観光消費額の増加を目指すものでございます。  

臼杵市議会 2018-03-07 03月07日-03号

5つ目の重点戦略「広域観光交流推進」については、本市とゆかりのある市町村連携することを目的に、常陸太田市とは二孝女を縁として、横須賀市、伊東市、平戸市とはANJINサミットを通じて交流を行っており、観光物産販売の面において連携して情報発信を行っております。また、フェリー航路において、四国の玄関口となる愛媛県八幡浜市とは、お互いのイベントに出店し合い、観光PRをするなど、交流推進しています。

大分市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第1号 3月 5日)

文化や風土が異なる都市が近接する大分ならではの特徴を生かした広域観光や移住・定住支援推進のほか、公共施設相互利用に向けたシステム開発に取り組むなど、それぞれが持つ地域資源相互に活用することにより、住民が安心して快適に暮らすことのできる地域形成に向け、一体となって取り組んでまいります。  このほかにも、専門的な知見を有する大学、すぐれた技術やノウハウを持つ企業などが数多く存在しております。