3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大分市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第4号12月 9日)

特別交付税措置対象経費は、戸別回収に伴い増加した人件費車両関係費、NPOによるごみ出し支援への補助額社会福祉協議会などへの委託経費としており、市区町村ごとに異なる導入方法に対応できるようにされ、また、ごみ出し支援を新たに始める市区町村については、対象世帯の調査や計画策定に係る初期経費対象とするとのことでございます。  

中津市議会 2017-12-21 12月21日-08号

2012年から2013年度に入院をした6歳から18歳の延べ36万6,566人、1,390市区町村のデータをもとに、市区町村ごとの一人当たり課税所得平均値に基づいて、低所得地域と高所得地域に分け、低所得地域では、外来通院費助成対象年齢を12歳から15歳に引き上げた場合、入院をする子どもが5パーセント減るなど、助成拡大によって全体的に入院数が減る結果となったと発表されています。 

大分市議会 2016-06-20 平成28年第2回定例会(第3号 6月20日)

当地ナンバープレートは、市区町村ごとにユニークな形状図柄を採用した原付バイク課税標識のことであり、図柄形状も、自由に市区町村の裁量で形状図柄を決めることができます。全国的には、2007年に中核市である愛媛県松山市の職員が、特区制度を検討していた際に浮上したアイデアから、規制緩和をする必要はなく、現法のままできることに着目し、最初にご当地ナンバープレートを導入されました。

  • 1