120件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2020-03-23 令和 2年厚生常任委員会( 3月23日)

なお、こちらの節のうち、主な取組でございますが、清潔な地域環境づくりにつきましては、環境部において害虫駆除等に取り組んでおりますことから、経済環境常任委員会にて御審議いただくこととなっております。 ○田島委員長   ただいま執行部より説明がありましたが、質疑、意見はありませんか。  〔「なし」の声〕 ○田島委員長   それでは、以上で質疑を終結いたします。  

杵築市議会 2020-03-04 03月04日-04号

なぜかというと、害虫、病原菌がやはり寒さに耐えて越冬するということで、農作物被害が出るというようなことで言われております。私も、けさ、八坂の沿道を通るときに桜の木があります。その桜の木の樹木を見るときに、やはり白いカビゴケというんですか、随分あります。これ、暖冬の影響かなというふうに思います。農作物については、予防のほうも心がけていただきたいと思います。 

杵築市議会 2020-03-03 03月03日-03号

◆8番(田原祐二君) 農地を放置することによって雑草が生えたり、害虫発生したりする問題もあります。十分な管理が行われず周囲の迷惑になったり、景観悪化周囲農地への悪影響になったりもします。また、農地には洪水などの災害を防ぐ機能がありますが、耕作放棄地となって管理されなくなると、農地が持つさまざまな機能が失われるようであります。

杵築市議会 2020-03-02 03月02日-02号

ミカンバエ訪花害虫という言い方をしますが、訪花害虫防除薬剤助成は、このミカンバエに、安価で、安くて有効であったジメトエート乳剤という薬がございますが、これが農薬登録関係で使用できなくなりまして、かわりに高価なモスピランSL液剤の使用が必要になりました。 そのときに、生産者負担軽減を図って薬剤転換をスムーズに行うということで、平成28年度から現在の事業を始めたところであります。

別府市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第4号 9月17日)

○14番(松川章三君) そうですね、野生動物にはいろいろなウイルス害虫が寄生しております。答弁の中にもありましたけれども、1年前の9月に岐阜県から発生した豚コレラ、これは中部地区を中心に1府6県に広がり、豚の殺処分は13万3,500頭に上っております。そして、ついに関東の埼玉県にまで拡大しております。まだまだ拡大傾向にあるということです。

別府市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号 9月13日)

野焼きをして害虫駆除をして、牛馬の餌をつくって、これが昔の農家のずっと繰り返しですね。ですから、いまだに採草権があって水利権がある。ですから、今言った井手ね、水路、これは一般の人は水がとれません。水利権者しか引けないのですね。それから、別府市がいろんな関係で何かあればその土地を、別府市の土地ですよ、しかし何かに使う、どこかに売ろうとすれば、採草補償しなければいかぬ。

臼杵市議会 2019-09-11 09月11日-03号

また、この病気の被害拡大防止のためには、ウイルスを媒介する害虫であるアザミウマの繁殖を防ぐ必要があります。アザミウマは、普通の草むらや畑のあぜ、のり面など、どこにでもいる虫であり、特に花の咲く雑草すみかに繁殖します。アザミウマが繁殖しやすい雑草の一例としては、ホトケノザ、ハコベ、クローバーなど、普通に見かけ、どこにでも生えている雑草です。

宇佐市議会 2019-02-27 2019年02月27日 平成31年第1回定例会(第2号) 本文

◯三番(和気伸哉君)ほとんどが、答えとしては三番の何らかの理由があって耕作ができない人ばかりだということの答弁だったと思うんですけれども、農地を放置することによって雑草が生えたりですね、害獣害虫発生したりする問題ももちろん出てくると思います。また、十分な管理が行われてなくて、周囲の迷惑になったり、景観悪化周囲農地への悪影響になったりもしていると思います。  

中津市議会 2018-12-04 12月04日-03号

家庭用ディスポーザーにつきましては、一般的にメリットといたしまして、料理後にすぐ生ごみを処理でき、悪臭の原因、害虫発生を防ぐことができる。生ごみ出し負担が軽減され、水分が多い生ごみ減量化が図られ、焼却処分に比べると環境への負担が少ない。 一方、デメリットといたしまして、排水設備に生ごみが付着しないように、定期的に適切なメンテナンスが必要となる。運転時に騒音、振動を発生させる。

中津市議会 2018-12-03 12月03日-02号

◆14番(今井義人)  高齢化が進んで管理ができないとか、零細農業では利益も出ないということだと思いますけれども、しかし耕作地の隣に放棄地がありますと、害虫発生等不都合なことが起こりますが、放棄地の解消に向けた対応策についてどのように考えているか、お伺いをいたします。 ○議長(藤野英司)  農業委員会事務局長。 ◎農業委員会事務局長福永秀俊)  それでは、お答えいたします。 

別府市議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会(第3号 9月20日)

樹木管理につきましては、専門業者年間管理業務を委託し、外周のサザンカの剪定や園内の中木・低木の剪定、また害虫発生時の消毒を行っております。しかし、開設から約40年が経過し、公園外周樹木はかなり成長しており、公園外周遠路からの見通しがよくない現状もありますので、予算、その他の状況を勘案しながら計画的に間伐や下枝の剪定を行っていきたいというふうに考えております。  

大分市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第2号 9月 7日)

現状を考えますと、利用率が低くても維持管理費がかかるわけですけれども、例えば農園貸し出しをするメリットとして、先ほども部長も認識されていると思いますけれども、除草作業害虫駆除などが現在でも行われていまして、これは愛護会、また地域の方々の協力を得てやられていると思いますけれども、維持管理経費削減にもつながるのではないかと。  

杵築市議会 2018-09-07 09月07日-04号

ただ、ハードの面は、機械の分は95%は中国製のもので、圧倒的な差がついておりますので、あとたち田舎のほうでは、物流に利用できないかとか、それからあと、インフラの橋とか、鉄塔とかあれば、それをたたいてというのをドローンがやるとか、あと行方不明者の捜索であるとか、農業とか、林業とか、伐期を迎えているとか、大きな農場であるとどこに害虫がいるのとか、そういう上から航空で、それも非常に高性能なカメラとか、それを

杵築市議会 2018-08-24 08月31日-01号

今回専決された損害賠償は、市内の飲食店周辺発生した害虫市役所職員みずから駆除し、その際に調理器具等に散布し、同店舗に損害を与えたものですが、私は、2つの問題点があると考えます。 1つは、公平性に著しく欠けている点です。害虫駆除市長申請に基づいて薬剤や機材を市が貸し出し、住民が駆除をする流れになっています。しかし、今回は特例で職員殺虫剤を近隣の量販店購入、みずから害虫駆除を行っています。 

中津市議会 2018-06-12 06月12日-02号

また、現状課題は、老朽化が進み安全性に問題、雑草繁茂害虫発生等の衛生、環境阻害防犯等の問題、防犯もちょっと前ですかね、四国のほうで脱走した人が住みついたりとかしていましたよね。あと道路整備や敷地を共同化などして、さっきの未接道ではありませんけれど、この整備をしなければ建て替えができないようなことがある、こういうことが課題であるというようなことが出ていました。 

臼杵市議会 2018-03-07 03月07日-03号

以後、氾濫も少なくなり、肥沃な農地に変わったわけですが、耕地はよくなったが、害虫は大発生するなど、今では考えられない自然の猛威も含め、農民は悩まされ続けておりました。