2100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-10-11 令和元年建設常任委員会(10月11日)

○姫野都市計画次長兼まちなみ企画課長   宗門櫓は、令和2年度に完成するとお聞きしておりますが、地震に対してどれだけの、いわゆる構造物安全であるかということについても、その資料を持ち合わせてなく、私の段階ではわからないので説明できかねます。 ○日小田委員   中期整備で臨時駐車場の移転検討という話ですが、これは最終的にはどのように考えていますか。

津久見市議会 2019-09-27 令和元年第 3回定例会(第4号 9月27日)

審査の中で委員から、埋立地を中心に庁舎をつくるといったことを明記することによりさまざまな事業が進むということですが、基本的に危機管理をしっかりやって安全性を確保した上で進めるのであれば異存はないが、今の状態できちんとした南海トラフ地震津波対策をせずに進めるということについては疑問がある、今後、対応する考えがあるのかどうかとの質疑がありました。

宇佐市議会 2019-09-27 2019年09月27日 令和元年第4回定例会(第7号) 本文

教育費関係では、安心安全確保対策として、自転車通学時の安全対策のため中学生を対象としたヘルメット購入費補助金として、補正額百七十四万円の増額。  宇佐市荒木に所在する小部遺跡で大型堀立柱建物跡が発見されたことに伴い、国の史跡指定に向け、保存・活用のあり方等を検討する調査保護事業として、補正額五百五十四万一千円の増額、などの説明がありました。  

大分市議会 2019-09-25 令和元年決算審査特別委員会( 9月25日 全体会)

ガードレールなどの安全施設やのり面等の市道に面する危険箇所の改良を行うとともに、沿線の草刈り、土砂のしゅんせつ等により、市道の良好な環境を維持し、市道全般に関する管理を徹底すること。  以上で建設分科会長報告を終わります。 ○板倉委員長   次に、佐藤経済環境分科会長。 ○佐藤経済環境分科会長   おはようございます。経済環境分科会長報告を行います。  

別府市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第6号 9月20日)

別府市のまちづくりの基本は、平成26年4月1日、別府市条例32号で施行された「別府市障害のある人もない人も安心して安全に暮らせる条例」で示されています。この条例では、別府市は、バリアのない誰もが安心して安全に暮らせるまちを目指しています。具体的には、道路の段差や傾斜の改良は市の責務としているのです。ところが、歩行障がい者や高齢者車椅子などを安心して使える道路が、市内にどのくらいあるでしょうか。

大分市議会 2019-09-20 令和元年決算審査特別委員会( 9月20日 建設分科会)

分科会要望事項として、「ガードレールなどの安全施設や法面等の市道に面する危険箇所の改良を行うとともに、沿線の草刈り、土砂の浚渫等により、市道の良好な環境を維持し、市道全般に関する管理を徹底すること」。  ほかの分科会と関連する要望事項は、なしということでございます。 ○藤田分科会長   それでは、皆さん方からの御意見をお伺いします。

大分市議会 2019-09-19 令和元年決算審査特別委員会( 9月19日 総務分科会)

○井手口委員   その、いわばボランティアで設置してくださるNPO法人が一番最初に設置をするときに、道路管理者といいましょうか、地面の管理者である大分市安全に対する配慮との間で、調整をしておかなければいけないことがありました。  ぜひ今回も、もうあすだから解決しているとは思うけれども、いざとなったときに、その場所は困りますみたいな話にならないような調整をきちんとしてください。

津久見市議会 2019-09-18 令和元年第 3回定例会(第3号 9月18日)

今のところ、大分県では、高齢者、それから要配慮者などを対象に、事前に指定された避難所避難して、身の安全を確保するように、また会社員や児童、学生などについては、通常どおり会社に勤務したり、通学したり、地震津波の状況を見ながら安全な行動をとるように考えております。  以上でございます。 ○議長(髙野 至議員)  知念豊秀議員

別府市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5号 9月18日)

○19番(松川峰生君) 今、課長から答弁がありましたように、この学校給食は、幼児・児童・生徒の、成長期の栄養バランスのとれた豊かな食を提供する役割があるというようなことですけれども、その重要な役割を担うのが、安心・安全食品衛生基準のもとでつくられる給食設備であると思います。その安心・安全な給食室の衛生管理基準となるのが、HACCPの考え方を導入するものであるかと思います。

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 総務分科会)

次に、第2款地方譲与税から第12款交通安全対策特別交付金までの説明を求めます。 ○吉良財政課長   〔説明書②3ページ~ 第2款地方譲与税~第12款交通安全対策特別交付金について説明〕 ○倉掛分科会長   質疑、意見はありませんか。  〔「なし」の声〕 ○倉掛分科会長   ないようですので、質疑、意見を終結いたします。  

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 建設分科会)

成果目標は、浸水被害の軽減を図ることで、市民生命財産を守り、安心、安全を確保することとしております。成果実績、効果は、仮設ポンプ配置計画箇所をふやすことにより、被害の軽減を図ることができております。  成果指標につきましては、仮設ポンプ配置計画箇所数が平成28年度は22カ所でありましたが、平成30年度に目標値の5カ所を追加することにより27カ所とし、体制の強化を図っております。  

津久見市議会 2019-09-17 令和元年第 3回定例会(第2号 9月17日)

安心安全に自信が持てなくなったことも原因の一つかもしれません。  津久見市も激甚災害地域に指定され、復旧に当たってきました。特に、改良復旧の目玉が津久見川の引堤や彦ノ内川の大幅の改修工事があり、それに伴い、都市計画の見直し等を行っております。  一日も早い竣工が待たれ、二度と中心部が被害に遭わないようにしていかなければなりません。  

別府市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第4号 9月17日)

国も大きな課題と捉え、関係省庁が集まり、安全運転サポート車の普及について限定免許制度も視野に一層推進していくことや、運転に不安を覚える高齢者の支援などを盛り込んだ交通安全緊急対策をこの6月に取りまとめたところです。さまざまな国の対策や動向とともに、他の自治体での支援策など、今後も調査研究してまいりたいと思います。  

大分市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第5号 9月17日)

市道における安全・安心対策子育て支援に関する施策の拡充などには賛同いたします。しかし、市民の願いに反する予算などの執行には同意できません。  2款総務費1項総務管理費4目企画費に、自治体ポイント導入に係る経費として2,424万円が計上されています。これは、消費税増税に伴う反動減対策にあわせてマイナンバーの促進を図ろうとするものです。

別府市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号 9月13日)

では、次に通学路の安全対策についてお尋ねいたします。  旧南小学校跡地の前の道路は、周辺幼・小・中学校の通学路です。この事業の整備において、工事中の通学路等の安全対策が気になります。旧南小学校前の道路は、拡幅も計画されていますので、10年いや、もしかしたら数十年にわたって時間がかかるかもしれません。

宇佐市議会 2019-09-13 2019年09月13日 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

教育委員会では、各小中学校水泳等の事故防止等について文書通知するとともに、定例の校長・所長会や教頭会において、水難事故の未然防止やプール指導における安全確保について議題に挙げ、水難事故防止のための安全指導の徹底を図っています。  市内全ての学校において、大型連休前や長期休業前に、各学級や全校集会の場、体育授業の中で、水難事故防止のため注意喚起を行っています。

大分市議会 2019-09-12 令和元年厚生常任委員会( 9月12日)

また、未就学児が集団で移動する経路の交通安全確保につきましては、9月20日に、道路管理者や警察等の関係者による合同点検を実施することとしております。子供の園外活動時の交通安全確保を徹底してまいりたいと考えております。  さて、本日委員の皆様に御審議いただく事項は、予算議案2件、一般議案が5件、そして、報告事項が、市民意見交換会の経過報告とその他の報告事項を含め6件でございます。