78件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 厚生分科会)

左下、事務事業の必要性につきましては、平成25年度に成立した子ども貧困対策の推進に関する法律に基づき、子供の将来がその生まれ育った環境によって左右されることのないよう、貧困の状況にある子供が健やかに育成される環境を整備するとともに、教育の機会均等を図るため、必要性も高い事業と考えております。  

別府市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第4号 9月17日)

一方、子ども貧困率は12.9%、改善されているとは言えません。子ども7人に1人はまだまだ貧困状態にあり、ひとり親世帯貧困率は5割以上にも及んでいます。子育てする家庭経済的負担を軽減する措置が、少子化対策の重要施策。ある県の知事からは、「子どもの医療費無料化は、活力ある豊かな社会を築くための未来への投資である」とまで言い切っています。

大分市議会 2019-09-12 令和元年厚生常任委員会( 9月12日)

また、各分野のもとで取り組む目標や施策の方向につきましては、今回見直しを行っているところであり、とりわけ、分野の3配慮を要する子どもへの支援では、目標の8としまして子ども貧困対策の充実を今回新たに設定し、二つの基本施策として生活困窮世帯保護者への支援の充実と生活困窮世帯の子どもへの支援の充実を掲げまして、取り組む計画案としております。  

大分市議会 2019-09-12 令和元年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 9月12日)

また、各分野のもとで取り組む目標や施策の方向につきましては、現在、見直しの検討を行っており、とりわけ、分野3、配慮を要する子どもへの支援では、目標の8として、子ども貧困対策の充実を今回新たに設定しまして、2つの基本施策として、生活困窮世帯保護者への支援の充実と、生活困窮世帯子供への支援の充実を掲げたところでございます。  

宇佐市議会 2019-09-12 2019年09月12日 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

│      ┃ ┃      │三、最近、テレビ新聞で、子ども貧困  │      ┃ ┃      │ の報道を聞くが、宇佐市では子どもの貧  │      ┃ ┃      │ 困対策についてどのように考えている   │      ┃ ┃      │ か。                  

大分市議会 2019-07-05 令和元年第2回定例会(第5号 7月 5日)

また、生活実態調査の結果については、子供貧困に関する庁内横断的な組織として、現在、4部9課による子ども貧困対策専門部会で課題の情報共有を図ったところであり、今後につきましても、この専門部会において、新規事業や既存事業の拡充について協議するとともに、貧困に関する事業の進行管理を行い、施策の展開につなげてまいります。  

大分市議会 2019-07-03 令和元年第2回定例会(第3号 7月 3日)

3、改正子ども貧困対策法が成立しました。貧困改善に向けた計画づくりを市区町村の努力義務とすることが柱で、地域の実情に合った対策の推進を目指すことになっています。子供貧困対策について、本市のこれまでの取り組み、今後の取り組みについてお尋ねいたします。  次に、環境行政について3点お尋ねいたします。  

別府市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第6号 6月21日)

その格差子ども貧困にもつながっています。生まれ育った環境家庭所得の違いによって、子どもたちの教育や進路に影響が出ないようにしなければなりません。そのために就学援助・奨学金制度の拡充など、公教育の基盤充実が不可欠です。  現在、多くの都道府県で、児童生徒の実態に応じきめ細かな対応ができるようにするために、少人数教育が実施され、保護者や子どもたちから大変有益であると高く評価をされています。

大分市議会 2019-04-09 平成31年厚生常任委員会( 4月 9日)

委員会としても、子ども貧困対策は重要であると考えることから、今後の取り組みを注視していきます。  続きまして、9番を申し上げます。  担当部局(子どもすこやか部)から、別紙のとおり回答がありました。本委員会としても、児童育成クラブの施設整備の重要性を認識しており、今後も保育環境の向上に向けた取り組みについて注視していきます。  最後に、10番を申し上げます。  

別府市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第6号 3月19日)

そしてまた、これから質問をする子ども貧困問題についてでありますけれども、これまでの議会でもこのテーマについては何度か取り上げてきました。今、格差社会とか親や保護者経済格差が、子どもたちの教育や生活などにも及び、子どもたちを取り巻く環境は、大変厳しさが進んでいると言われています。

大分市議会 2019-03-15 平成31年厚生常任委員会( 3月15日)

執行部からの回答といたしまして、「本市では、経済的支援や相談支援など、子ども貧困対策に係る各種事業の整理や効果的な実施を目的とし庁内の関係各課で構成する『子ども貧困対策専門部会』を設置しております。専門部会では、困りを抱える子どもの早期発見と実態把握を行い、支援の充実につなげるため、昨年8月に子どもの生活実態調査を実施いたしました。

宇佐市議会 2019-03-01 2019年03月01日 平成31年第1回定例会(第4号) 本文

│      ┃ ┃      │二、子どもたちのために          │      ┃ ┃      │ (1)子ども貧困対策として、また児童虐  │      ┃ ┃      │  待の早期発見と適切な対応のための一  │      ┃ ┃      │  助として、放課後児童クラブが果たす  │      ┃ ┃      │  ことのできる役割は大きいと感じる。  

別府市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第6号12月13日)

給食そのものがなくなるわけではないですが、今、子ども貧困とか子ども食堂、それから家に帰って子どもが一人で食事をする、孤食によるそういった問題というのが大きな社会問題というふうになっています。そういった中でこの給食が始まった歴史そのものもやはり振り返る必要があるのではないかなというふうに思います。

別府市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第5号12月12日)

逃げ場のない不登校になる原因というのは、いろいろ問題があるのですけれども、やっぱり子ども貧困というのは、私、議案質疑でもやりましたけれども、ちょっと言いましたけれどもね、やっぱり日本全体が教育というものについて非常に、私の感じではちょっと取り組みが甘いのではないかなという気がします。  

大分市議会 2018-12-12 平成30年子ども育成・行政改革推進特別委員会(12月12日)

○藤田福祉事務所次長子育て支援課長   現在、庁内で横断的な組織といたしまして、子ども貧困対策専門部会という部会を立ち上げております。その部会の中で関係課と検討を重ねていくこととしております。具体的には、今年度調査の仕上がりが年度末という形になりますので、新年度に向けて具体化できるように検討を重ねたいと考えております。

大分市議会 2018-12-12 平成30年厚生常任委員会(12月12日)

○藤田福祉保健次長子育て支援課長   この調査につきましては、庁内横断的に持っております子ども貧困対策専門部会というのがございまして、せんだっても開催いたしました。今後、各課で貧困対策ということでその専門部会を通じて、今後私どもとしてどういったことに取り組んでいけるのかというのを十分に考えていきたいと考えております。 ○衛藤委員   はい、わかりました。

大分市議会 2018-11-06 平成30年子ども育成・行政改革推進特別委員会(11月 6日)

○書記   子ども育成に関する事項については、「大分市子ども条例に基づくすくすく大分っ子プランの各事業の推進により、待機児童の減少が図られるなど一定の成果は出ているが、子どもたちを取り巻く環境は、児童虐待子ども貧困、いじめ・不登校など多くの問題を抱えていることから、関係機関による情報共有を行いながら、子どもの人権を守る施策を部局横断的に推進すること」です。