運営者 Bitlet 姉妹サービス
206件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 別府市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月10日) しかし、別府市にとっては、この太陽エネルギー施設がやっぱり地下水の浸透等を妨げて、そして別府の景観を損ねているのではないかと思いますけれども、この太陽光パネルの設置状況をちょっと説明してください。 ○環境課長(松本恵介君) お答えいたします。   もっと読む
2018-12-05 別府市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月 5日) 地権者との用地交渉等を丁寧に行って、言い忘れましたが、あそこは亀川の駅の裏から出ていって国立病院もあれば、太陽の家もあれば、また溝部学園もありますので、どうか早目に整備をしていただきたい。これはことしだけ多かったからではなくて、また来年、再来年も整備に必要なものを、交付金を取っていただきたいと思っておりますので、どうかそういうことでよろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-06-22 別府市議会 平成30年第2回定例会(第4号 6月22日) なお、5月19日に朝日・大平山公民館、5月20日に太陽の家、また5月21日に南部出張所で現地出張販売をさせていただきましたが、多くの市民からの要望もありましたため、6月1日より3カ所の各出張所での販売を開始しております。 もっと読む
2018-03-20 別府市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月20日) 今あるところというのは、本当に亀川周辺の方、また特に車椅子の方が太陽の家のあたり、周りにいっぱい住んでおられます。今、授産施設はなくなりましたけれども、あの近くに車椅子の方が住んでおられます。昔に比べたら、御高齢になられて、施設に入っていなくなられた方も数多くいるのですけれども、いまだに太陽の家を退職されても周辺で車椅子で生活されている方もおられます。 もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) なぜ市道にしたかというと、駅だけが、駅のお客だけが利用するのではありませんよ、線路で分断された医療センター、太陽の家、溝部学園、それから内竈、いろんなたくさんの方が住んでおられる。国立団地もそうです。将来的に国立団地も建てかえがあるだろう。この庁舎と消防施設は、亀川駅周辺という位置づけだったのです、その当時はね。 もっと読む
2017-12-12 津久見市議会 平成29年第 4回定例会(第2号12月12日) 私の好きな津久見市ふるさと賛歌「海と太陽の国」の歌詞の一部ですが、「どこに行っても、私の心、いつも支えているところ、大きな海と太陽に囲まれているこの国は、私の愛する津久見、我がふるさと」という歌詞があります。  少子高齢化が進み、子供は年々減少しています。 もっと読む
2017-09-27 別府市議会 平成29年第3回定例会(第5号 9月27日) 運動・温泉・食・健診をセットにした4日から5日程度のモニターツアーを実施、3つ目としまして、「温泉のまち別府における障がい者スポーツの現状と今後の展望」と題しまして、太陽の家創始者であり、1964年東京パラリンピック日本選手団の団長を務められました故中村裕氏の50年を振り返るシンポジウムを開催いたします。   もっと読む
2017-06-14 宇佐市議会 2017年06月14日 平成29年第3回定例会(第3号) 本文 一酸化炭素なり、メタンガスが空中に浮揚してですね、それが吸収、太陽光を、入射した太陽の光をあるいは温度を吸収して、そしてまたCO2等が吐き出されていくということで、温室効果をもたらしております。   もっと読む
2017-03-24 大分市議会 平成29年総務常任委員会( 3月24日) 施設設置の経過といたしましては、宮崎太陽銀行大分支店として昭和53年に建築され、その後、空き店舗となっていた土地、建物を平成12年に市が購入し、中心市街地の活性化と空き店舗活用という基本方針のもと、環境問題に対応するため、エコロジーとエコノミーをベースとした施設として、環境対策課所管のエコ・エコプラザを平成12年11月に設置いたしました。   もっと読む
2017-03-16 大分市議会 平成29年第1回定例会(第2号 3月16日) また、平成24年度から住宅用太陽発電設備を設置する市民を対象に、設置費の一部を助成する取り組みを実施しております。この制度を活用していただいた約2,900世帯が1年間に削減する二酸化炭素量は、約28万本分の杉の木が1年間に吸収する量に相当する大きな量となっております。 もっと読む
2017-02-28 宇佐市議会 2017年02月28日 平成29年第1回定例会(第3号) 本文 ちなみに、市内の太陽交通さんが、返納した場合は一〇%オフ、一割安くしますよというふうな制度も導入しておりますので、その辺もタクシー業界とも議論しながらですね、取り組んでいきたいというふうに考えております。  以上です。 ◯議長(中島孝行君)後藤竜也君。 ◯五番(後藤竜也君)今、前向きに御答弁いただきました。 もっと読む
2017-02-27 宇佐市議会 2017年02月27日 平成29年第1回定例会(第2号) 本文 実は、日中、太陽の光を浴びて、暗くなると光るシステムがあります。これを屋外専用蓄光製品、LED併用型無電源路面用誘導システムといいます。特許を取得しており、いろんな製品が幾つもあるんですが、その中で私が提案させていただきたいのは、屋外用のシリコーン樹脂でできている蓄光を路面に設置すれば、日中は太陽を浴びて、夜は光ると。 もっと読む
2016-12-19 竹田市議会 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月19日−06号 旧農協会館があって、それが取り壊して、非常に太陽の光の日差しのありがたさというのを感じて、今回、3階建ては、ちょっと奥の方にずらすか、何とかできないものだろうかというようなことをお聞きいたしました。あの周囲には全部、市有地、市の土地があるわけでありますので、もう少し西側の駐車場に移動するとか、何らかの対策をして、その要望に応えることはできないか、お聞きしたいんですが。 もっと読む
2016-12-16 別府市議会 平成28年第4回定例会(第5号12月16日) この間の長野市政の奮闘というのは、低く重く垂れ込めた雲を吹き飛ばして、何とか雲間から太陽の光を別府に差し込ませよう、こういう思いの8カ月ではなかったかと思います。その最強の企画が、今回の別府ONSENアカデミアではなかったかなと思います。   もっと読む
2016-12-15 別府市議会 平成28年第4回定例会(第4号12月15日) さらに太陽の家さん、これはもう全国でも屈指の障がい者のいろいろな方々、きちんと一般の人に負けないように、競争の中で頑張っておられます。こういった中にも、制度によりますけれども、あえて「個性」と言いますけれども、いろいろな発達障がいで個性のある方も働かれている部分もありますので、そういった面ではいろいろ御紹介として支援できるのではないかと考えております。 もっと読む
2016-09-13 別府市議会 平成28年第3回定例会(第3号 9月13日) この円球については、太陽あるいは地球、みんなが心が1つになっておさまるようにと、いろいろなこの説がありますけれども、どれが本当かよくわかりません。私も、緑丘高校の3年の卒業のアルバムに当たって、あの記念公園の前で同級生一同と写真を撮ったのを今でも持っておりますけれども、とにかくそういうことで2回目もちょっと銅像建立までは至りませんでした。  そして、その後、あ、失礼。 もっと読む
2016-09-13 大分市議会 平成28年総務常任委員会( 9月13日) ○井手口委員   3つ目なのですが、この3つ目は後で討論のときに、この文言の問題点は指摘しますが、公設民営の事業方式の選択について、もともと、あの施設を宮崎太陽銀行から大分市が買い取ったときに、事業を始めたときは公設民営の事業方式だったのです。途中から市の直営に変えました。   もっと読む
2016-09-08 宇佐市議会 2016年09月08日 平成28年第3回定例会(第4号) 本文 何よりも大事なことは、今、針葉樹林、人工林の中でも、間伐と、それから、太陽がですね、針葉樹林の中に入り込むことによって、生物等々が発生して、それが食物連鎖によってイノシシの被害等をですね、なくしていくというようなことも言われておりました。   もっと読む
2016-09-08 中津市議会 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月08日−02号 ◆5番(三上英範)  3回目ですので、重ねて、そういう点は俗な言い方になりますけれども、イソップ物語の北風と太陽ではないですけれども、どう見ても今の市政のあり方を見ると、厳罰主義的な方向、別に滞納者を曖昧にしろとかいうことではなくて、今の固定資産税の御答弁にありましたように、生活困窮、所在不明、こういうことがないようにこそ、最大限力を尽くすべきだと思いますが、いかがでしょうか。 もっと読む
2016-06-14 別府市議会 平成28年第2回定例会(第3号 6月14日) やはり太陽の家がある関係で、あの一帯で障がい者の方が住まわれているというケースが非常に多いかと思います。アパート等でかなり上の階に住んでおられる方というのは、そのまま、上の階といっても、一応4階以上にということが言われておりますので、そういったところに住んでおられる方というのは、なかなか少ないのではないかというふうに思います。   もっと読む