5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

中津市議会 2010-06-21 06月21日-04号

中津城は、黒田孝高、後の黒田如水豊臣秀吉の命により九州を平定し、天正16年に築城され、その後、細川氏が改築を重ねてまいりました。 現在の天守閣は、昭和39年に鉄筋コンクリートで建築されたものであり、文化財的価値はないものと考えています。以上です。 ○議長嶋澤司郎)  山影議員。 ◆17番(山影智一)  御答弁ありがとうございます。

中津市議会 2010-03-17 03月17日-07号

◆11番(小倉喜八郎)  天正15年、1587年ごろより、九州の平定にかかったわけであります。このときの豊前の国においても、城井城宇都宮一族との戦いの話の中で、今日まで赤壁合元寺の話が伝わっています。このように、いろいろな言い伝えや人物がよみがえってまいります。中津市といたしまして、どう取り組んでいかれますか、お尋ねいたします。 ○議長嶋澤司郎)  商工観光部長

中津市議会 2007-12-10 12月10日-02号

石垣工事につきましては、事業開始当初は通常の現代工法による復元工事として取りかかりましたが、調査が進む中で、天正時代の石垣が広範囲に現存し、石積みは、穴太積みと称される高度な技法で積まれていることが判明いたしました。 この技法は非常に貴重なもので、この技法により近づけた復元をすることになりまして、この築城当時の技法を用いた復元により、最終目標は国の指定文化財となることでございます。 

  • 1