99件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号 3月12日)

土木建築部長長野保幸) 里道は、大正8年の旧道路法施行の際に、重要なものは国、県、市町村道に指定され、それ以外のものは法の適用を受けない国有財産として扱われてきました。その後、平成12年に施行された地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律により、市町村財産になったものであります。  

別府市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第6号12月13日)

議員がずっと具体的な数値例を挙げて言っておられましたけれども、私どもも大学の先生、大正大学の白土先生などが調査した結果を持っておりますけれども、別府市の現状について、学校ごとに、学年ごとに一度把握してみたいと思っております。 ○20番(堀本博行君) よろしくお願いしたいと思います。  次にまいります。最後の質問でありますが、市営住宅の応募についてであります。  

別府市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第3号 6月21日)

ただ言えることは、市民温泉に感謝する祭りであって、大正8年に旧青山幼稚園のところに、敷地内に温泉神社が大正8年に創建されて、その神事として、現在のなかよし公園のお旅所までみこしが巡行して、曜日に関係なく4月1日から5日までの間がお祭りの期間であったということは歴史的に残っているということでございまして、過去の新聞記事などを探してみましたけれども、それぞれ先人たちがその時々でいろいろと苦労しながら温泉

大分市議会 2018-03-20 平成30年文教常任委員会( 3月20日)

少し先走りますが、2日目に報告させていただきます今年度の収集で申し上げますと、田能村竹田の掛け軸、地元出身の高山辰雄画伯の作品、また、明治大正昭和初期に活躍いたしました洋画家の片多徳郎の作品等を今年度は収集いたしました。 ○帆秋委員長   ほかに質疑はございませんか。  〔「なし」の声〕 ○帆秋委員長   討論はありませんか。

竹田市議会 2017-12-06 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月06日−02号

久住地域にあります市有財産には、大正13年から昭和7年までの間に、集落の財産を旧久住町、旧白丹村、旧都野村の土地財産に統一提供した土地と、久住飯田南部及び竹田直入区域広域農業開発事業で開発された後に、町営牧場用地または普通財産として、合併前の久住町が購入した土地存在しております。

宇佐市議会 2017-09-12 2017年09月12日 平成29年第5回定例会(第6号) 本文

六点目、図書館出版委託の大井憲太郎の郷土とのかかわりや全国的な活動についてですが、大井憲太郎は、天保十四年に、今の宇佐市印内町高並に生まれ、大正十一年に満七十九歳で亡くなった政治家であり、弁護士社会運動家です。  幼少期に今の院内町温見の医師岩男浩然に入門し、四書五経の素読を学んだことなど、地元とのかかわりについては、昭和五十八年に刊行された院内町誌等に詳しく掲載されております。  

別府市議会 2016-12-14 平成28年第4回定例会(第3号12月14日)

保健所の掘削時の申請データですね、大正時代の分から少しずつ残っておるのですね。筆書きみたいなのから現状もありますが、残念ながら、しかし全て残っているのかなと僕は疑問も抱きました。全部が全部保管されていないような気もしてなりません。ただ、それを見るだけで、もう傾向というのがわかります、大体の傾向が。間違いなく掘りかえたたんびに深くなっている。

別府市議会 2016-09-13 平成28年第3回定例会(第3号 9月13日)

そして大正3年、別府で今度ホテルといいますか、旅館を経営したいということで、そして別府のほうに来るようになりまして、当時、これもよく出ていますけれども、女中さんのおみつさんという人を雇いました。そのおみつさんは雇われましたけれども、そのとき、まず亀の井ホテルというのは、4部屋で旅館を最初創立したそうであります。

宇佐市議会 2016-06-15 2016年06月15日 平成28年第2回定例会(第4号) 本文

大正から昭和にかけて、彼の創作した「ノンキナトウサン」は「サザエさん」「のらくろ」に匹敵する国民的ヒーローでした。た。そのほかにも「赤ちゃん閣下」「只野凡児」等も彼の生み出した人気キャラクターです。また、起承転結の四コマ漫画というものを日本で初めて描いた伝説的な漫画家が麻生豊でした。

大分市議会 2016-03-14 平成28年第1回定例会(第3号 3月14日)

先般、昨年秋に行われた国勢調査の速報値が発表され、大正9年に開始されて以来、初めて人口減少となりました。自治体にとって人口維持は将来的に活力を維持するための重要課題です。現状を的確に把握し、2016年度は15年度に策定した総合戦略に基づいて実行段階に入る年です。  国会では、地方創生を進める複数の施策を盛り込んだ地域再生法改正案が審議されています。

別府市議会 2016-02-29 平成28年第1回定例会(第1号 2月29日)

別府の別荘文化象徴する、大正昭和建設された建造物は、近年の取り壊しにより、そのたたずまいや風情が姿を消しました。新年度は、この別府の貴重な歴史遺産を復活するための調査を実施します。  文化・芸術の振興や拠点の整備にも着手します。  2009年から本市で開催され、昨年、節目を迎えた別府市現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」は、市民主導型の芸術祭として定着してきました。

別府市議会 2015-12-15 平成27年第4回定例会(第4号12月15日)

その最中ですよね、新聞に赤銅御殿、再現したいという市長の要望というのですかね、夢というのですかね、新聞を読みまして、赤銅御殿ね、私は大正ロマン大好きなものですから、これはいい案だなと思って市長にもお願いしたのですけれども、復元するには費用がかかる。費用対効果で難しいかなとか、いろいろ考えております。

別府市議会 2015-12-14 平成27年第4回定例会(第3号12月14日)

別府市水道大正時代に創設されており、今まで7回拡張事業を行っております。創設当初は大きな水源がなくて、何か別府市昭和30年代までは渇水期になると慢性的な水不足になっていたというふうに、これは聞いております。この別府市の抜本的な水源不足を補うために、昭和41年、県企業局と共同で大分川から水路と隧道を、別府市まで水を引いたわけです。総延長が21キロで、隧道が8キロということになっております。

別府市議会 2015-09-17 平成27年第3回定例会(第5号 9月17日)

台帳自体が、大体大正9年以降、それから10年ぐらいから記載を始めています、筆字でね。そして戦前戦中ぐらいまではほとんどどこの温泉を何メートル掘って、どれだけの湧出量があるという記載がありません。これが数値として出始めたのが、昭和30年前後です、戦後ですね。ここから戦後復興を含めて、北浜なんかはもう穴だらけです、はっきり言って穴だらけ、昭和30年以降ですね。

宇佐市議会 2014-12-19 2014年12月19日 平成26年第4回定例会(第6号) 本文

靖国神社忠魂史第二巻昭和八年鑑によりますと、既に我が国は、第一次世界大戦のときに日英同盟のもと、大正四年から九年にかけ英国の要請を受け、ドイツ軍掃討等のため、東洋、南洋、インド洋に艦隊を派遣しています。とりわけドイツ潜水艦Uボートからの攻撃を回避するために、第二特務艦隊を地中海方面に派遣し、英国輸送艦等の護衛に当たります。約八十名の病死を含めた戦死者を出しています。