3648件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

竹田市議会 2038-06-14 06月14日-03号

その結果、執行の方から、「過去数年間、南側の整備に取り組んだ経緯がありますけども、どこかで思いきった取組が必要である」という、そういうふうな回答をいただきました。そして、昨年でありますけど、12月定例会におきまして、私はその後の整備の進捗状況を確認させていただきました。

国東市議会 2024-12-10 12月10日-02号

今まで執行の答弁は、個人財産だから市は関与できないということがありました。こういう相続を放棄した倒壊空き家、公共施設とか通学路とか特に妨げとなる、そういうのが出た場合は、今後、執行はどう取り扱いをするのか、お願いします。 ○議長(野田忠治君) 総務課長。 ◎総務課長(森浩昭君) お答えいたします。 

竹田市議会 2024-09-10 09月10日-02号

その中で、今、私もそうですけど、執行の皆さんも必ず総面積を見ているわけです。その現状がどうなのかと。どこもかしこも植えていますので、確かに条件の悪い所もかなりあります。しかしながら先ほどの答弁の中にあったように、条件の悪い所も整備しなければ、そこを放置林にするわけにはいかないんですよね。もちろん所有者の問題もあります。管理者がいるのか、いないのか、いろんな形があると思います。

豊後大野市議会 2023-06-26 06月26日-02号

ですが、時の執行の答弁では、里道は豊後大野市内に約6万カ所あるんだと。それを全て管理するというのはできないという返事をいただいております。里道の成り立ちとか、そういうものから考えると、当然、自治会にお任せせざるを得ないところというのは十分あると思うのです。

豊後大野市議会 2021-08-30 08月30日-01号

委員から震災時の議員の対応についての質疑に対しては、執行対策本部とは別に、議会対策本部を立ち上げた。そして、執行対策本部での協議事項や報告内容を議会事務局から議員のほうに流した。また、議員は自分の地域避難所などを回り、住民の困り事を議会事務局へ報告するという体制をとり、それがうまくいったということでありました。 災害時は情報が錯綜し混乱することが多々あります。

豊後大野市議会 2021-07-09 07月09日-05号

委員から、種別が1と変更するとのことだが、中身としては今と同じものということかとの質疑があり、執行から、特に変わりはなく、ただ文言が変わっただけですとの答弁がありました。 また、委員から、市内で追加の条文に該当する施設等はどのくらいあるのかとの質疑があり、執行から、当消防本部管内では、該当する施設は今のところありませんとの答弁がありました。 

臼杵市議会 2021-07-02 07月02日-05号

このように長く議員生活、議員活動ができることにつきましては、諸先輩の議員の皆さん方、また同僚の議員の皆さん方の、またその上、執行の手厚いご指導、ご鞭撻があってのことと、この場をおかりいたしまして、心からお礼を申し上げます。 私も76歳と高齢になりましたが、まだまだ健康なところもございます。

国東市議会 2021-06-17 06月17日-02号

これは、私の希望でありますので、市長さんを含めた多くの執行の方の今後の検討をお願いしたいと思っております。 最後の消防行政についてであります。 3月の議会で、9番議員質問いたしました。南分署より1台救急車を本部のほうにもっていくという中で、武蔵、安岐の住民より非常に不安視する声が非常に多く、聞かされました。

国東市議会 2020-12-11 12月11日-03号

このような記事が出たことについて、費用対効果は市としてどう考えているのか、場合によっては、これ来年度のこういった支出、市民の理解が得られていないのなら、カットをしてはどうかと思うわけですが、12月議会ですし、来年度の予算執行の皆様は考えられた時期だと思います。今回のその記事の件、それと来年度の支出について、担当課から意見を聞きたいと思います。 ○議長(野田忠治君) 福祉課長

竹田市議会 2020-12-06 12月06日-02号

それから、もう一つ、これは執行との全員協議会の中でお話してる件が、令和2年度に大蘇ダムの償還金、およそ20億円をしましょうと。20億円の中に、今、旧荻町より持ち込みが7億円、基金があります。その7億円を除いた、20億円から7億円を引いた13億円を、恐らく竹田市として合併特例債を充当しながら返していく。

臼杵市議会 2020-12-03 12月03日-01号

その後、各部門ごとに執行より主な事業概要と成果の説明及び質疑が行われました。質疑では、総務部門、福祉保健部門、建設産業部門、野津庁舎部門、教育委員会部門などで委員よりさまざまな質疑があり、執行より詳細な説明がありました。 その後、討論、採決に入り、第75号議案 平成30年度臼杵市一般会計歳入歳出決算の認定については、特に異議なく原案のとおり認定すべきものとして決しました。 

竹田市議会 2020-09-26 09月26日-05号

執行に、議案の訂正の理由を説明願います。市長 ◎市長(首藤勝次君) 議案の訂正について、ご説明を申し上げます。議案第99号 竹田市城下町交流プラザ条例の制定についての訂正について 本定例会において提出いたしました議案第99号竹田市城下町交流プラザ条例の制定について、一部訂正がありますので、お手元に訂正後の議案と、別紙、訂正内容の資料を配布させていただきました。

豊後大野市議会 2020-09-12 09月12日-04号

議会運営委員会委員長 佐藤辰己君登壇〕 ◆議会運営委員会委員長(佐藤辰己君) 9月9日に、議会運営委員会を開催し、執行より提出のありました追加議案1件について協議を行いましたので、報告をいたします。 第89号議案 財産の無償譲渡については、本日、日程第31として上程し、市長からの説明を受けた後、質疑を行い、総務常任委員会に付託することとしました。

竹田市議会 2020-09-11 09月11日-03号

最後に、今後、長期的な展望に立って、竹田市立こども診療所を存続させていくために、正直、私は、直営だから、ある程度、一般財源を入れるのはしょうがないと、そういうふうに思っているんですけれども、将来にわたって、竹田市立こども診療所を続けていくために、一番大事なことは何だというふうに執行はお考えでしょうか。その辺、お聞かせください。