運営者 Bitlet 姉妹サービス
13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2015-09-17 中津市議会 平成 27年 9月定例会(第3回)-09月17日−05号 と言いますのも、松山市はこの減少した観光客の誘致対策として、平成17年により、歴史遺産、文化遺産、商業、観光等の一体的なまちづくりとして、を軸としたフィールドミュージアム活動を推進した結果、平成26年には観光客570万人に訪れていただいたそうです。   もっと読む
2013-09-18 中津市議会 平成 25年 9月定例会(第3回)-09月18日−05号 地元の方に尋ねたところ、答えは、NHKのスペシャルドラマ、の主人公、秋山兄弟、そして、正岡子規にちなんだプレートでございました。その放映後もこのプレートを付けていたわけでございますが、現在、ミュージアムというのがございまして、そこには、来訪者が100万人を突破したそうでございます。放映後も息の長い宣伝PRをその動く広告塔がしているようでございます。   もっと読む
2012-03-13 竹田市議会 平成24年  3月 定例会(第1回)-03月13日−04号 昨年は「」で、今年は「岡藩城下町400年祭」でサンチャゴの鐘を活用した取組などを展開して、行政も観光戦略をフル稼働して政策展開をしてまいります。市民の皆さんも地域に誇りを持って、自分たちがやれるところはやっていただくなど、行政と民間が両立しないと観光振興は成り立たないと思っています。今がチャンスなので、積極的にアイデアを出してチャレンジしていただきたいと思っているところです。 もっと読む
2011-12-14 中津市議会 平成 23年12月定例会(第4回)-12月14日−06号 まだ戦後、あの旗についてそれこそ、の二百三高地を、この前テレビで観た方もいると思います。あの旗を持って突撃した方が、まだおられるということなのですから、まだ急がないように、ぜひよろしくお願いいたします。その趣旨だけは皆に伝えていっていただきたいと思います。  生まれたときから死に向かって歩き始めます。 もっと読む
2011-09-15 国東市議会 平成 23年 9月定例会(第3回)-09月15日−03号 そして、竹田市ではそのときNHKドラマ「」で放映された廣瀬武夫を取り上げておりました。そして廣瀬武夫役の藤本隆宏氏もパネルトークとして参加しておりました。  余談ですが、東洋大学の先生には、経費大学持ちで今年の6月に歴史体験学習館で歴史講座の講師をしていただいております。   もっと読む
2010-03-01 国東市議会 平成 22年 3月定例会(第1回)-03月01日−03号 私はいつも、まあここで軍隊の話はなじみませんが、の秋山真之、日本海海戦をやるために何百通りのシミュレーションしたちゅんですよ。そういうものが責任者としてすべきなんです、私は。それでなかったら戦争には勝たん。黒字病院にはならないんです。今でもそれは赤字ということになってるのは、これだけやって患者さんが急にふえるとかいうような要素があればいいんです。 もっと読む
2009-06-15 竹田市議会 平成21年  6月 定例会(第2回)-06月15日−04号 昨年の12月議会での対応についてお伺いしたんですけども、それに関連して聞いてます。嚶鳴フォーラムというのは皆さんご案内のように、全国の日本の先哲を検証する目的で、PHPとANA全日空が始めたものですが、竹田市もその13の市の中に名誉なことに入っております。 もっと読む
2008-12-12 別府市議会 平成20年第4回定例会(第5号12月12日) 他の自治体のいわゆる御当地ナンバーの状況でございますけれども、「のまちづくり」を進めています愛媛県松山市が「道後・松山市」、そして長野県の上田市が、上田城のやぐらと、たしか六門銭を用いた「信州上田市」、それとあと静岡・山梨両県の13市町村の自治体がやっている富士山ナンバーが、たしか大人気だったというふうに聞いております。 もっと読む
2008-12-12 別府市議会 平成20年第4回定例会(第5号12月12日) 他の自治体のいわゆる御当地ナンバーの状況でございますけれども、「のまちづくり」を進めています愛媛県松山市が「道後・松山市」、そして長野県の上田市が、上田城のやぐらと、たしか六門銭を用いた「信州上田市」、それとあと静岡・山梨両県の13市町村の自治体がやっている富士山ナンバーが、たしか大人気だったというふうに聞いております。 もっと読む
2007-12-07 別府市議会 平成19年第4回定例会(第4号12月 7日) 今、松山市が進める観光戦略は、「のまちづくり作戦」、こういうものでございました。小説「」、司馬遼太郎の有名な長編小説でございますが、これに描かれる幕末から明治、特に日露戦争を通して近代化を進めようとする若き青年群像、主人公は松山市出身の軍人である秋山好古、秋山真之、2人きょうだいでございます。 もっと読む
2007-12-07 別府市議会 平成19年第4回定例会(第4号12月 7日) 今、松山市が進める観光戦略は、「のまちづくり作戦」、こういうものでございました。小説「」、司馬遼太郎の有名な長編小説でございますが、これに描かれる幕末から明治、特に日露戦争を通して近代化を進めようとする若き青年群像、主人公は松山市出身の軍人である秋山好古、秋山真之、2人きょうだいでございます。 もっと読む
2000-06-15 別府市議会 平成12年第2回定例会(第5号 6月15日) これが明治国家のを目指しての国家目標であったのであります。  次に、大東亜戦争の敗戦により全国土が焦土化し、国民は塗炭の苦しみを知ったのでございますが、この戦後の廃嘘の中から我が国を復興させるためには経済復興、経済成長というのが、戦後五十年間の我が国の国家目標でありました。このように国として明確な目標を持ったときは、中央集権の国家統治システムが一番有効であるということでございます。 もっと読む
2000-06-15 別府市議会 平成12年第2回定例会(第5号 6月15日) これが明治国家のを目指しての国家目標であったのであります。  次に、大東亜戦争の敗戦により全国土が焦土化し、国民は塗炭の苦しみを知ったのでございますが、この戦後の廃嘘の中から我が国を復興させるためには経済復興、経済成長というのが、戦後五十年間の我が国の国家目標でありました。このように国として明確な目標を持ったときは、中央集権の国家統治システムが一番有効であるということでございます。 もっと読む
  • 1