2354件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-10-15 令和元年第 3回定例会(第5号10月15日)

また、歳入については、鉱産税及び地方交付税等について質疑があり、答弁がありました。審査の結果、その内容も十分理解できましたので、全員異議なく、認定すべきものと決しました。  次に、認定第2号、平成30年度国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員から、滞納状況、資格者証・短期証の発行状況について質疑があり、答弁がありましたが、本件は、全員異議なく、認定すべきものと決しました。  

津久見市議会 2019-09-27 令和元年第 3回定例会(第4号 9月27日)

──────────────────                  付議事件  報告第 11号 地方公共団体財政の健全化に関する法律に基づく健全化判断比率          の算定について  報告第 12号 地方公共団体財政の健全化に関する法律に基づく資金不足比率の          算定について  認定第  1号 平成30年度一般会計歳入歳出決算の認定について  認定第  2号 平成30年度国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算

大分市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第6号 9月26日)

社会保障の財源は地方交付税や国庫支出金などで補うことこそ、憲法25条の立場に立った社会保障制度のあり方だと考えます。  安倍政権は、増税に当たり、反動減対策として、複雑な軽減税率や不公平なポイント還元、プレミアム付商品券などの対策でお金をばらまこうとしています。そんなことをするぐらいなら、増税を中止することこそ最善の景気対策です。

大分市議会 2019-09-25 令和元年決算審査特別委員会( 9月25日 全体会)

次に、平成30年度大分市公設地方卸売市場事業特別会計歳入歳出決算平成30年度大分市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算につきましては、審査いたしました結果、いずれも一部反対意見がありました。  次に、執行部に説明を求めました平成30年度重点事業の成果についてであります。  本分科会は、浄化槽設置整備費補助事業など、25事業の成果について説明を受けました。  

別府市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第6号 9月20日)

地方債・基金の状況について、地方債残高は増加する一方で、主要基金は減少している。今後の公共施設大規模改修費、社会保障費の増加等により財政の硬直化が懸念される。国の動向を見据え、第4次財政計画にのっとり起債を行うこと。また、基金の運用率を上げるよう努力すること。  一方で、市税については増収となっている。これはコンビニ収納による利便性の確保に加え、収納率を上げるための職員の努力と評価するものである。

大分市議会 2019-09-19 令和元年決算審査特別委員会( 9月19日 総務分科会)

○吉良財政課長   井手口委員御指摘の債務負担も含めた今後の地方債等の負担の状況につきましては、決算に係る健全化判断利率のほうでは将来負担比率ということで毎年お示しをしておりますが、その中での数字を、早期健全化基準は350%でありますので、それに当然ならないようにということで運用を行っておりますが、今、言われた資料につきましては、今後、整理して、またお出しできるように対応いたしたいと思います。

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 厚生分科会)

地方財政措置の中で、その点についても考慮したようなことも言っていましたが、やはり原課と指導監査課も含めて市町村にとっていろんな負担になっていますので、施設ができた後は市町村任せになっている部分について、国は無責任だと私は思っています。今後は市町村にお願いすることになると思いますので、財政措置も含めていろいろと国に対して求めていただきたいと思いますので、その点を個人的に要望しておきます。  

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 総務分科会)

次に、第2款地方譲与税から第12款交通安全対策特別交付金までの説明を求めます。 ○吉良財政課長   〔説明書②3ページ~ 第2款地方譲与税~第12款交通安全対策特別交付金について説明〕 ○倉掛分科会長   質疑、意見はありませんか。  〔「なし」の声〕 ○倉掛分科会長   ないようですので、質疑、意見を終結いたします。  

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 建設分科会)

なお、議長から発言の申し出があった場合には、地方自治法第105条の規定等に基づき、分科会長の判断で発言の許可をいたしますので、御了承ください。  以上、御協力のほどよろしくお願いいたします。  初めに、土木建築部の案件について審査を行います。  ここで審査に先立ちまして、広瀬土木建築部長から発言を求められておりますので、これを受けたいと思います。

津久見市議会 2019-09-17 令和元年第 3回定例会(第2号 9月17日)

また、本年7月に総務大臣への支援要請、8月には大分県知事への支援要請、そして総務省地方債課への地方債協議を行い、以前より前進が見られているところです。  具体的に想定される財源として、地方債については「公共施設等適正管理推進事業市町村役場機能緊急保全事業」を中心に協議を行っており、部分的な機能につきましては、緊急防災減災事業債、過疎債の可能性を探っている状況でございます。  

別府市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第4号 9月17日)

本来、地方自治体の役割というのは、地方自治法で決まっております。「地方公共団体は、住民の福祉の増進を図ることを基本として地方行政を担う」と書いてありますね。そして、続いて、国はこの地方自治体の役割、この趣旨を達成するために、国が果たすべき役割を担う、こういう組み立てになっております。その国の役割を具体化したものが地方交付税だというふうに私は理解しております。

大分市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第5号 9月17日)

次に、第4条、地方債の補正につきましては、異議なく原案を承認することに決定いたしました。  次に、一般議案の議第77号、大分市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定についてであります。これは、地方公務員法に規定する会計年度任用職員給与及び費用弁償について条例を制定しようとするものであり、異議なく原案を承認することに決定いたしました。  

大分市議会 2019-09-17 令和元年決算審査特別委員会( 9月17日 全体会)

6款地方消費税交付金は90億9,000万円で、前年度に比べ1億6,400万円の増となっており、これは個人消費の持ち直しによるものでございます。  次に、11款地方交付税は91億6,300万円で、前年度に比べ4,300万円の増となっており、これは主に市税の減収に伴い、基準財政収入額が減になったことによるものでございます。  

別府市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号 9月13日)

それがさっき言いましたように、国から県へ、地方権限委譲された。このまんまで行政がほったらかしだったのですよ。全部地域に任せきり。ただ、これを行っている地域は畑があるところ、田んぼがあるところ、そこだけです。このまちの中ではありません、水路がありませんからね。ですから、亀川の一部は、いまだに水路と側溝が一緒になっている部分がたくさんあるのですね。そうなると、水路にはふたがけできない。

宇佐市議会 2019-09-13 2019年09月13日 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

ただいま出席議員は二十二名で、地方自治法第百十三条の定足数に達しておりますので、議会成立いたしました。  令和元年九月第四回宇佐市議会定例会を再開いたします。  これより本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、昨日に引き続き、市政一般に対する質問となっております。   

宇佐市議会 2019-09-12 2019年09月12日 令和元年第4回定例会(第4号) 本文

ただいま出席議員は二十一名で、地方自治法第百十三条の定足数に達しておりますので、議会成立いたしました。  令和元年九月第四回宇佐市議会定例会を再開いたします。  これより本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、昨日に引き続き、市政一般に対する質問となっております。