2228件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇佐市議会 2019-09-27 2019年09月27日 令和元年第4回定例会(第7号) 本文

報告第十九号 平成三十年度宇佐市健全化判断比率の報告について、報告第二十号 平成三十年度宇佐市資金不足比率の報告についての件でございますが、これは地方公共団体財政の健全化に関する法律第三条第一項及び第二十二条第一項の規定により、平成三十年度決算に基づく宇佐市の健全化判断比率及び資金不足比率について、監査委員の意見をつけて報告するものであります。  

大分市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第6号 9月26日)

8款土木費4項都市計画費6目横尾公共団体区画整理事業費の決算額は3億2,004万3,000円です。莫大な費用を投じても幹線道路にアクセスせず、メリットの少ない事業が聖域となっており、認められません。  次に、市民から批判の強い事業についてです。  8款土木費4項都市計画費1目都市計画総務大分市中心市街地祝祭広場整備事業費の決算額は2億4,383万4,000円です。

別府市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第6号 9月20日)

3 補助金の必要性の検証  各種団体への補助金は、団体運営費補助金やイベント補助金等があるが、特に団体運営費補助金補助金額も大きく、事業内容の公益性と透明性を高めることが必要である。当該団体の収支状況等、補助金交付の妥当性を十分に検証し、適正な補助金の執行を図ること。  4 次年度令和2年度の予算編成等について  本意見書を令和2年度の当初予算編成に反映することを要望する。  

大分市議会 2019-09-20 令和元年決算審査特別委員会( 9月20日 厚生分科会)

今年度、補助対象団体が2団体から4団体に増加しているが、今後、事業を実施する老人クラブ等の団体がさらに増えるように、取り組みを進めていくとともに、学生等が企画する高齢者との交流に係る活動についても補助の対象とするなど制度の拡大に係る検討を行う中で、この事業が全市的に広がっていくことを期待して、継続とした」。 ○田島分科会長   意見はございませんか。  

別府市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第5号 9月18日)

しかし、内容を見ると特に気になるのは労働生産性、これは類似団体の半分以下なのですね、局長。これはちょっとひどすぎる。そういうことを踏まえて企業局ができてから言うけれども、水道水道下水道下水道だということで、そういう見方をしていくと、これはうまくいかないと思うのですね。1本になったら1本。

大分市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日 総務分科会)

また、大分市総合型地域スポーツクラブの皆さんが参加し、スポーツ・オブ・ハートをきっかけに地域スポーツ団体の取り組みを市民に知ってもらうことで、スポーツの振興に向けた取り組みを行います。  事業成果の検証に当たっては、これまでの来場者数の把握等に加え、スポーツ・オブ・ハートに参加した市民にアンケート調査を実施するなど、より適切な検証をすることとしています。  

別府市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第4号 9月17日)

従来からの外部指導者を積極的に活用するとともに、スポーツ団体等と連携した人材確保の方法についても検討していきたいと考えております。 ○9番(三重忠昭君) 早急な対応をお願いします。場合によっては国とか県とか、そういったところにもかけ合いながら支出金の増額など対応策を講じていただきたいというふうに思っております。  

宇佐市議会 2019-09-13 2019年09月13日 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

一般社団法人サマーインジャパンは、非営利教育支援団体として、二〇一三年から、毎年、大分県内でハーバード生が講師の英語サマースクールを開催しています。団体目的は二つあり、一つは、二十一世紀にふさわしい教育を世界中の子供たちに提供することであります。もう一つは、海外大学生を日本に招いて日本のよさを知ってもらい、広めてもらうことであります。  

大分市議会 2019-09-12 令和元年経済環境常任委員会( 9月12日)

ラグビーワールドカップの期間中、農林水産部において、関係団体とともにおもてなしイベントを開催し、大分市の魅力発信を行ってまいります。  まず、1点目は豊後料理についてです。  豊後料理とは、大分の食材と食文化を融合させたおもてなし料理として、昨年度から飲食店での提供を始めたところです。今年度も10月から2カ月間、47店舗で提供することとなっております。  

大分市議会 2019-09-12 令和元年総務常任委員会( 9月12日)

資料の(1)にお示ししております計画の構成要素と策定の方針でございますが、国は、平成29年6月に文化芸術基本法を定めまして、その4条において地方公共団体の責務について明記しております。また、国や県の計画、取り組みや大分市の関連計画などとの整合性を図りながら、第2次大分市文化・芸術振興計画を策定する予定でございます。  

大分市議会 2019-09-12 令和元年建設常任委員会( 9月12日)

資料中央下段になりますが、ダム完成後の地域振興の取り組みとしまして、ななせダムが末永く地域の人々に親しまれ、ダムを生かした水源地域の自立性、継続的な活性化とバランスのとれた流域圏の発展を視野に置いたななせダム水源地域ビジョンを策定することとしており、市長を中心としたななせダム水源地域ビジョン策定委員会や各団体、市役所の関係課が参加する協議会、そして各分科会が開催されております。