129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津市議会 2020-09-10 09月10日-04号

当面、まずは今もやっていますが、市内やそれから県内市町村、そして九州周防灘定住自立圏内、こういった近隣自治体などのエリアからの誘客から取り組んでいきたいと考えています。以上です。 ○議長山影智一)  林議員。 ◆14番(林秀明)  観光策は、明るく楽しく元気にやりたい。議長の許可を得て、一万円札中津の銘菓の箱を置かせてもらいます。よく御覧ください。 それではお伺いします。

中津市議会 2020-09-08 09月08日-02号

現在のところ、中津市においても、中津市内中心に、大分県内及び九州周防灘地域定住自立圏域に限定した観光情報発信に力を入れています。 また、中津地域資源を知ってもらう取組の一つとして、現在、「食べて応援2020中津耶馬渓食周遊キャンペーン」を市内飲食店で展開して、近隣住民を含む市民中心に、食の観光を進めています。 

中津市議会 2020-06-08 06月08日-01号

最後に、九州周防灘地域定住自立圏取り組みについてであります。 中津市民病院中津市の買い物施設等への移動手段確保のため、中津市と豊前市とで共同運行してきましたコミュニティバス豊前中津線でありますが、4月1日から吉富町とも共同して運行することになりました。吉富町内の駅や医療機関などの4か所に停留所が設けられ、利便性がより高まりました。

中津市議会 2020-02-21 02月21日-01号

パンフェスやカレーフェス、市内・近郊で活躍する企業などが参加する周防灘地区産業フェスが行われ、多くの市民でにぎわいました。 また、国土交通省令和元年度「手づくり郷土賞」に鶴市花傘鉾保存振興会が選定され、2月12日、中津歴史博物館において認定証が授与されました。民俗芸能保存・伝承や清掃活動など、ふるさとを愛する心の醸成と地域コミュニティの形成に寄与してきた功績が認められたものです。 

宇佐市議会 2020-02-18 2020年02月18日 令和2年第1回定例会(第1号) 本文

記 十二月十八日 議場閉場式    二十日 懲罰特別委員会開催   二十六日 日出生台演習場米軍実弾射撃訓練に関する九州防衛局        への要請活動福岡市)  一月 六日 議場開場式    十六日 懲罰特別委員会開催    十六日 東京都瑞穂町議会行政視察    十七日 知事を囲む自治運営懇話会出席大分市)    十七日 議会活性化特別委員会開催   二十二日 第一回九州周防灘地域議会連携協議会

中津市議会 2019-12-20 12月20日-08号

吉富町は平成21年11月の九州周防灘地域定住自立圏協定では未締結でしたが、令和2年1月の協定締結に向けて事務作業が進められています。このことにより、行政サービスなどを共有し、圏域での連携を強めることと併せて、道路ネットワークを強化することによる小児救急医療体制公共交通確保広域観光圏推進など、さらに大きな期待が寄せられています。 

中津市議会 2019-12-18 12月18日-07号

こういった体育施設は、九州周防灘定住自立圏連携した協力体制をもって、将来造っていくというようなことが必要ではないかなと思います。 また、先ほど林議員から出ましたスポーツ施設については避難施設と兼ねてということでありますけど、避難施設になると各自治体でそれぞれが確保しなければならないから、逆にそういうスポーツ施設連携というのが難しくなるのではないかなと思っています。 問題は、もう本当に財源です。

宇佐市議会 2019-12-04 2019年12月04日 令和元年第5回定例会(第3号) 本文

「昔の周防灘総合開発があって、宇佐市の人口が十万人を目指していっているというですね、大きな将来構想のもとに色塗りがされております」。要は都市計画のことですね。  「都市計画法というのは非常に強い法律なんですね。そのために、用途区域を設定するにはきちっとした調査をし、色塗りをしたときに、ちゃんと皆さんにお見せをし、公聴会も開きといういろんなプロセスを経て決めているんですよね。  

中津市議会 2019-12-04 12月04日-04号

また、中津商工会議所青年部の主催で、周防灘エリアで活躍する企業、団体などの事業紹介地場産品紹介や販売など就活中の学生から一般市民まで幅広く楽しめる12月22日開催予定周防灘地区産業フェスにも支援してまいります。さらに、企業情報を市のホームページで公開する企業情報提供サイトなど、地元企業の魅力や求人情報を広く市内外に周知し、雇用につなげているところであります。 

中津市議会 2019-12-02 12月02日-02号

周防灘漁獲量の大幅な減少などにより、漁業の後退は自然環境での大きな問題といえます。漁業を支える水全ては資源と位置付け、耶馬溪ダム平成大堰水利用分野と共存しながら、周防灘地域定住自立圏中心地として、時代に沿った新たな概念、生きた水、漁業用水の提案は重要だと感じます。この環境発信は生き物にとって大切ではありませんか。 

中津市議会 2019-11-22 11月22日-01号

次に、九州周防灘地域定住自立圏についてであります。 10月31日に圏域の首長が集まり、懇談会開催いたしました。吉富町の定住自立圏への参加に向けた取り組みの報告と、来年4月からの次期共生ビジョンの概要や圏域での取り組み等について意見交換を行いました。今後も、この定住自立圏結びつきを維持し、積極的に連携して、中心市として圏域全体の発展に努めてまいります。 

中津市議会 2019-06-07 06月07日-01号

3月28日、中津市民病院において、九州周防灘地域定住自立圏を構成する各自治体関係者出席のもと、ビジョン懇談会開催し、各地域の課題や進捗状況、今後の取り組みなどについて意見をいただきました。今回は、圏域における市民病院小児救急センターの役割について理解を深めていただく目的で、現地見学も併せて実施いたしました。 また、5月7日には、吉富町から定住自立圏への加入を検討したい旨の意向が示されました。

宇佐市議会 2019-03-01 2019年03月01日 平成31年第1回定例会(第4号) 本文

現在、周防灘地域定住自立圏の四市二町で取り組んでいる、小児救急医療体制確保県北三市及び日田による地方拠点都市地域整備推進県内六市町によるAcrocity協議会による自治体クラウドを活用した情報管理システムのほか、広域観光など、複数の分野において広域連携を行っています。  

宇佐市議会 2019-02-19 2019年02月19日 平成31年第1回定例会(第1号) 本文

記 一月 十五日 会派代表者会議開催     〃  総務常任委員会開催     〃  県北六市議長懇話会出席中津市)    十六日 第一回九州周防灘地域議会連携協議会出席行橋市)    十八日 知事を囲む自治運営懇話会出席大分市)   二十一日 議会活性化特別委員会開催   二十二日 議会運営委員会開催   二十五日 国東半島・宇佐の文化を守る会研修会参加市内) 二月  一日