8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

中津市議会 2013-09-13 09月13日-03号

日本天皇を絶対君主とする大日本帝国憲法のもとで行った戦争では、日本政府も認める国連の発表で中国や韓国をはじめアジア諸国では2,000万人、国内では310万人を超える方々が戦火により命を失っています。旧中津市内でも3,200名余、耶馬溪町では420名の方が命を失っています。私の住んでいる校区では、小高い丘に123名の名前が刻まれた慰霊の塔が建っています。 

竹田市議会 2012-06-12 06月12日-02号

それ以前近世君主や支配者が恣意的な租税運用を行う、そういうケースが誠に多かったようでありますが、近世に入ると市民階級が成長し、また課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的になり始めたわけでありまして、併せて公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がったわけであります。

国東市議会 2009-06-18 06月18日-03号

そうした人は最もこのようなことに心を注ぐべきことなりと言っており、こうした理論を君主が採用すれば直ちに効果が現れましたが、現在は民主主義の世の中、一朝一夕にはまいりません。 まず、市民みんなが郷土を愛するがゆえにそうした役人、農家、そうしてものを作るところ、そして売る人、力を合わせてその意識の啓発に取り組むべきことが寛容かと思われます。 

大分市議会 2008-03-14 平成20年第1回定例会(第4号 3月14日)

その鷹山が家督を譲る際に君主の心得としたのが有名な「伝国の辞」です。  ジョン・F・ケネディ大統領は、上杉鷹山を最も尊敬する日本人として挙げていたと言います。そのケネディの大統領就任演説の一節、「国があなたに何をしてくれるかと尋ねてはなりません。あなたが国のために何ができるかを考えてほしい」という言葉は、まさに鷹山の思想そのものと言えます。  

大分市議会 2001-03-21 平成13年第1回定例会(第4号 3月21日)

民主主義人権の問題については、君主制と専制政治の体制から国民主権政治体制へ、地球的規模での転換が起こりました。現在、国民主権共和制をとる国は、国連加盟国の中でも圧倒的多数を占めています。また、民族独立の点では、一握りの大国によって植民地や従属国として抑圧されてきた民族が、独立と自立をかち取る巨大な流れが沸き起こりました。  

大分市議会 2000-12-15 平成12年第4回定例会(第5号12月15日)

このことは、君主制や専制政治から国民主権政治への転換などの民主主義人権からも、民族独立と非同盟、中立の流れを見ても、平和秩序資本主義への規制を見ても明らかではないでしょうか。  同時に、私たちの目前には、アメリカを中心とした軍事同盟体制や多国籍企業国際融資本の支配体制を中心とした干渉や抑圧、市場経済万能論の押しつけなどの逆流もあります。

  • 1