188件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

国東市議会 2020-03-05 03月05日-03号

合計特殊出生平成25年が1.56で、平成31年は1.60にしているが、1.60は具体的イメージとして年間出生数は何人になるかとの質問に、当時の政策企画課長は全体の人口は2万8,800人前後、合計特殊出生の対象となる15歳から49歳までの女性推計人口は4,260人で、合計特殊出生を1.60としたときの年間出生数は概算で180人とのことでした。

杵築市議会 2020-03-03 03月03日-03号

結婚出産子育てまで切れ目のない子育て支援を行う施策等により、合計特殊出生1.61を2025年以降3割程度伸ばしまして、さらに、社会動態を増加していくことで、本市人口を2045年に2万3,652人、推計値との比較で申し上げますと、4,340人、22.5%増、2065年には2万1,841人、推計値との比較では8,663人、65.7%増とする数値目標を定め、丸ごと創業支援事業消費者に信頼され愛される

宇佐市議会 2020-02-27 2020年02月27日 令和2年第1回定例会(第2号) 本文

項目めの、三子以降のさらなる出産支援のほうになりますけども、現在合計特殊出生は、大分県で平成二十六年から三十年度の平均で今一・五八、他市の状況を見てみますと、大分県下で過去五年間の平均値になるんですけども、特殊合計出生率は宇佐市は一・七〇で県下では上位五番目という形になってます。  

中津市議会 2019-12-04 12月04日-04号

昨日の大塚議員質問でもありましたように、中津市においても合計特殊出生は1.95を維持しているわけですが、出生数減少し、若者、特に女性の皆さんの市外への流出が大きな課題となっています。 市内における若い女性減少は、そのまま少子化人口減少につながる問題であり、労働力不足も含めまして、さらに取り組みを推進しなければならないと考えています。

中津市議会 2019-12-03 12月03日-03号

中津市では、合計特殊出生が1.95と高止まりしていますが、出生数は、平成20年の839人をピークに、平成28年766人、平成29年734人、平成30年には671人と、この10年間で168人も激減しています。 ダイハツ九州創業から14年が経過し、自動車関連企業に採用された大量の若者世代結婚出産ピークが終えんに近づいているからと考察しています。 

中津市議会 2019-12-02 12月02日-02号

一方、合計特殊出生に目を向けてみると、大分県全体の1.65に対して中津市は1.95と県平均を大きく上回っていますが、子どもの数に焦点を当てると減少傾向にあることが伺えます。具体的に言えば、現在、小学生1学年800人前後いますが、未就学児については750人前後であり、特にゼロ歳児は700人を切っています。 

中津市議会 2019-09-11 09月11日-03号

所得家庭生活保護家庭へのクーラー設置電気代助成)     ③市民病院の受け入れと態勢強化     ④小中学生医療費完全無料化は   3.小中学校の備品整備  20番 大塚 正俊   1.地方創生に向けて     ①まち・ひと・しごと創生総合戦略進捗状況重要業績評価指標KPI達成状況     ②旧町村ごと取り組み成果課題     ③人口推移と今後の予測(旧市町村ごと)     ④合計特殊出生

別府市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5号 6月19日)

まず、出生数推移合計特殊出生についてお尋ねしますけれども、少子化人口減少社会が進展する今日、その少子化対策の1つとして、10月より幼児教育保育無償化が実施されるようであります。また、それぞれの自治体では、婚活支援事業子ども子育て支援事業、さらに育児介護休業制度など、働き方改革も増えて、さまざまな少子化対策を講じているようであります。  

別府市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4号 6月18日)

子育て支援でございますけれども、まず、別府市における平成25年度から29年度の5年間にわたる出生数出生率合計特殊出生ですかね、これはどのようになっていますでしょうか。 ○次長兼子育て支援課長月輪利生君) お答えいたします。  別府市の毎年の出生数は、平成25年の900人から平成29年の788人へと、5年間で112名ほど減少し、出生率も7.6から6.8と、0.8ポイント減少しております。

臼杵市議会 2019-03-07 03月07日-04号

また、1人の女性が生涯に産むと見込まれる子供の数の指標であります合計特殊出生については、本年度1.39となり、本市最大課題と捉えております。 もう一つの課題であります適齢期若者、30歳から34歳の未婚率を見ますと、平成27年国勢調査結果で、本市では男性が54.99%、女性が37.94%で全国平均比較しても高い数値となっております。

宇佐市議会 2019-02-28 2019年02月28日 平成31年第1回定例会(第3号) 本文

ですので、祝い金事業が、大きく合計特殊出生に貢献しているかと言えば、はっきりいって何とも言えないということでありました。しかし、逆にこれをしなかったら、もしかしたら出生率が大幅に落ちているかもしれないので、逆にこれを実施していることが、維持している要因かもしれないとも言われておりました。  

国東市議会 2018-12-06 12月06日-02号

KPIは、合計特殊出生であります。合計特殊出生とは、女性出産可能な年齢を15歳から49歳までと規定をいたしまして、それぞれの女性年齢ごと出生率を算出し、それを合計することで、1人の女性平均して一生の間に何人の子どもを産むかを表したものであります。平成31年度の目標とする合計特殊出生は、1.60であります。平成29年度の実績は1.57でありました。