9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

宇佐市議会 2015-12-01 2015年12月01日 平成27年第5回定例会(第1号) 本文

また、憲法学者のほとんどが違憲としているとのことですが、二〇一五年六月末に朝日新聞憲法学者二百九人に対しアンケートを行い、百二十二人からレスポンスがあり、そのうち百四人が違憲、十五人が違憲の可能性がある、二人が合憲、一人が無回答だったそうです。ただ、次のアンケート結果に注目していただきたいと思います。この百二十二人のうち、七十七人が自衛隊違憲としているということです。

大分市議会 2015-07-10 平成27年第2回定例会(第6号 7月10日)

国会で議論されています安全保障法制につきましては、政府解釈によって憲法の内容を変更するのは違憲だ、いや合憲だと議論されているところであります。この日本国憲法第15条第2項において、「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。」と規定されています。  このことは、代表質問に対する回答において、佐藤市長も述べられました。

別府市議会 2015-03-23 平成27年第1回定例会(第7号 3月23日)

なお、条例に係る「2親等規制」については、最高裁判所平成26年5月27日に「議員の職務執行の公正を確保するとともに、議員の職務執行の公正さに対する市民疑惑や不信を招くような行為の防止を図り、もって議会の公正な運営と市政に対する市民の信頼を確保することにある」から「規制の目的は正当なものということができる」として、「議員地位を失わせるなどの法的な強制力を伴わない限り、合憲」との判断を示していることを

別府市議会 2008-03-13 平成20年第1回定例会(第6号 3月13日)

数日前ですか、新聞テレビ等でもございましたが、この住民基本台帳ネットワークシステムプライバシーの侵害などが心配されるということで、ネットワークシステムから離脱を住民が求めていた、勝手に自治体がされても困る、離脱したいというようなことが裁判で争われておって、最高裁で3月6日に、あくまでもこの基本台帳ネットワーク合憲だという判定が出たりして、ちょっと話題がありましたけれども、それでも全国での普及率

別府市議会 2004-09-15 平成16年第3回定例会(第6号 9月15日)

しかし、改憲勢力は、憲法違反の多国籍軍への参加を名実ともに合憲とすべく、憲法改定を行おうとしております。私たちは、このような動きに強く抗議するものであります。  よって、国会及び政府におかれては、改憲することなく、先駆的な憲法平和原則を日本と世界の平和に役立てるよう、強く要望します。  以上、地方自治法第九十九条の規定により意見書を提出いたします。       

別府市議会 2003-06-24 平成15年第2回定例会(第3号 6月24日)

八十九条文字どおり解釈すると違憲のように私は思いますが、現実の政治上、法律上の解釈では合憲ということになっています。一言一句憲法を変えるなという護憲の姿勢では、現実の政治は成り立ってはいきません。先ほどの当局のお答えのとおり、多額の補助別府市も出しておるわけでございますので、柔軟な考えで市長も市政に取り組んでいただきたいと思います。  これで、次の質問に入りたいと思います。  

大分市議会 1999-07-08 平成11年第2回定例会(第5号 7月 8日)

特に、犯罪捜査のための通信傍受に関する法律案につきましては、憲法保障する通信の秘密プライバシー保護との観点からの合憲性や通信傍受を対象とする犯罪あるいは通信傍受ができる要件、また、通信傍受の際の第三者の立ち会いなどにつきまして種々審議されているようでございます。  今後、引き続き国会での慎重な審議がなされるものと思われますことから、その推移を見守ってまいりたいと考えております。  

  • 1