39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

津久見市議会 2019-09-27 令和元年第 3回定例会(第4号 9月27日)

本件は、第5次津久見市総合計画後期基本計画を策定するに当たり、これまでの委員に加え、より多様な方々の参画を図っていくため、条例で定める審議会の構成人数を増員する改正を行うもので、委員から、何人増やし、どの業種を考えていますかとの質疑があり、25名までと考えており、司法書士税理士、NPO法人、もしくは若い年齢層の方々を入れたいと思っておりますとの答弁があり、そのほかにも質疑はありましたが、審査の結果

津久見市議会 2019-06-21 令和元年第 2回定例会(第3号 6月21日)

現在、弁護士司法書士行政書士等の専門職が主に後見人を担っており、今後、制度の利用者の増加により後見人不足が予想され、市としても市民後見人の重要性が増すことを想定しております。今後も育成に向けて支援センター・バトンなど関係機関と連携し、取り組んでまいります。  以上でございます。 ○議長(髙野 至議員)  黒田浩之議員。 ○10番(黒田浩之議員)  ありがとうございます。  

津久見市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(第2号 3月11日)

さらに、10年有効パスポートを取得したり、公認会計士司法書士行政書士などの資格を取得したりすることもできるようになります。  未成年者の場合は、契約には親の同意が必要ですが、未成年者が親の同意を得ずに契約した場合には、民法で定められた「未成年者取消権」によって、その契約を取り消すことができます。

別府市議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会(第3号 9月20日)

一方、成年後見人制度は、住居の確保や施設への入所契約治療・入院等の医療に関する契約といった生活支援財産管理に関する法律行為全般を行う事業でありまして、家族親族司法書士弁護士社会福祉士等が担っております。  なお、日常生活自立支援事業の利用者であっても、判断能力がないとされる場合は、成年後見人制度への移行が必要となります。

大分市議会 2017-12-13 平成29年総務常任委員会(12月13日)

まず、資料の1、制度導入の背景についてですが、平成23年から平成24年にかけての司法書士行政書士による全国的な住民票等の不正取得事件を受けまして、全国の市町村個人情報保護、不正取得抑止の対策として、本人通知制度の導入が進んでまいりました。  大分市におきましても、平成24年に事前登録型本人通知制度を導入いたしました。

宇佐市議会 2017-09-07 2017年09月07日 平成29年第5回定例会(第4号) 本文

この多種多様な問題を解決するためには、税理士さんであるとか司法書士さんであるとか、中には金融機関も入ってくるかもわかりませんし、相談診断士という専門業者、こういったところと相談をしていかないとなかなか前に進まないということで、空き家バンクのみで問題を解決するのは非常にハードルが高いということで、各種専門家に相談できる体制が不可欠という内容となっております。  

津久見市議会 2016-12-13 平成28年第 4回定例会(第2号12月13日)

先ほど成年後見制度の周知徹底を行うと聞きましたけれども、他県の事例ですけれども、津久見市のような小さな市において、市独自で成年後見に取り組むことはちょっと、大きなところであれば、弁護士行政書士司法書士の方々の法律専門家の方々が担当されていると思うんですけれども、津久見のような小さなまちでそういうことに取り組んでいこうにも、そういった人材がなかなか不足していると思うんですが、そういったことに対してどうお

津久見市議会 2014-09-17 平成26年第 3回定例会(第3号 9月17日)

親族弁護士司法書士社会福祉士などが管理をします。悪徳商法にひっかかり、大量の商品や高額商品を購入したり、ひとり暮らしのおたくでは次々と食品を購入し、冷蔵庫の中のものが腐っていたりと、誰かの支えがあれば、今住んでいるところで暮らせます。核家族化や高齢化の急速な進展に伴い、認知症高齢者の増加、障がい者を擁護している親等の高齢化が進む中、成年後見制度への需要は今後増加をしていくと思われます。  

宇佐市議会 2014-09-09 2014年09月09日 平成26年第3回定例会(第2号) 本文

で、振り込み詐欺に遭われた方が増加しているというマスコミの報道がですね、されておりましたが、戸籍謄本や住民票等ですね、司法書士の方が職務上の請求書を使えば取得できるということになって、この事前通告制度ができてきたわけです。  ところがですね、目的外に使用されたり身元調査に使われて、個人情報の流出が問題となってきております。

津久見市議会 2013-06-18 平成25年第 2回定例会(第3号 6月18日)

こういうことが、津久見市だけではありませんが、冒頭申し上げました「おにぎり食べたい」といって日記を残した餓死事件、これが弁護士、それから司法書士、学者、市民らが小倉北区福祉事務所長を保護責任者遺棄致死公務員職権濫用罪福岡地検小倉支部に刑事告発をいたしました。  この判決では、2011年3月29日に地裁の小倉支部で判決が確定しております。

津久見市議会 2013-06-17 平成25年第 2回定例会(第2号 6月17日)

ですので大分に行って手続をしないといけないというような事態になり兼ねないということで、私は行政書士でありますが、司法書士の先生方とも連携をとって、何とか残してほしいと今の臼杵の公証人役場は臼杵の商工会議所が運動をして設置をされたというふうに聞いておりますので、商工会議所や臼杵市とも連携しながら津久見市の皆さんにもぜひ御協力をお願いしたいと思っております。

宇佐市議会 2010-06-16 2010年06月16日 平成22年第3回定例会(第4号) 本文

土地の総面積は、四千二百二十八平方メートルのうち、市の名義の土地が二千五百六十九平方メートル、残りの千六百五十九平方メートルが三十一人共有の名義になっており、共有地部分の登記の面で一時中断をいたしておりますが、今後、司法書士と協議をいたしまして一定の手順を踏み、できる限り早い時期に公売手続等をとりたいと考えております。  

大分市議会 2009-12-08 平成21年第4回定例会(第4号12月 8日)

成年後見人は、親族弁護士司法書士社会福祉士の方々が担っておられます。  私は、去る11月10日、世田谷区へ成年後見制度について視察に行ってまいりました。  世田谷区の取り組みは、判断能力が不十分であっても、地域の中で安心して暮らすことができる仕組みづくりを目指し、平成17年10月3日、世田谷区成年後見支援センターを開設しております。運営は、世田谷区社会福祉議会委託しております。

宇佐市議会 2009-06-12 2009年06月12日 平成21年第5回定例会(第3号) 本文

その当時は、当地区の方にお聞きしたら、とてもじゃないが登記できないよというようなお話を承って、一時、今日まで中断をしたところでありますが、最近なりまして、民法上で土地取得時効という事項がありますので、それを適用すれば多分、市有地に登記できるんではなかろうかという情報をいただいておりますので、今後、司法書士弁護士等を通じて、できるものなら裁判所に申し立てをして、それが市有地になりましたら、できる限

  • 1
  • 2