12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大分市議会 2017-06-21 平成29年経済環境常任委員会( 6月21日)

次に2点目の、ヒアリにつきましては、原産地は南米でございますが、世界では北米や中国フィリピン台湾等にも外来生物として定着してきており、世界各地で大きな問題となっております。  次に、特徴でございますが、赤茶色の小型のアリで、腹部は濃く黒っぽい赤色をしております。体長は2.5ミリから6ミリと大きさにばらつきがございまして、土でアリ塚をつくってすむことも特徴とされております。  

宇佐市議会 2015-06-11 2015年06月11日 平成27年第3回定例会(第4号) 本文

また、地域との交流事業につきましては、西椎屋地区が宇佐のマチュピチュのPRを兼ねて南米留学生と交流したほか、深見地区まちづくり協議会や安心院地区まちづくり協議会が市の交付金等を活用し、毎年、地域イベントでの交流を行っているところでございます。そのほかといたしましては、学園祭での観光物産PR事業や、各種行事における通訳を依頼するなど、協定の幅広い活用を図っているところでございます。  

宇佐市議会 2014-12-12 2014年12月12日 平成26年第4回定例会(第5号) 本文

七点目、三十二ページの十三節委託料の測量設計委託四百二十四万円の内容についてですが、院内町西椎屋地区の景観南米ペルー共和国のマチュピチュに似ていることから宇佐のマチュピチュと呼ばれており、観光客も年々増加しております。また、展望台整備につきましては地元西椎屋地区からの強い要望もありました。

大分市議会 2010-03-23 平成22年経済常任委員会( 3月23日)

世界では、古くからWTOを補完するものとして、1950年代中ごろのヨーロッパのEC経済共同体を初め、1989年の北アメリカ大陸アメリカカナダメキシコによるNAFTA──北米自由貿易協定地域、1991年の南米大陸ではブラジルアルゼンチンなど4カ国によるメルコロース──南米南部共同市場、1993年の東南アジアにおけるAFTA──ASEAN自由貿易圏など、世界各国でFTAが締結されてきておりますが

宇佐市議会 2009-12-07 2009年12月07日 平成21年第8回定例会(第3号) 本文

今、南米の某国が世界の注目を集めているようであります。千メートル以上の高地に多くのリチウムの存在が確認され、リチウムを制するものは自動車を制すると言われているからです。エネルギー源の変化は産業イノベーション新時代の到来を予想させますが、この不況はさらに格差社会を増大させたように思えてならないのであります。  厚労省は二〇〇六年の相対的貧困率の調査結果を発表いたしました。

  • 1