92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津久見市議会 2019-06-21 令和元年第 2回定例会(第3号 6月21日)

それは、児童・生徒が集団の中で多様な考えに触れ、認め合い、協力し合い、切磋琢磨することを通じて一人一人の資質や能力を伸ばしていくという学校の特質を踏まえ、小・中学校では一定の集団規模が確保されることが望ましいという考えに基づくものです。  昨日、丸木議員の御質問に対する答弁の中でもお答えしましたが、中学校の統合を考える上で適正規模の学校が必要な理由としては、次の3点があります。  

別府市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第6号 3月19日)

私と同じようにこの行政の中で一緒に切磋琢磨して意見を交わしていただいた。本当にありがたく思っています。一緒に肩を組み合って一杯飲んだり、ゴルフをしたり、行政の話をしたりね。その人方がもう卒業していく、60歳でね。私も実働33年、議員として36年になりますけれども、もうそんなに過ぎたのかなと思っています。  

津久見市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(第2号 3月11日)

社会性・自主性・協調性等を育むためには、多くの個性的な生徒と出会い、日々の学校生活の中で、お互いに切磋琢磨する環境が大切です。  2点目は、進学などの進路希望に適切に対応するには、教科の専門性を確保することが大切です。そのため、国語、数学、理科社会英語などの専門の教員を複数配置することで、教科の専門性がより高められ、充実した指導が受けられます。

津久見市議会 2018-12-11 平成30年第 4回定例会(第2号12月11日)

社会性・自主性・協調性等を育むためには、多くの個性的な生徒と出会い、日々の学校生活の中でお互いに切磋琢磨する環境が大切です。  2点目は、進学などの進路希望に適切に対応するには、教科の専門性を確保することが大切です。そのため、国語、数学、理科社会英語などの専門の教員を複数配置することで教科の専門性がより高められ、充実した指導が受けられます。

大分市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第4号 9月12日)

当然、2期目もやっていただけなければならないなというふうには思っておりますし、また、これからも馴れ合いばかりではなく、二元代表制として是々非々言い合いながら、互いに切磋琢磨し合いながら、大分市発展のために、ともに頑張っていきたいというふうに思っております。  我々自民党市議団一同、佐藤市政2期目誕生に向けて粉骨砕身、御支援させていただくことをお約束をいたしまして、私の質問を終わります。

津久見市議会 2018-06-19 平成30年第 2回定例会(第2号 6月19日)

社会性・自主性・協調性などを育むためには、多くの個性的な生徒と出会い、日々の学校生活の中で、お互いに切磋琢磨する環境が大切であること。②、進学などの進路希望に適切に対応するには、教科の専門性を確保することが大切である。そのため、国語、数学、理科社会英語などの専門の教員を複数配置することで、教科の専門性がより高められ、充実した指導が受けられる。

津久見市議会 2017-12-12 平成29年第 4回定例会(第2号12月12日)

ただ、御指摘のように、生徒数、児童数が減少する中で、スポーツというものに対する競争心とか、切磋琢磨するという点については、やはり課題はあるかなというところは、当然考えておりますので、今後もさまざまな関係者と連携しながら、子供を多面的に捉えながら、どのような角度から支援をしていけば、子供たちがより充実して成長していくのかというところを考えながら、取り組んでまいりたいと考えております。

大分市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第4号 9月12日)

この実施方針では、幼稚園保育料が公私同額となることを踏まえ、市立と私立が、それぞれの役割を担い、連携・協調しながら切磋琢磨し、保護者のニーズに応じた特色ある教育子育て支援活動を展開することが重要であり、適正配置や多年制保育の拡大などの市立幼稚園のあり方については、新制度施行後の園児数の推移、私立幼稚園及び保育所認定こども園への移行状況や、保育所待機児童数の状況を見きわめながら、今後大分市全体

大分市議会 2016-06-13 平成28年第2回定例会(第1号 6月13日)

このたびのこの受賞は、市民の皆様方はもとより、互いに切磋琢磨をしてまいりました佐藤市長さん初め、歴代の釘宮市長さん、木下市長さん、そして、また執行部の皆さん方や先輩、同僚議員の皆様方の御指導、御鞭撻のたまものでありまして、この席をかりまして、厚く御礼を申し上げる次第でございます。  

国東市議会 2015-09-07 平成 27年 9月定例会(第3回)-09月07日−04号

当然、競合することが考えられるわけであって、今回も民営でするということですから、お互い民間同士ですから切磋琢磨していただいて盛り上げていくのが一番なんでしょうけども、ややもすれば類似施設に対して大きな損失等もかける可能性がありますけども、その辺についての考え方についてどのように考えているのか、質問いたします。 ○議長(木田憲治君) 林業水産課長

大分市議会 2015-07-08 平成27年第2回定例会(第4号 7月 8日)

さらに、既成の作家がお互いに切磋琢磨し、情報交換しつつ、モチベーションを維持できるような芸術情報の拠点あるいは作家サロンとしての空間の提供も考えられます。  芸術文化的な空間の中で、美術というジャンルにこだわらない複合的な機能を持つ空間としても期待されます。その意味では、美術館がこれまで実現してきた音楽会や結婚式などの実績を高く評価します。

津久見市議会 2015-06-19 平成27年第 2回定例会(第3号 6月19日)

さらに、「学校教育においては、児童生徒が集団の中で、多様な考えに触れ、認め合い、協力し合い、切磋琢磨することを通じて一人一人の資質や能力を伸ばしていくことが重要であり、小・中学校では一定の集団規模が確保されていることが望まれます。」とあります。  このようなことから、今後、津久見市内の小・中学校においても、適正規模の教育環境を整備するための検討をしていきたいと考えております。  

大分市議会 2015-03-13 平成27年第1回定例会(第4号 3月13日)

また、平成19年度から民間企業等の実務経験者を対象とした選考試験を実施しており、土木職や建築職について新年度には4名を採用することとしておりますが、こうした経験者枠の採用者はこれまで20名に上り、いずれの職員も即戦力として活躍し、同僚職員とも切磋琢磨することで、技術職員全体の技術力の向上にもつながっているものと考えております。