18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

豊後大野市議会 2018-12-11 12月11日-03号

やっぱりコミュニケーションを深めるためには、世界の共通の英会話が必要だという報告をほとんどの生徒たちが述べておりました。やはり生徒も英会話の重要性というのを認識したようであります。「鉄は熱いうちに打て」ということわざがありますけれども、小学生のうちから英会話になじむように、大いに推進されるように望みたいと思います。 

大分市議会 2018-06-22 平成30年文教常任委員会( 6月22日)

幕府の文書がそれで書くということは、藩の文書もそれで書きますし、武士もみんなその文書を使うということで、古文書日本共通ということになっております。話す言葉が、青森鹿児島の人で通じなくても、文書交換すると通じると、そのようなことで共通の役割を古文書は果たしています。 ○高橋委員   そうしたら、誰でも大体こういうものについては読めるということですか。

宇佐市議会 2013-06-18 2013年06月18日 平成25年第3回定例会(第3号) 本文

五項目め、英語教育についての一点目、日本の中のUSAとして、モデルとなるような事業や取り組みはについてですが、英語教育国際共通としての英語になれ親しむこと、特に音声を中心に話したり、聞いたりする活動を通じて、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を、早期から育てることが重要です。  宇佐市はUSAでもありますので、特に英語教育意識して取り組みを進めております。

臼杵市議会 2010-09-15 09月15日-03号

学校教育の場では、その指導内容の基準を示しています学習指導要領がありますが、その中の小学校5・6年生の国語では共通方言との違いを理解することとなっており、また中学校2年生の国語では、共通方言の果たす役割について理解することとなっております。ここでの指導は、共通方言との違いやその歴史的背景を踏まえた役割等を教えることであり、直接的に方言そのものを教えるものではありません。 

別府市議会 2008-08-29 平成20年第3回定例会(第4号 8月29日)

中央教育審議会でも、「21世紀を生き抜くには国際共通として不可欠」、また「言語の感覚が深まり、国語力の育成にもよい影響が与えられる」などの観点から、小学校5年生からの英語必修化を提言しております。国際社会で十分に活躍していくことができるように小学校から英語教育の導入がされることは非常によいことだと思うところでございます。

別府市議会 2007-12-07 平成19年第4回定例会(第4号12月 7日)

また御理解をいただいているという意味で、もう長くはお話をしませんが、簡単に「ONSENツーリズム」については、温泉、「ホットスプリング」の温泉と、ローマ字であらわしたのは「音の泉」という音楽、ミュージック、そういう意味の芸術文化の向上という2本立てのツーリズム、総合産業として世界に広めたい、世界共通にしたいという思いの中で「ONSENツーリズム」という言葉を使わせていただきました。

宇佐市議会 2007-06-25 2007年06月25日 平成19年第3回定例会(第4号) 本文

世界共通 │    ┃ ┃      │   としての英語力は、以前の調査結果から │    ┃ ┃      │   示されたように、国際社会における日本 │    ┃ ┃      │   の位置からすると、かなり劣っていると言 │    ┃ ┃      │   わざるを得ない状況にある事が報告されて │    ┃ ┃      │   いる。                 

別府市議会 2006-03-09 平成18年第1回定例会(第7号 3月 9日)

これはもう世界共通にしたいという思いを言いました。これは「ONSEN」はホットスプリングの温泉だけではなくて、「音の泉」と書ける音楽、ミュージック、心をいやせる、そういうミュージックを踏まえた二本立てのツーリズムが別府版の「ONSENツーリズム」という形で私は説明をさせていただきました。

別府市議会 2005-06-16 平成17年第2回定例会(第5号 6月16日)

その名前の意味につきましては、世界に誇る天然資源である温泉ということと、温泉によるいやしのまちづくりを目指すための、「音の泉」と書く「音泉」、また「ONSEN」という言葉を世界に発信したいという、世界共通にしたいという期待を込めまして、ローマ字による「ONSEN」というふうに表記をしております。

別府市議会 2004-12-07 平成16年第4回定例会(第3号12月 7日)

別府市におきましても、その「ツーリズム」を別府型としての固有の文化であります温泉を、そしてその温泉を世界の共通にしたいという気持ちから「ONSEN・ツーリズム」を施策の柱として行っていくべく、今回名称として使用しようとするものでございます。  「ツーリズム」の言葉につきましては、最近の報道ではたびたび使用されておりますし、いろいろな機会でも普及に努めているところでございます。

別府市議会 2004-06-15 平成16年第2回定例会(第3号 6月15日)

これは私は、「ONSEN・ツーリズム」を世界共通にしたい、「ONSEN」という言葉を世界共通にしたいという思いでございまして、その中には、「ONSEN」は先ほどちょっと参事からもお話がありました。「音の泉」と書いても「ONSEN」ですね。だから「ONSEN」はホットスプリングだけではありませんということをしっかりと世界じゅうの人たちにやはり認めていただきたい。

  • 1