運営者 Bitlet 姉妹サービス
48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-09-07 大分市議会 平成29年第3回定例会(第2号 9月 7日) 契約条例について質問いたします。  当会派は、契約条例制定をこの間、一貫して求めてまいりました。6月議会では、引き続き他の自治体の動向を注視、あわせて契約条例の研究を進めていくという御答弁でありました。この間、どのような研究、議論がされたのかを教えてください。 ○議長(野尻哲雄) 佐藤総務部長。 ○総務部長(佐藤耕三) 契約条例についてお答えいたします。   もっと読む
2017-06-20 大分市議会 平成29年第2回定例会(第4号 6月20日) 契約条例について質問をいたします。  長期化する不況で多くの事業者とその労働者から、仕事がない、あっても賃金が安くて生活できないとの声が上がっております。税金を使った公共工事や委託契約でありながら、とにかく仕事との思いから、低価格で入札し、その結果、官製ワーキングプアがつくられる構図が全国で広がっております。   もっと読む
2017-03-24 津久見市議会 平成29年第 1回定例会(第4号 3月24日) 市民の生活を豊かにするために官製ワーキングプアの対策に有効な契約条例の制定も明確な考えを持ち合わせておりません。  地方の衰退は、政府の失政に原因があることは明らかです。これまでの政府主導の地域振興策をしっかり検証し、今後に生かしていかなければなりませんでした。単に有効な振興策だからといって地方創生に飛びつけば、これまで同様の尻切れとんぼの事業になってしまうでしょう。 もっと読む
2017-03-16 別府市議会 平成29年第1回定例会(第4号 3月16日) これはやっぱり把握をして、その契約条例というのをつくって生活できる賃金を保障する、そういうことを前提にした契約を条例化すべきだというようなことも提案してきたけれども、こういうことも「別府はできません」、こういうふうな答弁でずっと繰り返されてきました。   もっと読む
2017-03-16 別府市議会 平成29年第1回定例会(第4号 3月16日) これはやっぱり把握をして、その契約条例というのをつくって生活できる賃金を保障する、そういうことを前提にした契約を条例化すべきだというようなことも提案してきたけれども、こういうことも「別府はできません」、こういうふうな答弁でずっと繰り返されてきました。   もっと読む
2017-03-16 大分市議会 平成29年第1回定例会(第2号 3月16日) 現在、中核市48市のうち、契約条例を制定しているのは8市ございます。うち、労働報酬下限額を定めているのは3市となっておりまして、また、2市が指針を定めております。今後とも他の自治体の動向を見ながら、指針や条例の適用範囲や実効性の確保、労働関係法令との調整など諸課題がございますので、研究を重ねて適正な公契約のあり方について検討を続けてまいりたいというふうに考えております。   もっと読む
2016-03-15 大分市議会 平成28年第1回定例会(第4号 3月15日) 次に、契約条例について質問いたします。  公契約は、公共工事、民間委託とアウトソーシング、公共調達とに大別されますが、どの分野においても今後の地域経済を活性化させるため、また住民の権利や安全を守るための大切な仕事を担っています。   もっと読む
2015-12-15 別府市議会 平成27年第4回定例会(第4号12月15日) これも、もう何回もさまざまな機会に提案をしてきたのですけれども、今、全国であちこち始まっております契約条例というのがあるのですね。これを別府市でも併用すべきではないか、こういうふうに提案をして、何度も質問してきました。そのときのお答えが「検討します」ということでずっと来て、最終的に当時の部長さんが、入札制度改定委員会というのをつくって内部協議をしてきましたと。5回開催しましたと。 もっと読む
2015-07-08 大分市議会 平成27年第2回定例会(第4号 7月 8日) 日本共産党は、中小企業、業者の営業と暮らし、労働者の働く環境を守るために、住宅リフォーム制度の創設、契約条例の制定などが必要と考えています。今後の中小企業振興をどのように進めていくのか、見解を求めます。  次に、農林水産行政について質問をいたします。  これほどまでに米価が下がったのではやっていけない、担い手もなく、今後どうしたものかと悩んでいるなど、深刻な声が寄せられております。   もっと読む
2015-03-18 別府市議会 平成27年第1回定例会(第6号 3月18日) 例えば、契約条例のことも提案してまいりましたが、予算特別委員会での議論で、ごみ収集の委託料の中の労務単価について、普通作業員は1日1万3,600円、運転手は1万6,500円という単価で積算をしておりますという紹介がありましたね。これを月に直すと、20日働いたとして、普通作業員は27万2,000円、運転手は33万円になるのですね。年収では326万円、396万円、こうなるのですよ。 もっと読む
2015-03-12 大分市議会 平成27年第1回定例会(第3号 3月12日) こういうことを許してはいけないと思いますし、大型開発からやはり生活密着型の政策に転換をすることも必要だし、中小の方々が仕事が潤うような住宅リフォームとか、そういう制度をつくるとか、また契約条例を制定して、生活できる人件費の水準確保と人手不足を解消するとか、いろんな角度からの振興策が私は今、求められているというふうに思っております。   もっと読む
2014-12-02 中津市議会 平成 26年12月定例会(第4回)-12月02日−02号 通常、市の発注する工事については、契約条例等が今各地で問題になっております。こういう指定管理にあたっても、そういう、このコアやまくにの関係で働く職員のそういう賃金、そういうものについては、しっかり労働基準法なり、守られているかどうか、そういう点については、どういう検討をされているか、その点についてお尋ねします。 ○議長(古江信一)  山国支所総務課長。 もっと読む
2014-06-11 国東市議会 平成 26年 6月定例会(第2回)-06月11日−02号 ちょっと知識が少ないもんですから申し訳ないんですけども、例えば、契約条例ってあるんですね。これは賃金の関係なんですけども、いろんなところで見ると、契約条例の中でも賃金のみならず、違った、いろんな要件なり、ものを付加してるところもあるんですね。   もっと読む
2014-06-10 中津市議会 平成 26年 6月定例会(第2回)-06月10日−01号 それと、その中での労務単価の設定についてはどのようにされたのか、特にこの点については、今、契約条例というか、いわゆる追跡調査もされるのかどうか、そういうことも含めてお尋ねしたいというふうに思います。   もっと読む
2014-03-18 大分市議会 平成26年第1回定例会(第6号 3月18日) 最後に、契約条例についてお尋ねします。  私は、これまでも何度か契約条例について論議してきました。大分市がこれまで工事の発注の際に、公契約の公正、公平を期するために、発注、入札、契約、施工監理、成果品の検収などの制度を改善する努力を、精力的に継続してきたことは敬意を持って評価するところです。しかしながら、それでも、いや、それだからこそ、私は今でも契約条例の制定の必要性を強く感じています。   もっと読む
2014-03-03 杵築市議会 平成 26年 3月定例会(第1回)-03月03日−02号 今、各地の自治体では、契約条例というのをつくって、事業者に対して一定の労働条件を確保しなさいという条例をつくっております。この近所では、佐賀市ができているのです。それで、一番先、千葉県の野田市がつくっているのです。そういう契約条例とかをつくる考え方はないのかどうか、先ほど、今後調査をしてまいりたいというようなことでありましたので、その辺のことについて答弁を求めたいと思います。 もっと読む
2013-09-13 別府市議会 平成25年第3回定例会(第5号 9月13日) 一昨日の一般質問で財産活用課長のほうがお答えしていますように、契約条例、それから労働条件の把握状況については、国の法整備を前提に入札制度改善検討会議で調査研究している状況がありますけれども、この指定管理者制度の指針に定めて適用することが可能かどうか検討する必要があると思います。   もっと読む
2013-09-11 別府市議会 平成25年第3回定例会(第3号 9月11日) 3番目には、契約条例の検討状況について質問をいたします。  昨年12月の議会でもこの問題提起をいたしまして、具体的な問題として本庁舎の清掃業務、また警備の業務の委託料について、経験年数に応じた賃金単価で積算をするよう提言をいたしました。この実施状況はどうでしょうか。 ○財産活用課長(原田勲明君) お答えいたします。   もっと読む
2013-06-19 宇佐市議会 2013年06月19日 平成25年第3回定例会(第4号) 本文 でいいんかいという議論になると、それはちょっとおかしいよねというのは、それはもう当たり前のことなんで、この点についてはですね、例えば建築工事の委託でもそうですし、こういういわゆる請負の中も、特に問題となっているように、何か清掃の収集業務委託なんかが他の自治体で問題となっているわけですけれども、最近では最賃法で定められた基準を上回る基準を設定して、いわゆる条例でですね、きっちりとできないかという、いわゆる契約条例 もっと読む
2013-03-05 杵築市議会 平成 25年 3月定例会(第1回)-03月05日−03号 この質問の最後に、中小企業振興条例と契約条例の制定についてお伺いいたします。  工事を発注しても、業者間の過当競争によって低過ぎる下請代金や業者の従業員の低賃金などで生活が脅かされることがあってはなりません。公共工事による貧困はつくらない、地元業者を育成し、下請業者や従業員の生活を保障する中小企業振興条例や契約条例を制定すべきと考えますが、市の見解を求めます。   もっと読む