74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇佐市議会 2020-02-18 2020年02月18日 令和2年第1回定例会(第1号) 本文

次に、中本 毅議員に対して懲罰を科すかの協議では、中本 毅議員の中で、公共福祉という概念が宇佐市のためにどういった議会であるべきかといったところが抜けた中で、一時的な感情でこの処分要求を乱用したというふうに受けとめるといった意見や、懲罰というのは本当に重いものであって、しかも侮辱を受けたと感じてこの処分要求書を出したら、委員会を開催しなければならない。

大分市議会 2019-09-12 令和元年建設常任委員会( 9月12日)

現行計画の国土利用の基本方針では、①安全で安心できる土地利用、②循環と共生を重視する土地利用、③うるわしくゆとりある土地利用の3つの観点から、「公共福祉を優先させ、自然環境の保全を図りつつ、市域の自然的、社会的、経済的及び文化条件に配慮して、健康文化的な生活環境の確保と均衡ある発展を図る」を基本方針としています。  

宇佐市議会 2019-03-19 2019年03月19日 平成31年第1回定例会(第6号) 本文

今回、委員から、情勢に大きな変化が起きており、今の時期に引き上げるべきではない、こういう論調が全国どこでも広がっているし、市議会としても、市民の暮らしと地域経済を守るためにも採択してほしいという賛成討論や、個人としては誰しも消費税が上がるのはもろ手を挙げうれしいわけではないが、使い先も含めて公共福祉という観点から見たときに、まだまだ充実を図るべきところがある。

大分市議会 2018-03-15 平成30年第1回定例会(第5号 3月15日)

そのため、その第1条、目的で、この法律は、国土並びに国民生命、身体及び財産災害から保護するためにあるとし、防災に関しては、国、地方公共団体及びその他の公共機関が必要な体制を確立し、責任の所在を明確にして、社会秩序の維持と公共福祉の確保に資することとしていますが、市民の責務を喚起するとはなっていません。  

宇佐市議会 2017-12-21 2017年12月21日 平成29年第6回定例会(第7号) 本文

次に、議第八十八号 宇佐市空家等対策条例の制定についてですが、これは空き家等の適切な管理に関し、空家等対策の推進に関する特別措置法に定めるもののほか、必要な事項を定めることにより、市民の生活環境の保全を図るとともに、空き家等の活用を促進することにより、公共福祉の増進と地域の振興に寄与するため条例を制定するものとの説明がありました。  

宇佐市議会 2017-11-28 2017年11月28日 平成29年第6回定例会(第1号) 本文

議第八十八号は、宇佐市空家等対策条例の制定についての件でございますが、これは空き家等の適切な管理に関し、空家等対策の推進に関する特別措置法に定めるもののほか、必要な事項を定めることにより、市民の生活環境の保全を図るとともに、空き家等の活用を促進することにより、公共福祉の増進と地域の振興に寄与するため、条例を制定するものであります。  

中津市議会 2017-06-30 06月30日-09号

しかし、日本国憲法第96条には、憲法改正の手続が定められ、日本国憲法第21条には、表現・言論の自由保障されていることを考慮すると、日本国憲法は、制定の当初から将来改正されるよう容認されており、制度設計され、改正にあたっての議論や主張も、表現・言論の自由保障のもと公共福祉に反しない限り制約されていないことは明らかです。 

大分市議会 2017-06-26 平成29年第2回定例会(第5号 6月26日)

横尾公共団体区画整理事業は、幹線道路にアクセスせずメリットも少なく、公共福祉の増進という本来の趣旨とはかけ離れ、一部の人のためという指摘もある事業です。その区画整理事業内の仮換地部分などを買い取るものですが、認めることはできません。  以上の理由で、議第56号に反対をいたします。  次に、報第1号、専決処分した事件承認について、平成28年度大分市一般会計補正予算第5号についてです。  

大分市議会 2017-03-24 平成29年建設常任委員会( 3月24日)

ページを開いていただきまして、右側にございます第1章、計画策定の目的と位置づけでございますが、まず、計画策定の背景と目的といたしましては、人口減少、少子高齢化等により空き家が増加し、特に適切な管理がされていない空き家が、地域住民の生活環境に悪影響を及ぼしていることから、本市では、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づき、空家等に関する対策を総合的かつ計画的に推進し、もって公共福祉の増進と地域の振興

宇佐市議会 2016-06-17 2016年06月17日 平成28年第2回定例会(第6号) 本文

◯十三番(用松律夫君)要するに、さらに複雑で専門的な職員を雇わせて、で、その赤字は民間でやれということになると思うんで、それは全く市の本来の公共福祉、住民福祉の向上という概念からね、離れたものであるということをちょっと指摘して、指定管理の雇用になった場合も、非正規の人達の労働条件、給料その他は変わらないというんですけど、もし、指定管理になる場合、そういう文言を入れた契約書を結ぶおつもりですか。

大分市議会 2015-09-16 平成27年第3回定例会(第5号 9月16日)

横尾公共団体区画整理事業は、幹線道路にアクセスせず、メリットも少なく、公共福祉の増進という本来の趣旨とはかけ離れ、一部の人のためという指摘もある事業です。その区画整理事業内ののり面などを合計約10億4,000万円をかけて買い取る一環であり、認めることはできません。  以上の理由で、議第87号、土地買収について反対します。  最後に、請願、陳情についてです。  

大分市議会 2015-07-14 平成27年建設常任委員会( 7月14日)

適切な管理が行われていない空き家等が、地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしていることに鑑み、空き家等に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって公共福祉の増進と地域の振興に寄与することを目的として、昨年11月に、空家等対策の推進に関する特別措置法成立し、本年5月に完全施行をいたしました。  

大分市議会 2015-07-08 平成27年第2回定例会(第4号 7月 8日)

市が設置するという協議会の構成員についてですけれども、昨年11月に制定されました空き家等対策の推進に関する特別措置法は、全国的な問題として、適切に管理がなされていない空き家等が地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしていることなどを踏まえまして、空き家等に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって公共福祉の増進と地域の振興に寄与することを目的としております。  

宇佐市議会 2015-06-11 2015年06月11日 平成27年第3回定例会(第4号) 本文

そのときに、今回の景観法、景観条例、そして景観計画というのは、景観という切り口の公共福祉をもって、私権を一部制限すると、こういう形になってるわけですね。私権制限する以上、あらかじめ、こういうケースだったらだめですよ、こういうケースだったらだめですよと、いわゆるガイドラインが定められていて、つまり、強い権利なんですね、物すごく。

大分市議会 2014-09-16 平成26年第3回定例会(第5号 9月16日)

横尾公共団体区画整理事業は幹線道路にアクセスせず、メリットも少なく、公共福祉の増進という本来の趣旨とかけ離れ、一部の人のためという指摘もある事業です。その区画整理事業内ののり面などを合計約10億4,000万円をかけて買い取る一環であり、認めることはできません。  以上の理由で、議第70号、土地買収について反対します。  最後に、請願、陳情についてです。  

津久見市議会 2014-09-16 平成26年第 3回定例会(第2号 9月16日)

その辺では、もう原因者そのものを追及できないような今法律になっておりますので、その辺ではなかなか難しいことがありますけれども、私が調べたら、財産権の関係で、昭和38年6月に最高裁の判決が、これ役に立つんではないかなと思ったのは、奈良県のため池条例の違反事件というのがありまして、その事件の中で、そういう危険財産については公共福祉のためには当然処分を容認しなきゃならないというふうな判決です。