運営者 Bitlet 姉妹サービス
649件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) 私は、私も免許証返納しました。私は近いから歩いて行くけれども、今80歳以上の高齢者の、高齢者ね、免許返納しなさいとなっているじゃないですか。その一方でバスも通らない一番へんぴなところに、一番アクセスの悪いところに、まだ変えると。考えを変えてください。 ○共創戦略室長(原田勲明君) お答えいたします。   もっと読む
2018-03-12 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号 また道路運送法第21条第2項の特例を使い、実証運行を行っておりますけれども、これは乗り合いの免許を基本的に有しない事業者さんにおいても、特例で乗り合いの運行ができることになっておりますものですから、本格実施ということになりますれば、本格実施までには免許を持たない事業者様においても、乗合旅客自動車の認可を取得していただくことをこれからお願いしていくということになります。 もっと読む
2018-01-26 大分市議会 平成30年経済環境常任委員会( 1月26日) 狩猟免許を持っていなくても、箱わなによるイノシシの捕獲を認め、捕獲後の処理は猟友会に行ってもらうなど、頭数を減らすための取り組みができないか。」としており、対応は②としております。 ○今山委員長   委員の皆さんから御意見はありませんか。  〔「なし」の声〕 ○今山委員長   それでは、正副委員長案のとおりでよろしいでしょうか。   もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) 別府市高齢者運転免許証自主返納支援事業に係る交付申請者の増加に伴い、交通安全推進に要する経費を200万円追加補正するものである旨の説明がなされました。   もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) 別府市高齢者運転免許証自主返納支援事業に係る交付申請者の増加に伴い、交通安全推進に要する経費を200万円追加補正するものである旨の説明がなされました。   もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) そこで、平成29年3月12日に改正道路交通法が施行され、準中型免許免許区分が新設をされました。この準中型免許では、車両総重量7.5トン未満、最大積載量4.5トン未満の自動車を運転することができます。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) そこで、平成29年3月12日に改正道路交通法が施行され、準中型免許免許区分が新設をされました。この準中型免許では、車両総重量7.5トン未満、最大積載量4.5トン未満の自動車を運転することができます。 もっと読む
2017-12-11 大分市議会 平成29年建設常任委員会(12月11日) 「高齢者の免許返納もあり、サービスを下げることのないことを希望する。」「駅員がいなくなるなら、エレベータをつけるべきである。」「一気に合理化するのではなく、地域性や色々なことを考えてベストなやり方を考えてほしい。」「機械やカメラでは限界があるので、人による対応を検討してもらいたい。」「駅のバリアフリー化や構内のエレベータの設置を進めてもらいたい。」 もっと読む
2017-12-11 大分市議会 平成29年厚生常任委員会(12月11日) それでは誰がつくっているのかとか、調理師免許を持っているのか、その辺も確認すればそこまでたどり着くと思ったのですけど、自由なのは大丈夫なのかという質問です。どうでしょうか、問題ないですか。 ○倉掛委員長   それは保健所の管轄になるのかですね。エイジ委員、これは飲食業になるのか、そういう認可がいるのかどうかということでいいですか。 ○エイジ委員   そうですね。 もっと読む
2017-12-08 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−04号 市では、国の補助制度を活用し、市猟友会に対して箱わなの購入や初心者講習会の受講料を助成しておりますが、本年度からは、県が狩猟者免許試験や更新・登録時の手数料の免除を行うなど、狩猟者の負担軽減を図っているところであります。今後も引き続き、国・県の制度を活用しながら捕獲対策に取り組んでまいりたいと考えています。   もっと読む
2017-12-07 大分市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月 7日) まず初めに、狩猟免許取得の支援について質問させていただきます。  狩猟免許には、網猟、わな猟、第一種銃猟、第二種銃猟の免許があります。本市では、大分市鳥獣被害自衛対策支援事業として、わな猟免許取得に係る補助、また、わな購入費の補助、またはイノシシ捕獲用箱わなの貸与を実施しております。   もっと読む
2017-09-27 別府市議会 平成29年第3回定例会(第5号 9月27日) ○7番(野上泰生君) 旅館は、もう御存じのとおり建築基準法上のホテル・旅館という基準で用途変更の手続を義務づけられていて、しかも、それは建築基準から直接、もしくは専門の検査機関からそこをちゃんとチェックして初めて免許を取れる状況になるということですよね。一方で、まだ民泊の場合は、基準が決まっていない。基準が決まっていないというか、手続がこれからであるということを理解しました。   もっと読む
2017-09-27 別府市議会 平成29年第3回定例会(第5号 9月27日) ○7番(野上泰生君) 旅館は、もう御存じのとおり建築基準法上のホテル・旅館という基準で用途変更の手続を義務づけられていて、しかも、それは建築基準から直接、もしくは専門の検査機関からそこをちゃんとチェックして初めて免許を取れる状況になるということですよね。一方で、まだ民泊の場合は、基準が決まっていない。基準が決まっていないというか、手続がこれからであるということを理解しました。   もっと読む
2017-09-20 大分市議会 平成29年決算審査特別委員会( 9月20日 経済環境分科会) ○日小田委員   かなりの頭数が捕獲されているので、狩猟免許もだいぶ緩和されてきているし、そういった循環サイクルみたいなものができ上がらないと、なかなか有害鳥獣対策は難しいと思うので、できれば6次産業化も含めた形で検討してもらいたいと思います。 ○滋野林業水産課長   処理施設もあるのですけど、大半は、狩猟者が自家消費や埋設処理をしています。 もっと読む
2017-09-14 大分市議会 平成29年子ども育成・行政改革推進特別委員会( 9月14日) ○斉藤委員   保育士の確保については、本当に大変だと思うんですけれど、例えば、ファミリーサポートの登録者の中に保育士免許を持っている方が何人いらっしゃるとか、そういったチェックというのはできているんですか。 ○平松子ども企画課長   1件1件について、数字は出していません。 ○斉藤委員   ぜひ、まだ免許を持っており、ファミリーサポート登録をしましょうという方々もいらっしゃると思います。 もっと読む
2017-09-13 大分市議会 平成29年経済環境常任委員会( 9月13日) 2つ目につきましては、狩猟免許を持たない農業者でも捕獲できるようにしてほしいという内容でございます。 もっと読む
2017-09-13 大分市議会 平成29年厚生常任委員会( 9月13日) それと心配なのが、こういった大きな事故を起こしてしまった場合、例えば、免許証が停止になったり取り消しになったりする可能性だって出てきますが、その辺は大丈夫なのですか。要は業務に対して支障が出ないのか、心配なところなのですけど、その辺はいかがですか。 ○竹野健康課長   ドライブレコーダーなどにつきましては、また管財課等に、健康課として要望していきたいと思っております。   もっと読む
2017-09-12 大分市議会 平成29年第3回定例会(第4号 9月12日) 今後、免許の返納や健康促進、それから経済的にも有効な自転車の利用者はふえていくと予想されます。  そこで、3点目の質問ですが、公共施設周辺の駐輪場の台数や場所については、イベント時などの回遊性を高めるためにも、総合的に検討して整備を行う必要があると考えますが、見解をお聞かせください。 ○議長(野尻哲雄) 長野都市計画部長。 もっと読む
2017-09-08 大分市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月 8日) さらに、外出時の移動の介助などのほかにも、重度心身障害者の外出を促進するために福祉タクシー券の交付、精神障害者が通所施設に公共交通機関で通った場合の交通費の一部助成や、身体障害者の就労促進などのために運転免許の取得費や自動車の走行装置等の改良費の一部を助成しております。   もっと読む
2017-09-07 宇佐市議会 2017年09月07日 平成29年第5回定例会(第4号) 本文 また、免許証の自主返納者についても増加する傾向にあり、買い物弱者が周辺地域だけでなく、今後、市内全域で増加していくことが予想されます。   もっと読む