2285件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊後大野市議会 2023-06-26 06月26日-02号

また、給食費につきましては、学校給食法第11条及び学校給食法施行令第2条に、義務教育学校において学校給食に従事する職員に要する給与その他の人件費学校給食の実施に必要な施設及び設備の修繕費設置者負担であり、それ以外の経費保護負担とする旨が規定され、保護負担する経費は賄い材料費及び光熱水費とされています。 

豊後大野市議会 2022-12-09 12月09日-02号

2年半近くも待ちわびたところでありますし、まさに11月に緒方保育園保護会が築40年を迎えようとする保育園の建てかえについて要望書を出したというのも聞いた、まさにそのときに緒方保育園必要性が示された、この中間計画でありますけれども、地元民として、また子育て支援充実を上げる現市政の取り組みに感謝の気持ちを持ったというのが、私の気持ちでございます。 

豊後大野市議会 2021-08-30 08月30日-01号

今年度で20回目を迎えた本事業は、次世代を担う青少年の社会性国際感覚の醸成を目的に、グローバル社会に対応した人材の育成を目指して実施され、参加した生徒保護から高い評価をいただいており、この交流がこれからも継続されることを期待するところでございます。 以上が主要な項目についてのご報告でございますが、その他の事項につきましては、ご一読をお願いいたしまして、行政報告とさせていただきます。     

臼杵市議会 2020-12-20 12月20日-05号

臼杵市は、学校給食基本理念を、学校保護、地域の方と連携しながら子供たちに安全・安心、そしておいしい給食を提供していくこととして、この理念もと充実した内容給食を提供することによって、子供たちが健康的に成長することを目的に、安心できる地元産の食材を利用するなど、さまざまな取り組みを進めています。 教育委員会給食センター職員皆さんによって、長年築き上げられてきていると伺いました。

臼杵市議会 2020-12-11 12月11日-03号

この冊子を市内児童生徒、幼稚園や保育園保護へ配布するとともに、医療機関金融機関、各地区公民館子育て支援に携わる施設などにも配布しました。引き続き、多くの方々に障がいへの理解を深めていただくため、あらゆる機会を通じて配布してまいります。 以上の具体的な取り組みを行うことにより、相手の立場に立った相互理解の促進がより一層図れるものと考えています。 

国東市議会 2020-12-11 12月11日-03号

これも議会を通して了承して行ったわけですが、これはその紙面の内容としては、そういった先進的な取り組みだったはずですが、保護方々に非常に格差が生まれたというような内容を書かれた記事でありました。特に低所得者層支払い増につながっているという記事で、なぜかこの国東市が名前が出て、子ども名前まで出て、保護の声まで載せられて出ると。悪い例として捉えられるような記事と見ているんですね。

豊後大野市議会 2020-09-27 09月27日-05号

委員からは、保護手続がふえるのではないかとの質疑があり、それに対し、手続利用料償還払いなど負担をかけてしまうところがありますとの答弁がありました。それに対し、委員からは、現物給付など極力負担の軽減ができるような取り組みを考えていただきたいとの意見がありました。 慎重審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものとして決しました。 

豊後大野市議会 2020-09-12 09月12日-04号

認定こども園保育所などで、2号認定、3歳以上の保育の必要な子供のことですが、2号認定の副食費について、保護から支払いを受けることができる費用とするように改正するものです。 議員ご質問の2号認定子供の数でございますが、9月の入所者で数えましたところ506名で、そのうち、副食費実費徴収が発生するのは347名でした。一月4,500円で半年で計算したら、総額936万9,000円となります。

臼杵市議会 2020-09-10 09月10日-02号

議員ご指摘の中学校相談室につきましては、通常教職員生徒との面談や指導に使用することが多く、そのほかはスクールカウンセラーによるカウンセリングや保護面談等にも使用されております。 使用頻度につきましては、学校規模によって違いますが、夏休み中は余り使用されておらず、夏休み以外は週あたりおおむね2日から3日で、1日あたり使用時間もまちまちですが、大体4時間から8時間程度となっております。 

豊後大野市議会 2020-09-06 09月06日-02号

この制度は、奨学金を給付することで、豊後大野市内唯一地元高校への進学意識を高め、定員を充足することを目指し、取り組みを進めてきましたが、給付対象者もとより申請者も平成29年度をピークに減少している状況や、成績優秀な生徒のほとんどが大分市や竹田市の高校を選択しているという現状から、本制度の趣旨が生徒保護に受け入れられず、結果、本制度三重総合高校定員確保として有効に機能しなかったと考えています

中津市議会 2020-07-03 07月03日-08号

新型コロナウイルス感染拡大が、子ども保護、学校現場に大きな混乱をもたらし、臨時休校休業要請などの影響による保護の収入の減少などが、子どもの生活に大きな影響を及ぼしている中、学校現場は収束の見通せない新型コロナウイルス対策に、子どもの命と健康を最優先しながら、学習面や心のケアにも、子どもに寄り添い、きめ細かく対策をとってきています。 

中津市議会 2020-07-01 07月01日-07号

本日は、議員皆さんから子どもの様子や保護学校関係者の声などを基にしながら学校現場現状と課題を共有し、共通理解する中で、子ども保護そして学校の困りや悩みに応えられる手立てはないかということについて、議論をしていただければなと思います。 もし議論の結果、合意が得られれば、決議をと思っています。