12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大分市議会 2020-09-16 令和 2年決算審査特別委員会( 9月16日 文教分科会)

校務用ネットワークシステムについては、令和3年度がリース満了であり、更新の準備を進めているところでございますが、成績情報保健情報等、児童生徒個人情報を取り扱うことから、更なるセキュリティーの向上及び校務効率化に向けたシステムを検討していく必要があると考えております。 ○安東分科会長   説明が終わりましたが、委員から質疑、意見はありませんか。

大分市議会 2020-03-17 令和 2年第1回定例会(第5号 3月17日)

また、校務支援システム活用により、登録した学籍情報を基に、成績処理通知表作成指導要録作成等成績管理保健情報登録等において効率化を図るとともに、教職員の資質能力向上を図る体系的な研修計画を策定する中で、研修が過度な負担にならないよう整理、精選を行ったところでございます。  

中津市議会 2019-12-11 12月11日-06号

地域医療対策課長橋内祐子)  まずシステム改修内容ですが、デジタル手続法情報連携できる項目に、乳用児健診を含む母子保健情報が追加されたため、中間サーバー情報を登録できるよう健康管理システム改修を行うものです。 情報連携により、転居時等に市町村間で情報を引き継ぐことができ、また、保護者マイナンバー制度活用して、マイナポータルでの乳幼児健診情報の閲覧が可能になります。 

豊後大野市議会 2019-03-04 03月04日-02号

議員のご質問にございましたうすき石仏ねっとにつきましては、参加医療機関診療情報介護情報の一部をネットワークで共有して、診療・検査などから得られた多くのデータもと治療法を検討し、わかりやすく説明することで、質の高い安全な医療介護サービス提供を可能にすることを目的につくられた地域医療介護保健情報連携システムであり、平成24年4月から臼杵市で本格運用されています。 

臼杵市議会 2015-03-03 03月03日-01号

次に、2月12日、全国健康保険協会大分支部、いわゆる協会けんぽ大分支部臼杵医師会及び臼杵市の3者による「医療保健情報等の活用による健康づくりの推進に向けた連携協力協定」を締結いたしました。今回の連携協力により、医療費分析地域健康課題などが明確になることが期待され、総合的に保健指導啓発あるいは特定健診、がん検診受診促進を図ることができるようになります。 

杵築市議会 2013-12-06 12月06日-03号

そういう医療福祉と、保健師さんなんかが持っている保健情報が、その地域の中で山香病院中心としてぐるぐる回ることによって、みんなのレベルが高くなる。そうすることによって、早めに健康づくりに取り組める、重くなるのを未然に防ぐ、そうすると介護の度合いが早く改善する、重くならなくて済むということで、結果として御本人の生活の質が向上すると、QOLが向上する。 

大分市議会 2012-06-18 平成24年第2回定例会(第3号 6月18日)

歯の喪失原因となる歯周病は、30代から40代で始まると言われておりますことから、今後、新たに産業保健と連携し、働き盛りの方へ歯科保健情報提供など、壮年期に焦点を当てた啓発に取り組んでまいりたいと考えております。 ○議長足立義弘) 小野議員。 ○34番(小野仁志) 御答弁ありがとうございました。  

大分市議会 2006-03-20 平成18年第1回定例会(第7号 3月20日)

また、総合社会福祉保健センターは、福祉保健サービスを全市的に推進するための総合拠点施設として位置づけており、主に、高齢者障害者母子児童等に対して、福祉保健情報提供各種相談窓口の設置、機能回復訓練室保育室健康増進室調理室などを備えた総合的な福祉保健サービス提供機能を持たせることにいたしております。  

  • 1