運営者 Bitlet 姉妹サービス
1577件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-25 別府市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日) 少子化、核家族化など社会状況の変化によりまして人間関係が希薄化していると言われている昨今でありますが、支払い能力があるものの、連帯保証人がいない場合でも保証料を支払うことによりまして賃貸住宅へ入居できるこの制度は、誰もが安心して自立した生活を送るためには有効な事業ではないかと考えられます。 もっと読む
2018-06-18 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−02号 私ども行政に携わる者として、また人間として命の大切さを訴え、最大限の努力、方策をすることが使命だと思っております。  この一般質問の通告をした翌日に、豊後大野市でも類似した事件が発生して逮捕されたということで、これは行政として何らかの手を打つということが大事だと。関係機関の連絡を密にして、防犯協会、そして学校、保護者、警察、安心・安全な豊後大野市づくりを進めてほしいと思っております。   もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) 私も亀川の人間ですので、議員さんが言われる歴史については、理解をしているつもりでございますが、今回、公共施設マネジメントの基本方針として既存の施設を最大限活用するという方針がございます。また時代の変遷、別府市の厳しい財政状況もございますので、あすなろ館への移転については御理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 ○24番(河野数則.君) 理解できぬから質問しておるのだ。 もっと読む
2018-03-16 別府市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日) 今後も頑張っていただきたいと思うのですけれども、人間というのは1日に何回か必ずトイレを利用するわけであります。しかし、先ほども言いましたように、高齢者がふえてくる、膝が悪い、腰が悪い、そういう人たちが非常に多くなってきております。そういう人たちは、やはり洋式トイレがないとできないですよ。そしてまた洋式トイレも、このごろ非常によくなってきております。 もっと読む
2018-03-12 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号 そこを考えたときに、3分の1の人間だから切り捨てても良いという理論には、私はどうしてもならないと思います。全部が同列になって判断しなさいと言うわけじゃないんですが、税の公平性、使い道の、支出については、やはりバランスを考えながらということは、必要なことだろうというふうに思います。この件は通告にある話でもないので、答弁要りませんのでここで私の一般質問を終わります。以上です。 もっと読む
2018-03-09 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−03号 先ほどの上島議員の人間味あふれる、ああいうパフォーマンスができませんので、どうか我慢してお付き合いをいただきたいというふうに思います。私、今日は3点ほど質問したいというふうに思っております。まず1問目から行きたいというふうに思います。市民の安心安全を確保するための消防力の確保と強化についてということで伺います。 もっと読む
2018-03-06 別府市議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 6日) 人間の心理というのは、貸す側、「貸す側」というか、貸し借りではないですけれども、催促されていくときの気持ち、心理、これを十分やっぱり考慮して対応をする、人間味のあるといいますかね。私が相談を受ける方は、逆に言えば一人ではなかなか行きがたいから、「議員さん、どうなのでしょうか」と。 もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) これは、人間が生きていく中で米塩、米、塩、水、これが人間が生きていく根幹です。水は貴重な人間の命です。この別府に流れる川が現在どうなっているのかなと考えると、もうぞっとするようなことになっています。大変なことになっている。  そこで、まず質問いたしますが、温泉で使用した排水が、温泉の排水です、現況について伺いたいと思います。市街地は公共下水道が整備をされました。 もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) これは、人間が生きていく中で米塩、米、塩、水、これが人間が生きていく根幹です。水は貴重な人間の命です。この別府に流れる川が現在どうなっているのかなと考えると、もうぞっとするようなことになっています。大変なことになっている。  そこで、まず質問いたしますが、温泉で使用した排水が、温泉の排水です、現況について伺いたいと思います。市街地は公共下水道が整備をされました。 もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) そういったふうな人間の最期は、最期なりの行政としていわゆるセイフティネットみたいなものがあるべきではないかというのが、私の思いなのですが、長野市政にかわってのこれに対する思いがあれば、一言お聞かせをいただきたいと思いますが、いかがでしょうか。 ○市長(長野恭紘君) お答えさせていただきます。   もっと読む
2017-12-14 別府市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月14日) そういったふうな人間の最期は、最期なりの行政としていわゆるセイフティネットみたいなものがあるべきではないかというのが、私の思いなのですが、長野市政にかわってのこれに対する思いがあれば、一言お聞かせをいただきたいと思いますが、いかがでしょうか。 ○市長(長野恭紘君) お答えさせていただきます。   もっと読む
2017-12-13 津久見市議会 平成29年第 4回定例会(第3号12月13日) ○学校教育課長(中野敏伸君)  いじめについては、その理由が発達に課題があるとか、その理由が何であれ、いじめはもう絶対にやってはいけないことという認識で全ての小中学校では、指導し、教育を行っておりますので、ただ、そのいじめというものは、人間関係の醸成を図る学校現場においては、当然ながら発生しやすいということであります。   もっと読む
2017-12-13 別府市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月13日) その中で特に今後、教育現場のほうで従事される先生、特に若い先生が、日ごろの業務等、保護者を含めた外部との人間関係の構築がなかなかうまくいかずに、組織、学校の教員の中でなかなかフォローができる先生の上下関係といいましょうか、そういったことができずに精神的に追い込まれたりする教員の先生が多くいるというふうにお聞きします。   もっと読む
2017-12-12 津久見市議会 平成29年第 4回定例会(第2号12月12日) そして3つ目は、夢や目標を持つ力「夢と志力」、規範意識を持ち自己をコントロールする力「自律力」、他者を尊重し積極的に人間関係を築く力「きずな力」、知識・技能及び思考力・判断力・表現力を駆使して粘り強く課題に対応・行動する力「実践力」の4つからなるC学力です。  A学力をベースにして、B学力を高め、C学力を向上させること。 もっと読む
2017-12-12 臼杵市議会 平成29年 12月 定例会-12月12日−02号 地域振興協議会につきましては、県内でも先進的な取り組みであり、地域内の団体が世代や性別の枠を超えて連携することで、子供を見守り育てる、高齢者を支える、人間関係を築くことで地域の一体感や日常生活での安心感をつくることなどを目的としております。 もっと読む
2017-12-08 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−04号 市内各中学校においても、部活動は、生徒の人間関係を広げ、挨拶や礼儀、感謝の気持ちを学ぶ場となっており、指導者は体力の向上や個性の伸長につながることを意識して指導に当たっています。また、部活動を通して培った仲間同士の支え合いや認め合う関係は、部活動だけでなく、学校生活にも好循環を生み出しており、学校教育における部活動の意義を強く感じているところです。   もっと読む
2017-12-08 大分市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 8日) ○教育部教育監(佐藤雅昭) 拉致問題につきましては、人間の尊厳や自由を侵害する重大な人権問題と考えております。   もっと読む
2017-12-07 大分市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月 7日) いずれにしましても、来年度についても、周辺地域についても配慮しながらということで御見解をお聞かせいただいたので、私も周辺地域に住む人間の1人でありますから、何とぞ周辺地域の課題のために予算確保のほうをお願い申し上げまして、私の要望とさせていただきます。  次に、周辺地域の商工業等への支援について質問させていただきます。   もっと読む
2017-12-06 大分市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月 6日) 次に、就労後の支援状況等についてですが、本市の取り組むさまざまな就労支援により保護を脱却しても、就労先で人間関係のトラブルなどを起こし、再度、生活保護に至る事例があります。 もっと読む
2017-11-13 大分市議会 平成29年総合交通対策特別委員会(11月13日) その段階で、どうするかということになりますが、行政側からの特別指導のような形で、実施したステーションに行政側から人間を張りつけて、毎日問題点をピックアップして、これを報道などの協力も得ながらJR九州に対して、こういう問題についてはどう考えているのかということを実証を挙げてやれるような体制づくりを今からするぞということを、これから先、JR九州に対しては質問の端々で、我々の意思表示をぜひ見せるような形で もっと読む