運営者 Bitlet 姉妹サービス
1732件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-27 別府市議会 平成30年第2回定例会(第6号 6月27日) 2 きめ細かい教育の実現に向けて、学校現場に必要な教職員の人員・人材を確保すること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。        平成30年6月27日                         大分県別府市議会  内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、文部科学大臣 殿  何とぞ、議員各位の御賛同をお願いいたします。 もっと読む
2018-06-25 別府市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月25日) 定員は入れるけれども、そういった保育士や支援員が不足しているからなかなか入れないというこの問題は、大変に深刻でありますけれども、これも庁内連携をとって、福祉だから、教育だからということではなくて、しっかりと連携をして人材の確保に努めていく、民間の皆さん方にも幅広くお声をかけて人材の確保に努めていくということも現在やっているところでございます。   もっと読む
2018-06-19 別府市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月19日) また、市町村職員を含む支援を担う人材の育成など、専門的で広域的な支援を実施することとしております。 ○10番(加藤信康君) 先ほど野口議員がお話をしていた中の見舞金について、現状では県のほうからその半額ぐらいが補助として市のほうに入ってくるということで、窓口になるのかなというふうに思っています。ただ、条例は全くそれ以外はほとんど変わらずに、どちらが優先するかということも書いておりません。 もっと読む
2018-06-18 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−02号 事業では、本市の地域特性を、少子高齢化が進み、人口減少により農林業や福祉・介護サービス分野の人材が不足していること、また観光業では、温泉や観光資源に恵まれてはいないものの、近年は国内に4カ所しかないジオパークとユネスコエコパークの両方の認定を地域として活動を行うことにより観光資源として見直されてきたこと、このような状況から、農林業分野、福祉・介護サービス分野、地域資源を生かしたツーリズム分野の職種を もっと読む
2018-06-11 豊後大野市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月11日−01号 この要請は、来春の新規高等学校卒業予定者を対象とした求人の受け付けが6月1日から開始されたことを受け、全国的に人手不足の企業が多い中、人材の流出を防ぎ、高校生の市内就職を促進することを目的とするものです。  雇用の維持・拡大は、喫緊の課題であり、持続可能な豊後大野市づくりの実現に向け、今後も関係者皆様のご協力をいただきながら、定住化の取り組みを推し進めてまいります。   もっと読む
2018-03-23 別府市議会 平成30年第1回定例会(第7号 3月23日) 組織の運営においては十分な透明性と公平性を確保するとともに、人材の登用においては専門性をより重視すべきであります。一般社団法人への投資者は納税者である市民であり、その利益は市民に還元することが大前提となります。国外や国内の都市部に限る利益の還元にならないことを強く要望します。   もっと読む
2018-03-20 別府市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月20日) 別府市としても、思い切った支援をする必要があるというふうに思うのですが、国の30年度予算では、わずかながら、全国で1,595人の教員定数をふやす、あるいはスクールカウンセラーとかスクールソーシャルワーカーとか、そういう教員以外の専門スタッフ、外部人材の活用などで61億円の予算が組まれております。 もっと読む
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) しかしながら、別府市は、これまで国際的な人材を育成するという点につきましては、民間事業者、または市民の自主努力、それに頼って、行政として余り取り組みをされてこなかったと思っています。しかし、別府市がこれから本当の意味で国際観光都市を目指して発展していくためには、国際的な人材を育成するということに、行政としてもっと積極的に介入してもいいと私は考えています。   もっと読む
2018-03-16 別府市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日) この中で言及されていませんが、推進条例の第9条には、中間支援人材を育成しましょうというふうなことが書かれています。これは、よそのエリアの中間支援というと、大体中間支援組織をつくりましょう、その組織の事務所はこうだとか、そういうことが書かれている事例が多いのですが、これは当時の担当者とお話をして、いきなり組織ではないでしょうと。 もっと読む
2018-03-12 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−04号 一つは、人材確保や人材育成、農林業や観光交流振興などの地域の持続可能性の確保、2点目は、地域史学習や伝統文化継承といった歴史文化の活用、三つ目は、防災防犯、地域交通、介護予防、生活支援など、安心安全の確保に取り組む、幅広い市民活動の拠点としています。各地域はそれぞれ地域独自の経営ビジョンを持ち、地域の特徴に応じた取組を行っております。 もっと読む
2018-03-09 竹田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−03号 また、両病院とも大分大学の医療人材育成会議に参加し、さらなる医師の確保に努めていると聞いています。次に、そのための予算措置についてですが、1次救急の在宅当番医制度については、竹田医師会に年額600万円で委託しております。 もっと読む
2018-03-06 別府市議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 6日) 一方で、そこの財源の確保というのは、当然ながら執行の仕組みというのが伴っていかなければいけないわけで、いわゆる観光の現場に精通した専門人材が、いかに権限と責任を持ってしっかり成果を求めていくのか。このような執行の仕組みも必要であるというふうなことをあわせて訴えてまいりました。   もっと読む
2018-01-26 大分市議会 平成30年経済環境常任委員会( 1月26日) この取り組みは、中小企業の事業継承のための人材確保が大きな課題となっている中、保護者が子供の就職活動のよきサポーターとして、家庭から子供を支援できるよう、親としての就職活動へのかかわり方などについて理解を深めていただくとともに、保護者や求職者に対して中小企業の強みや魅力を知ってもらう場を提供することを目的としております。   もっと読む
2018-01-25 大分市議会 平成30年厚生常任委員会( 1月25日) また、幼児教育・保育の質の向上、人材の育成についても、役割を果たしていかなければならないと思っておりますし、そのほかにも幼児教育・保育の機会均等を確保していく。これは、地域において幼児教育・保育の施設というのは数が違いますので、どこに住んでいても、やはり機会均等を確保していく。 もっと読む
2018-01-22 大分市議会 平成30年文教常任委員会( 1月22日) 人材や幼稚園というハードを有効に活用し、2年保育、3年保育を市民ニーズが有るということを前提に検討していただきたい。ある物を上手に活用していただきたい。」  右側の公表する項目(案)の意見・質問(案)ですが、対応①の今後の委員会における議論の参考とするものとしております。   もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) 生涯活躍のまちに要する経費等、名称だけ見れば、議会サイドからすれば、やはりbizと区別がなかなかつきにくいのが現状であって、もちろん執行部のほうではきっちり整理されている上で、財政と予算措置しながら補助金なり人材なりを協力しながら進めていくというふうには理解をしております。   もっと読む
2017-12-19 別府市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月19日) 生涯活躍のまちに要する経費等、名称だけ見れば、議会サイドからすれば、やはりbizと区別がなかなかつきにくいのが現状であって、もちろん執行部のほうではきっちり整理されている上で、財政と予算措置しながら補助金なり人材なりを協力しながら進めていくというふうには理解をしております。   もっと読む
2017-12-19 豊後大野市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月19日−06号 一方、現在の市役所内の職場では、課長と並列して課長級の職員や参事が置かれ、そのもとで事務をこなす若手職員は少なく、このことは人事が停滞するとともに人材育成にも支障を来すおそれがあります。   もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) 本市といたしましては、ひとまもり・まちまもり自治区形成事業におきまして、地域が主体的に地域の課題に取り組むことができるよう、今後は財政面の拡充や多様な人材による組織の強化等を図りながら、本市の目指す中規模多機能自治に向けて取り組んでまいりたいと考えております。 もっと読む
2017-12-15 別府市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月15日) 本市といたしましては、ひとまもり・まちまもり自治区形成事業におきまして、地域が主体的に地域の課題に取り組むことができるよう、今後は財政面の拡充や多様な人材による組織の強化等を図りながら、本市の目指す中規模多機能自治に向けて取り組んでまいりたいと考えております。 もっと読む