142件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

別府市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3号12月10日)

ボートピア建設に当たって2年半もかけて、あそこに新しい井戸を掘ること自体反対して、地域はその成果をとった。今見ると、もう地下水があれだけ浸透しなくなると、その井戸がどうなるのだろうかなという心配もしてきます。  そこで、古賀原地域でことしの9月30日、24号台風、あそこがこわけたのですね。市道を塞いでしまった。

宇佐市議会 2018-12-05 2018年12月05日 平成30年第4回定例会(第3号) 本文

今後の見通しですが、来年度は排ガス高度処理設備におけるダイオキシンを除去するためのバグフィルター装置の外壁・内壁の部分的な更新整備や、排ガス冷却用の水を供給している井戸の整備を計画しています。  これからも引き続き、メンテナンスの業者と連携しながら計画的に整備を実施し、施設の機能維持に努めてまいります。  

津久見市議会 2018-12-04 平成30年第 4回定例会(第1号12月 4日)

───────────────┴─────────────┘             議  員  派  遣  の  件 ┌─────────┬───────────┬────────┬────────────┐ │  派遣議員   │目    的     │場  所    │期    間      │ ├─────────┼───────────┼────────┼────────────┤ │ 井戸

津久見市議会 2018-09-19 平成30年第 3回定例会(第3号 9月19日)

議席番号1番の井戸川です。質問に入る前に、7月上旬に発生した西日本豪雨災害や、9月上旬に発生した台風第21号災害、北海道胆振東部地震災害など、このわずか二、三カ月の間で、過去に例がないほどの大規模自然災害が多発しています。これらの災害でお亡くなりになられた方々に、お悔やみを申し上げるとともに、被災された方々が一日も早く日常生活を取り戻せることを心より願っております。  では質問に入ります。

大分市議会 2018-09-13 平成30年経済環境常任委員会( 9月13日)

いずれの井戸所有者にも飲用しないよう指導しており、今後も監視を継続してまいります。  17ページをお願いいたします。  ダイオキシン類につきましては、河川10地点、河川底質5地点、地下水10地点、土壌5地点を選定して調査を実施した結果、全ての地点で環境基準を達成していました。また、過去に環境基準を超過した継続監視井戸の調査を実施した結果、環境基準を達成していました。  

別府市議会 2018-03-16 平成30年第1回定例会(第4号 3月16日)

しかし、議員御指摘のとおり井戸汚水、温泉汚水等につきましては、わかりにくい表現となっている部分がございます。また、下水道法におきましては、公共下水道の供用開始がされた区域におきましては、遅滞なく接続することとなっております。

津久見市議会 2017-12-05 平成29年第 4回定例会(第1号12月 5日)

     │ └────────────┴────────────────┴─────────────┘  議員派遣の件 ┌─────────┬────────────┬───────┬────────────┐ │  派遣議員   │目    的      │場  所   │期    間      │ ├─────────┼────────────┼───────┼────────────┤ │ 井戸

別府市議会 2017-09-27 平成29年第3回定例会(第5号 9月27日)

普通、畑や田んぼがあるときは、水はなくても、水道がなくても、水やり水路ね、水路を入れるというのですけれども、内成も東山も田んぼがありますから、井戸はあります。井戸水が飲めぬ。飲む水もなかった。雨水を飲んで暮らしたのですよ。お風呂場へ5日、1週間ためて、雨水をためて、雨水がたまったので風呂に入った。そういう水で本当に苦しい苦しい思いをしてきた。

大分市議会 2017-09-13 平成29年経済環境常任委員会( 9月13日)

いずれの井戸の所有者にも飲用しないよう指導しており、今後も監視を継続してまいります。  次に、17ページをお願いいたします。ダイオキシン類については、河川10地点、河川底質5地点、地下水10地点、土壌5地点を選定して調査を実施した結果、全ての地点で環境基準を達成していました。また、過去に環境基準を超過した地点の継続監視調査を実施した結果、環境基準を達成しておりました。  

大分市議会 2017-09-13 平成29年建設常任委員会( 9月13日)

対象は木造平屋建て15平方メートル程度の倒壊した倉庫で、廃材や樹木の繁茂、害虫の発生により周囲の住環境に悪影響を及ぼしていたことから、措置といたしまして、廃材の撤去と廃材下にある井戸のふたの復元を、写真にありますように実施したところでございます。  次に、応急措置までの経過についてですが、平成26年8月に倒壊しそうな家屋について近隣住民より相談があり、所有者の調査を開始したところでございます。

宇佐市議会 2017-08-29 2017年08月29日 平成29年第5回定例会(第1号) 本文

既存井戸をトイレなどの雑用水の水源として活用する計画であったが、水中カメラで調査した結果、ケーシングパイプに破損が見つかり、さらに水質検査した結果、水質基準に不適合と判定されたため、庁舎内の給水系統は雑用水も水道水を原水とするように変更するとの報告がありました。  次に、議会関係施設についての一点目、委員会室等の椅子、机について。

宇佐市議会 2017-06-14 2017年06月14日 平成29年第3回定例会(第3号) 本文

その一行は下毛、今の中津方面からですね、菅道を通って、宇佐の駅、宇佐の駅というのは今の法鏡寺の交差点あたりというふうに言われておりますけども、宇佐の駅から宇佐川、今の駅館川ですが、そこを渡って宇佐宮の玄関であります呉橋に向かってやってくるわけですけれども、化粧井戸があるあたり、松隈というところですが、そこから呉橋までは直線的な道路がですね、今もきちっと残っておりまして、そういった形で、その他のところについては

宇佐市議会 2017-03-06 2017年03月06日 平成29年第1回定例会(第6号) 本文

山口地区が取りやめになった原因はですね、この加入する希望者十三戸中ですね、七戸が高齢者であり、うち四戸が独居世帯であるということから、非常に高齢化が進んでおり、負担金の捻出も困難であるということと、みんなで、もし施設が完成すれば、その地区で共同で管理をするということが非常に困難な状況であるということから、現在この地区では井戸や湧水等で対応しているので、そのまま現状のままでいきたいというようなことで却下

宇佐市議会 2017-02-21 2017年02月21日 平成29年第1回定例会(第1号) 本文

水文調査業務委託の減額は、当初建設期間中、井戸の水位等を調査することとしていたが、現地の状況を精査し、調査については不要と判断したことによるもの。中継施設基本計画策定業務委託の減額は、他市の状況を考慮し、再度見積もりを取り直したこと及び入札執行残によるもの。上水道工事委託の減額は、入札執行残及び施工延長の減によるものでした。  

別府市議会 2016-12-14 平成28年第4回定例会(第3号12月14日)

いずれにしても御心配されるような、何というのでしょうか、乱発をするというか、そういう新たな温泉井戸をどんどん掘ってもいいというような、そういう観点に私どもは立っておりませんので、その点については御安心いただけるのではないかなというふうに思っております。