運営者 Bitlet 姉妹サービス
10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-03-19 別府市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月19日) ここで、ひとつ確かめておきたい、確認にしておきますが、「パートナーズシップ」というときには同性者を指すことが多いのですが、ことし1月22日、今度の3月23日に一般社団法人のグローバル・ワンネス、設立記念パーティーを開きますが、そこでは、事実ではあるが、実際に法律上籍を入れられない方。 もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) ただし、戸籍上の性別が男性・女性でない場合には、あるいは私の経験上でいきますと、障がいのある難病の方たちが施設で結婚せずに事実、実際の生活をされている方もいらっしゃいます。そういう方全てに対して将来のパートナーの婚姻といいますか、結婚、パートナーズ婚というのが、神戸、大阪、和歌山等で動き出しております。  別府市の見解、新しいもので難しいと思いますが、当課からの見解があればお答えください。 もっと読む
2017-09-25 別府市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月25日) ただし、戸籍上の性別が男性・女性でない場合には、あるいは私の経験上でいきますと、障がいのある難病の方たちが施設で結婚せずに事実、実際の生活をされている方もいらっしゃいます。そういう方全てに対して将来のパートナーの婚姻といいますか、結婚、パートナーズ婚というのが、神戸、大阪、和歌山等で動き出しております。  別府市の見解、新しいもので難しいと思いますが、当課からの見解があればお答えください。 もっと読む
2016-09-30 中津市議会 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月30日−08号 また、女性の社会進出に伴い、婚姻によって氏を改めることが社会的な不利益、不都合をもたらすこともあるため、通称使用や事実ということもあります。  その解決策として、夫婦のあり方を見直す必要があります。1996年に、国の法制審議会から選択的夫婦別姓の導入を軸とする改正要綱が答申されましたが、政府としての民法改正案はいまだ提出されていません。 もっと読む
2014-03-19 中津市議会 平成 26年 3月定例会(第1回)-03月19日−09号 近年、婚姻届を出さない事実や結婚しないで出産するシングルマザーが増加しています。子どもの目線で考えれば平等にするべきだという発想になると、皆さん言わば総論賛成という形になります。しかし、平等であるべきだという意見も理解はできますが、波紋も大きく、結婚制度が破壊するといったような懸念の声も聞かれます。 もっと読む
2013-12-10 大分市議会 平成25年建設常任委員会(12月10日) 改正内容につきましては、これまで同法の保護の対象者が、事実関係を含む配偶者からの暴力及び暴力を受けた者とされていましたが、今回の改正により、生活の本拠をともにする交際をする関係にある相手方からの暴力及びその暴力を受けた方にも拡大されることになりました。  本市におきましても同様に対象者を拡大するため、条例を改正するものでございます。 もっと読む
2011-09-14 宇佐市議会 2011年09月14日 平成23年第6回定例会(第3号) 本文 次に、後段の、国の事実の規定からの逸脱についての是正についてですが、児童扶養手当法や国の通知では、手当の支給を受ける人が公的年金を受けることができるときや、婚姻の届け出はしなくても、事実上の婚姻関係がある事実のときや、児童が父親または母親の配偶者に養育されているときや、母親が受給する場合は、児童が父と生計を同じくしているときなどは、不支給となることが規定されております。   もっと読む
2010-06-15 宇佐市議会 2010年06月15日 平成22年第3回定例会(第3号) 本文 最後になろうかと思うんですけども、ある方がですね、事実上、婚姻関係が破綻をしている、十六年にわたって別居状態が続いて、暴力を振るわれるんで、なかなか離婚届もできないというような事情があってですね、市営住宅の入居を申し込んだんですけども、紙のほうが大事だということで、今のところ、最初の答弁でもね、できませんということですけども、裁判の判例によるとですね、事実であれば、戸籍上はですね、婚姻関係にあっても もっと読む
2010-03-19 中津市議会 平成 22年 3月定例会(第1回)-03月19日−08号 現在の法のもとでも、親子別姓の家族、夫婦別姓という場合は、現実には事実という選択をしている方もおられます。こういう御家族が、別姓だからといって国の将来に禍根を残すとか、社会的な混乱を招くという状況は認められません。法のもとで当たり前に家族として扱われるという法整備が求められるのは、当然のことではないでしょうか。   もっと読む
2004-06-11 大分市議会 平成16年第2回定例会(第2号 6月11日) 1.結婚している(再婚、事実、内縁を含む) 2.一度も結婚したことがない 3.離婚した 4.死別した」、問いの「41」では、「友人や近所の人たちとは、合計して、大体何回くらい会ったり、電話をしたりしていますか」、また、問い「44」では、「現在の家計全体の年収」を聞いたり、「3年前の家計全体の年収」を聞く項目もあります。さらに、「配分金はどのように使ったのか」などであります。 もっと読む
  • 1